家事代行トラブルベスト5

家事代行は、基本的には1対1のヒューマンサービスです。サービス提供事業者の人柄が大きく左右します。当然、依頼者にも大らかな方からイライラタイプまで様々です。特に家事代行を依頼される若い世代は高学歴で厳しい職場環境のもと論理的な思考に基づいてシビアな判断をされる方も多くいるため、一般的に家庭で過ごした家事労働のオペレーターとは対時間に対する処理能力やきめ細かな部分にまで配慮した仕上がりレベルの判断基準が異なります。
こうした「期待」と「結果(作業態度)」のように、人間関係の行き違いでトラブルになるケースもこれから当然出てきます。外国人労働者が入ると価値観の違いもあるでしょう。

そういった予測できるシチュエーションは企業が考えるべき責任です。ここでは、一般論としてトラブルになるケースを5項目挙げてみましょう。

 ①料金(事前の依頼内容と状況の変化)
 ②作業(代行範囲や事前に依頼した範囲の行き違いとサービスのレベル)
 ③破損(うっかりミスや家具移動や簡単な修理中での破損)
 ④盗難(作業者の故意による盗難や依頼者の勘違い)
 ⑤接遇(作業スピードやクレームに対する応対)