夫婦円満!夫に家事をしてもらうコツ

もうケンカするのはやめよう!

今回は世の男性たちが、実際にどんな家事をどの程度しているのか、また、積極的に家事を夫にしてもらえるコツは何かのご紹介です。

つね日ごろ、みなさんの旦那様は、家事をどのくらいしてくれていますか?
お互いに仕事を持っている共働きですと、夫にも家事に協力してもらわないと困ることが出るのではないでしょうか。

一般的な旦那様が分担している家事

今現在、旦那様が全く家事をしていないというご家庭であれば、次の3つの家事にとりあえず参加してもらえるように協力を取り付けましょう。

そのためには、旦那様の得意とすることや勤務のスタイルなどによっても条件の違いがでてくると思いますが、どのような家事を男性が一般的に主として担っているのかをここでは調べてみました。


1.掃除
掃除にハマりやすい男性も案外多いですので、初歩的な掃除からじょじょに頼んでみるのもいいでしょう。

日々の掃除機がけを高い場所の掃除等を担ってもらえると大助かりですよね。

ですが家全体の掃除を夫がしている家庭はあまりありませんね。

中には夫の方がキレイ好きで、掃除でも細かいところのまで気を配れるという夫婦もあるかもしれません。

そのような夫婦の場合は夫に掃除全体をお任せしている家庭もあるようです。

家事分担を決める際には、このようなタイプの夫婦の場合は、全体的な掃除は夫、妻は料理と洗濯、というように分担をきちんとしておいても効率が良いのではないでしょうか


2.ゴミ出し
旦那様がゴミ出しを全くやってこなかったご家庭では、まずはゴミ収集日を覚えてもらうことから始めましょう。

普通ゴミ出しは週に4回ほど、ゴミ収集場に持って行くだけですが、案外重労働でもありますので、家事の1つとして旦那様にして欲しいものです。

家中のゴミ箱からゴミを集め、ひとまとめにしてからゴミ捨てに行くのにゴミ箱から分別するのはとても大変です。

まして慌ただしい朝に時間がないので、できれば燃えるゴミ以外は各部屋のゴミ箱に捨てないようにしておきたいものです。

このようにしておくと、燃えるゴミの日以外の朝は、ゴミ箱から簡単にゴミを持って行くだけでなので、旦那様も協力しやすいですよね。


3.洗濯
洗濯機を使い、乾かし取り込むことは全く苦にしない積極的な男性も「女性の服の扱いはわからない」と感じているようです。

実際に洗濯を担当してくれる旦那様でも「畳むのだけは不得手」という声もよく耳にします。

思い当たりますが、女性の服は生地の場合や形体の繊細さもあって、旦那様に100%任せても女性としても心配なのかもしれません。

もともと服をたたむ事が不得手な旦那様には、「取り込むまではおねがいね」と、無理してやらせるのではなく、女性が最後の仕上げをしても良いですね。

最初から妻の服の片付だけは自分でやると、取り決めておくのも良いでしょう。

家事分担の秘訣

いくつものパターンが家事分担にはありますが、大切なのは後で揉めないように決めておくことです。
ではその分担方法の3つの秘訣をご紹介しましょう。


1.苦手な事をお互いに押し付け合わない
もしも不得意な家事が被ってしまったときは、順番を仲良く交代しながら家事をしましょう。
例えば、妻は料理が得意で洗濯物が不得意な場合。

家事負担量は洗濯物の方が明らかに少ないのですが、「洗濯物を全くしないなら料理は一切引き受ける!」と妻は思い、「洗濯物だけならありがたい!」と夫が思えば、家事分担はとても夫婦円満にできますね。

仮に家事分担がお互いに不得意な事になりそうなときは、なるべく家事時間が同じように合わせたり、夫婦お互いの帰宅時間によって負担量を変えたり、手際よく工夫しましょう。

