幸せなお家を造りましょう

結婚式での鏡開きの由来は何? 結婚式でする意味とは?



結婚式での鏡開きの由来は何? 結婚式でする意味とは?

おめでたい結婚式の人気イベントの一つ 「鏡開き」
なぜ、結婚式で鏡開きをするの?

そもそも鏡開きってどういう意味があるの?
など、素朴な疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

今回は結婚式で行われる「鏡開き」の意味や
どのような由来があるのか調べてみました。

鏡開きとは

祝宴の時に藁を巻いた酒樽のふたを木槌で割って開封する事を「鏡開き」と言います。
「鏡」とは酒樽の蓋を指します。

かつての日本では丸い形をしたものを鏡と呼んで神事アイテムとしていた風習がありました。
(年中行事の鏡開きで使われる鏡餅も丸いですね)
「鏡」は丸いものを指していることから、「円満」という意味を持っています。

結婚式においては「夫婦円満」という意味が込められているわけですね。

 
「開く」は「未来を切り開く」という意味を持っています。
(行為として割るのですが「割る」は縁起が悪いのでげんをかついで「開く」と呼びます。)

結婚式においては、「子孫繁栄」という意味が込められているということです。

 鏡開きで酒樽を使うのは、農耕民族である日本人にとって、
米から作られた日本酒は神聖な神様が宿ると考えられていたからなんですね。

酒を酌み交わす事により、新郎新婦二人の門出に際して
夫婦円満をみんなで願う!これが「鏡開き」ということです。



◀ヨーロッパの旅情報▶






フルオーダーメイド
BRILLIANCE+の専任デザイナーが
あなたの想いをカタチにするお手伝いをします
2人の最も大切な瞬間の為に、
世界に一つしか存在しないあなたのためのジュエリーができあがります。
BRILLIANCE+の専任デザイナーがお客様の要望をお伺いして、
デザインから宝石(ダイヤモンドから様々なカラーストーンまで)、
素材選び、フィッティングまで全てオリジナルで仕上げます。
イメージの元となる資料がございましたら当日ご持参ください。



■ 注目!日本製カバンの聖地、豊岡のものづくり





■インナーマッスルを鍛えます



■ 当ショップは、
メーカーである株式会社MTG直営の店舗ですので安心して、
ご購入いただけます。
SIXPADの精巧な模倣品が出回っております。
十分にご注意ください。





■サヨナラを後悔させるほど最高の夜を演出する
Reinestランジェリーは他にも・・