子育てや勉強への取り組みに日々お悩みの人はたくさんいらっしゃるかと思います。どうしたら楽しく取り組んでいけるか?を共有していきたいと思います。

自ら勉強してくれる子どもへ①

こんにちは!はるカレッジ代表の柴田です。

突然ですが子育て・我が子の勉強への不安や悩みを抱えていませんか?
大手学習塾の教室長として務めていたときはよくこのお話を保護者としていました。

特に多かったお悩みが「家でなかなか勉強をしてくれないんです・・・」

家で勉強をしないと当然学校のテストでの点数は取れませんし
その後の受験での第一志望合格も遠のいてしまいます。

ではなぜ自分から勉強に望まない子が多いのか?
簡単です。「面白くない」からです。
逆に面白いと感じてもらえれば自分から取り組んでくれます。

学習塾では勉強の仕方や面白い話などを担当講師に教えてもらえるので
多数の子がその場では集中して取り組んでいきますが
家ではうまくいかないケースが多いようです。そのためか
「塾ではとても集中して取り組んでいますよ」とお話しする機会も多かったです。

そこで少しずつですが家での取り組み方をご紹介していきたいと思います。

まずは第1回目の投稿としてのご紹介は・・・
学校や塾で教えてもらったことを家で話を丁寧に聞いてあげる ことです。


ユダヤ式学習法 わが子の学力がグングン伸びる [ 坂本七郎 ]


とても簡単な取り組み方で
学校で教えてもらった内容をもう一度家で説明をしてもらう、とのことです。

人に何かを教えようとすると教えるだけの知識はある程度頭の中に入れておかなければなりません。
人に教えるという力はその人の記憶力強化にもつながりますし
何よりも家族でコミュニケーションを勉強で図れるということがとても大事な部分です。

我が子の勉強姿勢に対しては関心があっても
勉強内容に細かく突っ込んで確認をしていくまでしているか一度振り返ってみてください。
小学校低学年までの内容に関してでも我が子が自ら話す内容に関して興味深く耳を傾けているかどうか。

親が興味を示さない内容・勉強に子どもが面白いと思って取り組むことは非常に難しいです。
まずは一日一日学校の内容でもいいので話を聞く時間を作ってみましょう。
最初の数日間は「急に何?」と子どもから思われるかもしれませんが
毎日継続していくと実を結んでいくかもしれません。