信頼のおける家事代行・ハウスクリーニング業者を選ぶ5つのポイント

個人経営の業者と法人化された業者のどちらがお得?

じ家事代行業やハウスクリーニングの市場規模は、経済産業省によると2012年が980億円だったのに対して将来的に6000億円規模になると言われています。それだけニーズが高まっている背景には、
 ・共働き世帯の増加 時間の提供と家事負担の軽減
 ・高齢者や単身者の増加 家事の補助や面倒な作業の負担軽減

といったライフスタイルが確実に拡大している点が挙げられます。仕事中はもちろん、休日はレジャーに行った間に掃除やハウスクリーニングが終わっていれば、週末にストレスを解消することもできます。
高齢者は重い家具を移動させたりする作業ができませんが、家事代行やハウスクリーニングによって日ごろはできない隅々まできれいにすることが可能です。

〇家事代行やハウスクリーニング業者を選ぶポイント
それでは、家事代行やハウスクリーニング業者を選ぶポイントを5つ挙げてみましょう。
家事代行やハウスクリーニングは、簡単に言えば誰にでもできる作業です。だからこそ、悪徳業者やプロといえない劣悪なサービスしか提供しない業者もどんどん入り込んできます。自分が「サービスをする」と決めれば、すぐにでも起業できる仕事でもあるのです。
基本は法人企業ですが、個人でも誠実な業者はたくさんいます。併せてポイントを考えます。

 ①法人・個人問わず地域に根付いた企業活動を評価する
 ②ホームページのデザインクォリティを評価する
 ③欲しいサービスのクォリティを評価する
 ④安心・安全・スタッフの信頼性を評価する
 ⑤メールや電話での接客態度を評価する

①法人・個人問わず地域に根付いた企業活動を評価する
地域に根差した企業は、地道に企業ブランドを確立する努力をします。既存の清掃業者やフランチャイズで事業を続けてきた業者も多くいます。個人業者であれば、口コミ情報で一定のクォリティがわかります。

①ホームページのデザインクォリティを評価する
若い世代はスマホで情報を得ます。ホームページのデザイン性は関係ないよですが、コストをちゃんとかけて丁寧に仕上げられる事業の確実性を判断することができます。また、整理されたコンテンツから家事代行事業の論理的整理ができており、事業者として一定のレベルがあると判断する材料になります。

③欲しいサービスのクォリティを評価する
家事代行でも、夕食の準備や洗濯といった家事もあれば、エアコンクリーニングのように専門性の高いサービスもあります。調理師経験や家電修理経験などの経験や資格を持つスタッフがいれば、安心できます。

④安心・安全・スタッフの信頼性を評価する
家事代行の1つの特色として、わが家のキーを渡して留守中に作業をしてもらうケースが出てきます。盗難、破壊、紛失など信頼性がない業者には依頼できません。サービス業者の乱立、人手不足、優秀な人材確保など業界の不安要素はたくさんあります。 主婦だから安心、と楽観せずに業者との信頼関係を築くことを念頭に定期的にサービスを依頼するなど、依頼者側にも心の余裕が求められます。

⑤メールや電話での接客態度を評価する
最後はメールや電話での問い合わせをしますが、言葉遣いとともに押し売りをしない業者を選びましょう。職人さんがプロ意識まるだしの説明をする企業はNG。対応が遅かったり、依頼者の言い分を聞こうとしないなどの対応は、その時点で信頼関係が崩れてしまうので止めておいた方が良いでしょう。

口コミ紹介された信頼できる業者や個人業者を選ぶ~一般家庭でのサービス提供実績がポイント

全国展開のフランチャイズチェーン業者として長く事業を続けていれば一定のクォリティや安心面での信頼はできます。しかし、できれば自分で判断する前に口コミ情報を見ておきましょう。また、周りに家事代行サービスやハウスクリーニングを利用した人がいないか確かめておきましょう。
ハウスクリーニング業者のなかには賃貸アパートを専門とする業者がいますが、一般家庭でのサービスはサービスの品質が違います。賃貸アパートのハウスクリーニングは下請け業者が多く、実際に派遣される業者によって接客態度や品質に大きな差が出てきます。
 一般家庭でのサービス提供実績を口コミで確認しましょう
比較サイトに参加している企業は口コミ情報にも敏感です。サービスの品質向上努力も継続しているケースも多いと考えて良いでしょう。