分担方法の中で「お互いに不得意な家事はやらない」ということは意外と合理的です。


2.子どもの「鶴の一声」の効果
子どもがいる場合、「今日はお風呂にパパと入る!」と言えば、ママが家事をすることになるのでとても自然ですね。

子どもの食事や入浴の介助は必要不可欠ですから、その間家事はどちらか1人だけがすることになります。

また、お風呂に一緒に入りたい必死とおもうどちらかが、楽しく子どもとお風呂に入れば、良いコミュニケーションが子どもとできるようになりそうですね。

仮にどちらかが、相手に申し訳ない気持ちや、不満の気持ちがあったりするならば、食事や入浴の介助は子どもにパパとママ、どちらのお世話が欲しいのか選ばせるのも良いかもしれません。


3.妻が夫をそれとなくコントロールする
コントロールの方法は、夫の性格によっても、違いがありますが、「ついでに〇〇してもらえる?」というのが基本的スタンスにすると、家事も割合と無理がなくしてもらえるでしょう。

共働きを理由にして、家事を夫が分担するのは当然と、躍起になっている方もいらっしゃいますが、夫を無理やり動かす事はできません。

仕事から帰ってからは"ゴミ捨て今朝は助かったわ!ほんとありがとう"と、時間がたってからでも感謝を忘れないことがいいでしょう。

なるべく夫に不平不満を持たないで、ある程度家事をしてもらうには、妻が上手に夫をコントロールするといいでしょう。

それには、ある程度夫の行動を把握し、例えば"2階からついでに降りるときにゴミを集めてきてね?私はもう出かけなくちゃいけないからおねがい、ごめんね"と、相手が断れないようにするのがコツです。

旦那様が家事を積極的になるコツ

夫をそれとなくコントロールする方法をもう少々詳しくご紹介してみましょう。

現在旦那様が家事をしないので困っている方は、ここでご紹介する3つのコツを、日々の生活内に取り込んで実践してみて下さい。

旦那様に積極的に家事を気持ち良くしてもらえるのも、けっして夢ではなくなります。


1."させる家事"から"頼る家事"に切り替える
この手法は家事だけではなく、何でも夫を頼るクセを常日頃からつけておくと、頼られるクセが夫にも移って、お願いごとがスムーズになるでしょう。

まずは、キッチンに誘導するために「このキャップがとれないんだけれど、こっちへ来てとってくれない?」とか、「手荒れがすごくてつらいから、洗い物助けてくれないかな?」などと家事を少しずつしてもらえるように仕向けるようにしましょう。

とりわけ男性は、妻に指図されるのが嫌いな場合も多く、妻が強く「家事してよ!」なんて言えば、余計にしなくなるものかもしれません。

そのようにならない為にも、夫には"頼る"格好を思い切り貫きましょう。


2.いつもより3割増しの感謝
「昨日掃除してくれたおかげで、部屋の中が今日はとってもキレイだよ。ほんとうにありがとう」と、過去の家事について感謝されることで、やり甲斐を感ずるように遠回し夫に教えることができます。

気持ちよく継続して家事をしてもらうためにも、少し面倒と感ずるかもしれませんが大切なポイントです。

「〇〇してくれてありがとう」と具体的に感謝の内容を伝えることも大切ですし、意識して時間差を作って感謝するのもかなり有効的です。

普段から「ありがとう」と家事をしてくれたときは言っているかもしれませんが、日ごろは家事をあまりしてくれない夫には、感謝を伝えるときには、とくに3割増しでするようにしましょう。


3.とにかく褒めて褒める
お子さんもいらっしゃれば「家事してくれるパパって、すっごくかっこ良いね!」と、お子さんを巻き込んで褒めちぎるのも宜しいですね。

ほとんどの大人でも褒められるとヤル気になりますので、少し大げさに感ずるぐらい夫に対しても、どんな内容であっても褒めるようにしましょう。

さらに褒める際は「こんなに上手には私だと出来ないわ」といったような一言も取り入れ、夫の家事が如何に見事かを大げさに伝えることがワンポイントになります。

あとがき

「友達の旦那は家事をもっとしてくれる」や「共働きなんだから家事するの当たり前でしょう」のように、家事をしないことだけ責めては喧嘩になってしまいます。

旦那様に家事を如何に機嫌良くしてもらえるかを工夫して、家事分担が上手にできるように考えましょう。