【iPhone7/Plusをオンラインでいち早く購入する方法とメリットまとめ 】

iPhone7/Plusを予約しよう!オンラインでいち早く購入する方法とメリットまとめ

iPhone7は、iPhoneシリーズとして初となる防水・防塵への対応と、Felicaの搭載、またスペックも大幅アップグレードとなり、発売直後は品薄状態が予測されます。



2014年の「iPhone6」は、欲しいと思ったら発売日当日でも少し早めに並べば手にはいりましたが、2015年の「iPhone6s」からはどの販売チャネルでも、オンラインでの事前予約が必須という状況になりました。

iPhone7をオンライン予約するメリットやオンラインでの購入方法、現時点での噂や予備知識をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

予約開始日:
2016年9月9日(金)午後4時1分から

発売日:
2016年9月16日(金)

24時間申し込みOK!iPhoneを自宅で受け取ることができて便利です

SoftBankオンラインショップへ

auオンラインショップへ

ドコモオンラインショップへ

★オンライン予約のメリット
メリット
■ショップに並ばなくてもOK!&24時間好きなときに申し込みできる!

iPhoneは、ソフトバンク・au・ドコモの各キャリアのショップのほか、
家電量販店などの店頭でも予約できますが、
予約開始日以降はどこも混雑していて、長い時間行列に並ぶ必要があります。

また過去のiPhone発売時には、
午後4時からの予約開始となっていたため、
そんな時間から行列に並べる人も限られています。

各キャリアのオンラインショップでは、
24時間好きなときに申し込みができます。

パソコンからはもちろんスマホからも申し込みできるため、
自宅にいなくても予約手続きができるのが大きなメリットでしょう。

実際に予約申し込みにかかる時間も、機種変更で合算しても5~10分、
新規契約なら15分、MNPだと予約番号が必要になりますが15分+10分ほどで完了します。

■店頭で無用なオプションを勧められずに済む!

過去のiPhone発売時、店頭での契約の際に無用なオプションの加入を強要される、
という問題がありました。

各キャリアともオプションの加入について「強制していない」としているものの、
一部の代理店ショップでは、半強制的に有料オプションを契約させるところもありました。

不要なオプションに無駄なお金を払わないために、
ユーザーとしては自衛するのが現実的な解決策です。

とはいえ、店頭で熱心にオプションを勧められて、
きっぱりと断るにはかなり気の強い方でないと難しいかもしれません。

各キャリアのオンラインショップでは、
シンプルに自分に必要なサービスとオプションだけを選ぶことができます。

受け取り方法は、ソフトバンク・au・ドコモいずれも、
「自宅受け取り」または「各キャリアのショップで受け取り」が選択できます。

オプション加入のための煩雑な解約手続きで時間を無駄にしたり、
うっかり解約を忘れて無駄な料金を支払ったりするリスクを避けるためにも、
iPhoneを買うならキャリア直営のオンラインショップが安心です。

■自宅受け取りは待ち時間もなくて楽!&発売日当日にiPhoneを受け取れる!

また、オンライン予約して自宅受け取りをするメリットは、
ショップに取りに行く面倒がないことと、
ショップでの待ち時間と手続きに時間を取られないこと、が挙げられます。

オンラインショップでの購入の場合、
iPhoneの初期設定を自分で行う必要はありますが、
オンラインショップから届いた説明書きを見ながら、
自分で簡単に設定できるものばかりです。

そして、オンラインショップでの予約は、
発送の都合から発売日当日に受け取ることは難しいとされてきました。

そのため発売日当日に新しいiPhoneを手にするには、
Apple Storeなどショップ店頭に前日から並んで購入する人も多く、
長蛇の行列はiPhone発売日恒例の光景でした。

しかし、Appleの小売部門総責任者が
「発売日に顧客が店舗の前に列を作って並ぶことはブランドの店舗にはふさわしくない」
と発言したこともあり、オンラインショップ予約を推奨する方針と同様に、
国内のキャリアショップや量販店でも、
オンラインからの申し込みを強化しています。

iPhone Maniaでも新しいiPhoneの発売時に、
予約から受け取りまでの購入過程をレポートしてきました。

iPhone6/6 Plus発売時は、
予約開始日に国内キャリアショップで予約したあと、
到着までに発売日から起算して1週間ほどかかっていましたが、
iPhone6s/6s Plus発売時は、発売日当日の朝に自宅で受け取りできました。

ポイントは予約するタイミングです。

予約開始からまもなく予約が完了すれば、
発売日当日にiPhoneを受け取ることは可能ですが、
予約申し込み順に処理されるため、
予約開始日からしばらくたってからだと発売日に受け取るのは難しくなります。



デメリット
■自宅受け取りはiPhoneの設定を自分で行う必要がある

ショップに受け取りに行く面倒がなく、
ショップでの待ち時間と手続きに時間が取られないことがメリットの
「自宅受け取り」ですが、iPhoneの初期設定を自分で行う必要があります。

先述したように、オンラインショップから届いた説明書きを見ながら、
自分で簡単に設定できるものばかりですが、
自分でやらなくてはいけないというのが面倒な人や、
自分で初期設定を行うのはなんだか怖い、という人にとってはデメリットかもしれません。

自分で行う初期設定は、「新しいiPhoneへのデータの移行」
「SIMカードの挿入」「ウェブ上または電話で開通手続き」などになります。

■料金プランを直接質問できない

ショップ店頭であれば、スタッフにプランの詳細などを聞きながら
契約を進めることができますが、オンラインショップでの予約では、
各料金プランについて詳しい説明は書かれているものの、
不明な点があったときに直接質問することができません。

これはプランに分からない点がある場合には不安材料になるかもしれません。

しかし、契約を検討している場合や、
料金、サービス全般で不明な点があれば、
メールや電話で問い合わせすることができます。

ウェブでの説明だけではちょっと分からない…
という場合は、問い合わせしてみましょう。

業界最安級のポケットWiFi

スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-6268779308220973"
data-ad-slot="8207039048">