ご訪問ありがとうございます

人情の機微に触れる



[人情の機微に触れる]

人の心の微妙な動きや、人間味ある感情を感じとること。

「細やかな心配りが行き届いた、もてなしに、人情の機微に触れる思いがした」

言い方を変えれば「おもてなし」の心かもしれない


“衣食足りて礼節を知る”ということをよくいうが、

中国古代の斉の国の大政治家管仲のことばだという。

 管仲は、道義道徳が衰えれば国は滅びる
としてこれを大いに重視したが、同時にそれは、

倉に穀物が満ち、人民が衣食に事欠かないという、
物の面での豊かさに裏づけられなくてはいけない
ということを考えたわけである。

そこで、道義道徳を奨励する一方、
経済を盛んにし、国を富ませることをはかった。

その結果、一小国であった斉をして、
天下の最強国にまで発展せしめたのである。

 
管仲という人は、
結局、人間というものをよく把握していたというか、

いわゆる人情の機微に通じていたのだと思う。
だから、こういうことをいったり、行なったりできたのだろう。

実際彼は、
「政令というものは民心にそって下さなくてはならない」
といい、すべての政令をわかりやすく、
実行しやすいものにしたともいわれている。

 3軒の洋風家

人間の心というものは、なかなか理屈では割り切れない。
理論的には、こうしたらいい、
こういうことが望ましいと考えられても、

人の心はむしろその反対に動くという場合があり。
本当にに厄介といえば厄介だが、ある種の方向というか、

法則的なものや定理があるとも考えられる。

そうしたものをある程度体得できるということが、
人情の機微を知るということになるのかも知れない

 

そのような人情の機微を知ることなしに、
理論や理屈だけで事をなそうとすれば、

人びとの反発を受けたりして、なかなかうまくいかず、
労多くして功少なしという結果に終わりがちです。

また、そうしたことを無理に力をもってやろうとすれば、
人びとを苦しめたりすることにもなるでしょう

古来、すぐれた政治家、
すぐれた指導者といわれる人の業績を見ると、

やはりみなこうした人情の機微というものをよく把握し、
それに則してものごとを行なっているようですね。

 

人情の機微を知るためには、
やはり何といっても、いろいろな体験を通じて、
多くの人びとと実際にふれあうことですね


その意味で、指導者になる人は、
できるかぎり実社会の体験を多く有している人が望ましい。

そうした体験に立ちつつ、
つねに素直な目で人間というものを見、

その心の動きを知ることが大切だと思う。

場を読めない人には無理ですね、精進しましょう

 
▲Lenovo情報局▲

◆ハイエンドクラスのグラフィックスQuadro® 対応
◆安定した高性能を発揮するモバイル® Xeon® プロセッサー
◆17.3型4Kディスプレイの高精細と大画面
◆日本国内開発の新冷却システムで安定した動作




▲煙が出ない調理が可能!話題の卓上調理器「40万台突破」▲
【スーパーDEAL】赤外線サークルロースター 
ザイグル!ホットプレートでは味わえない!
煙が出ない調理が出来る炭火を超える旨さで40万台突破の赤外線卓上調理器 
正規販売元直営店/zaigle/赤外線ロースター/キッチン家電/ホットプレート/









■SIMフリースマートフォン、SIMカード、
人気のLTE無制限プランUNLIMITED(アンリミテッド)、
故障時も安心のもしも保証、
などの移動体通信サービスを低価格でシンプルに。
■インターネットと全国の代理店からお手頃価格で簡単。
ご家庭の携帯料金を低価格に。オンライン料金診断、