『ダンケルク』を次世代IMAXレーザーで鑑賞した時の事

クリストファー・ノーラン。

今、世界で新作を待望されている映画監督の一人です。

数年に一本のペースで新作を製作している実力派。

『インターステラー』以来の新作が、2017年に発表されました。それが『ダンケルク』。

<ノーランが挑む実話>という事で、『ダンケルク』は実際にあったダンケルクの戦いを題材にしている作品です。

ノーランはCGを使用しない、実物で映像を作る職人気質な映画監督です。

今まではSF作品だったので、それでも製作は可能でありましたが、実話を題材にするという事は、当時使用されていた数々の物や舞台を用意しないといけない。

そこをどのようにクリアするのか。もしや、ついにCGを使うのか?

劇場公開当時、ドキドキしながら、『ダンケルク』を次世代IMAXレーザーにて鑑賞しました。



本作はIMAXカメラで撮影されているため、IMAXスクリーンで鑑賞するのが正解の映画です。

そして、ノーラン作品はCGを使用しないため、映像の説得力と迫力が、他の映画に比べて、圧倒的に凄いのです。

内容そのものも、シンプルでありながらも、アイデアで非常にクオリティーの高いストーリーへと昇華させており、鑑賞後も余韻をひきずる素晴らしい映画でございました。

通常のIMAXスクリーンでも、ある程度の感動を感じる事はできたと思います。

けれど、次世代IMAXスクリーンでの体験は、言葉では言い表せないほどのもので、今でも、まだ余韻がくすぶっているんですよね。

さすがはノーランといったところ。

おそらくノーランは、IMAXスクリーンで鑑賞される事を前提で映像を構成したはずで、通常のスクリーンやテレビ画面、モニターでは、本作の本当の凄さというか、面白さは感じ取れないのではないでしょうかね。



内容そのものは、実話であるため、お馴染みのどんでん返しはありません。

でも、そんなものは必要ないほどの、圧倒的な映像を叩き込まれるため、映画好きであれば、きっと気に入る作品となっています。

本作は、次世代IMAXレーザーでのアンコール上映があったほど、非常に人気が高かった作品。

もし、東京の池袋で次世代IMAXレーザーが完成した暁には、ぜひとも、記念上映として、『ダンケルク』を上映して欲しいです。



スポンサードリンク