ご訪問ありがとうございます

目的と目標の関係は...



目的と目標の関係

目的は「成し遂げようとすることがら」で、
目標のほうは(その)目的を達成するために設けた「めあて」のことです。

たとえば、目的を
「自分も他の人も、ともに幸福にする人生を私はまっとうする」
としたとします。

その目的を実現できる道筋についていろいろ調べて、
人に親切にしてそれを記録すれば自・他ともに
幸福になれるということを知り、

「少なくとも1週間に1回は人に親切にしてそれをノートに記録する」とか
「1日に1回、その日出会った人に親切にしてそれを日記に書く」という
「めあて」を設定すれば、それが《目標》です。

また、青年期の人でこれから自分の職業を決めてゆこう
としている時期の人などは、

目的を達成するために適した職業についても考えることになるでしょう、

「自・他ともに幸福にする人生をまっとうする」という目的を持っている場合、

たとえば
その目的を実現するために「5年以内に司法書士になる」
という「めあて」を設ければ、この「5年以内に司法書士になる」
というめあてが《目標》です。
家です

また「5年以内に司法書士になる」という目標を分解して、

「2年後に司法書士の試験に合格し入学する」という目標や
「3カ月後までにこのテキストの学習を終える」という目標や

「毎日10ページかそれ以上学習する」という目標、
「今日は時間があるので15ページ学習する」などという目標も設定できます。


まずは良き目的を設定し、
目的を達成した状態をただ漠然と夢見るだけでなく、

それを実現するためにはどのような道があるのか知恵を働かせ、
その目的を達成するための道を具体的に頭に描き、

途中に「めあて=目標」、つまり達成できたかできなかったか
自分で判定できるような形を作りパターン化する、

それらの目標を達成すべく、
日々やるべきことをコツコツとやってゆけば、

やがては目的としていることを成し遂げることができる、
といったことが説明されています。

実社会ではしばしば、大目標を中目標や小目標に分解し、
さらに具体的な「期限」(日付)を含む目標を設定すると、

目的を成し遂げやすくなる、といったことが解説されている。


どちらにしても計画性と硬い意志と持続力が必要のようですね

これが楽しくなればあなたは既に成功者です 続く、、、、、


▲Lenovo情報局▲

◆ハイエンドクラスのグラフィックスQuadro® 対応
◆安定した高性能を発揮するモバイル® Xeon® プロセッサー
◆17.3型4Kディスプレイの高精細と大画面
◆日本国内開発の新冷却システムで安定した動作





▲煙が出ない調理が可能!話題の卓上調理器「40万台突破」▲









■SIMフリースマートフォン、SIMカード、
人気のLTE無制限プランUNLIMITED(アンリミテッド)、
故障時も安心のもしも保証、
などの移動体通信サービスを低価格でシンプルに。
■インターネットと全国の代理店からお手頃価格で簡単。
ご家庭の携帯料金を低価格に。オンライン料金診断、