朝方の夢から覚める直前に、祖母の美しい声で、かなりの大きなボリュームで「造りなさ~い」と言われる。

「造りなさ~い」とは!?


祖母は、普段元気で93歳まで一人暮らしをしていました。
 
いつか大好きな祖母と会えなくなるかも・・
という怖さから、2年前から編み物を始めました。

編み物なら病床でも作れるし、
自分も看病したくてもできないことが多いのはわかっていたので、
何か産み出して、進んでいる実感を持ちつつ、
ある意味少し、現実逃避も出来たのです。
実際入院中の床の横では、祖母が寝ている間に編み始めて、
起きた頃、ベッドサイドに編んだバラを
くくりつけていました。

最初、痴呆気味だった祖母は、
編み始めると嫌な顔をしました。

自分の中で、あまり編み物が高い位置になかったのでしょう。
もしくはもっと注目されたかったのかもしれません。

現実には痴呆のせいで、かなり怖い話をみんなにしています。
郵便局に強盗が入ったとか、
スタッフが私の貯めたお金を持って行ったとか。
痴呆の初期症状によくある話みたいですね。

~~なので、編むのを躊躇しつつも見守っていたのです。
案外良かったのは、100均のお金を渡すと
満足げにベットに入れて、夜中さわがなくなったらしいです。
(ダメ元でおススメです!)

そんな中の朝方のテレパシー☆明らかに祖母の声で、
かなりのボリュームで優しく語りかけました。
「造りなさ~い」と。何よりうれしく、泪が出ました。

祖母には、まだ正気の脳が残っている!もっと刺激してみよう、と。



#オーラ #初期痴呆 #初期痴呆対策 #初期痴呆症状 #テレパシー #編み物
#まるこ #明晰夢 #ミンネ #minne #元町 #軽度痴呆からの戻り方 #バルミューダ #ipad


【クーポン使用で20%オフ】誕生日プレゼント(女性・お母様)誕生日ケーキ、お中元ギフトに大人気♪12種類のカップケーキ【送料無料】※店側でクーポンの後付けは出来ませんので、ご使用忘れにご注意ください。