なんと石川県はアイスの消費量が日本一なんだって!

石川に観光できたら食べたくなる、金沢の激ウマ「ソフトクリーム」を紹介!

観光地にきたら、なぜか無性にソフトクリームが食べたくなりますよね。
今回は、金沢の観光地などで有名なソフトクリームをご紹介したいと思います。
まずは、金沢の観光スポットとして有名な「ひがし茶屋街」のお店から。
金沢の古い町並みが今に残る「ひがし茶屋街」は、JR金沢駅からバスで10分程度の場所にあります。
金沢では金箔が有名ですが、金箔を扱うお店として地元で有名な「箔一 東山店」の『金箔ソフトクリーム』(450円)です。
金箔が振られており、なんともゴージャスなソフトクリームです。お味も普通に美味しいです。
お次は、烏骨鶏を使用したカステラなどを販売する「金澤烏鶏庵 東山店」の『烏骨鶏ソフトクリーム』(500円)。牛乳ではなく、卵の濃厚なお味がなんともいえません。
なお、このお店にも金箔が振られた『烏骨鶏ソフトクリーム 金箔』(700円)がありますが、200円を追加して金箔でゴージャス気分を味わうか・・・微妙なところではあります(笑)。
また東山には老舗のお醤油屋さんもあり、「ヤマト醤油味噌 東山直売所」の『醤油ソフトクリーム』(350円)は、しょうゆの味わいが香ばしい、なんとも粋なソフトクリームです。
金沢の観光スポットで1番人気は、やはり兼六園と金沢21世紀美術館になると思いますが、こちらはJR金沢駅からバスで20分程度にあります。
そして兼六園から徒歩で10分程度に、金沢の繁華街である「片町」があります。ここは、同じく観光地として有名な武家屋敷などもありますが、この近辺で若者の人気スポットでもある「竪町ストリート」にある「野田屋茶店」のソフトクリームもお勧めです。
こちらのソフトクリームは上品で正統派の味わいなのですが、なんといってもコストパフォーマンスが素晴らしいです。
通常のバニラは180円、抹茶とバニラのミックスが200円ですが、お勧めは『ほうじ茶ソフト』(250円)、『抹茶ソフト』(250円)です。さすがにお茶屋さんのソフトクリーム、といった感じです。ソフトクリームを舐めながら、金沢の中心街をそぞろ歩くのもいいかもしれません。
最後は、観光地ではありませんが、金沢市のお隣、白山市にある、大型ショッピングセンター・アピタ松任店の1Fにある「油谷製茶」。
はい、何の変哲も無いお茶屋さんではありますが・・・。
こちらのソフトクリームは、バニラと抹茶、そして抹茶とバニラのミックスの3種類ですが、何と言っても「盛り」が大きい!
なのにお値段は200円と、コスパがいいことこの上なしです。買い物などで近くに立ち寄ったら、ついつい寄ってしまいます。
JR金沢からは自動車で30分程度の郊外になりますが、ドライブのついでに立ち寄ってみるのもいいかもしれません。
金沢は食べるものが美味しいことで有名ですが、美味しい日本海の幸と日本酒を味わったあとは、ソフトクリームも色々と食べ比べてみてはいかがでしょうか。