英語を話せるようになるには??

グローバル化が進んだ現代では就職するにも仕事の幅を広げるのにも英語を話せることができるのが必須条件のように思えますね

既にイニエスタ選手を獲得したヴィッセル神戸の持ち会社の楽天では社内で英語が公用語となっています。

これからのビジネスは日本国内だけでなく世界に発信していかなければならない時代になってきました。

でもそんな英語喋れないし....学生のころたくさん文法とかやったけどいざ喋るとなると全く口から出てこない...

そんな人多いと思います。

ではどうすれば喋れるようになるのか、それは実際にオンライン英会話をする、そしてスピーキングテストを受けるということです。

昨今はTOEICやらTOEFLやらの筆記テストで点を取らなきゃいけないと思っている人もいらっしゃると思いますが、そこで高得点を取れても喋れないという人ばかりです。

そもそも日本の英語の教育方法ではまあ喋れるようにはなりません。

たまにしか使わない難しい文法や表現を学んでそれがテストに出て、しかしそんな難しい表現はあまり使いません。

まずは拙くても声に出してみてください。たくさん喋ってたくさん聞いてください。

ですがそんないきなり喋ろうと思ってもなかなか口から出てきませんよね?

そんなときは今自分が言おうとしている言葉を噛み砕いて簡単な言葉にし直して英語にしてみましょう。

またひとつの文にする必要はありません。It'sなどで何文にも分けていえばいいのです。

例えば「我が社のこの新しい商品は全く革新的な観点から開発された万人に使用していただけるような商品です」

いきなりこれを英語に訳して、と言われても困っちゃいますよね??

なのでまず上の文うぃ「私たちは新しい商品を作りました。それは考えたことのない観点から開発されたものです。それは誰もが簡単に使える商品です。」

こうしてみれば「We produced new product. It was invented we never thought. We can use it easily」
と訳すことができます。

単純ですが少しずつ話せるようになっていくと思います。

まずはオンライン英会話に登録してみましょう