【赤面症が治った】20年間の悩みから解放してくれた1冊

【赤面症が治った】20年間の悩みから解放してくれた1冊



こんにちは、こぐまウサギです。

私、赤面症が治りました。いまだに信じられないのですが、ある本と出会い、赤面症が治りました。不安になる時もありますが、本を読み返すと不安が消えていきます。

本のタイトルは「嫌われる勇気」(岸見一郎著)です。


堀江貴文さんが著書の中で「嫌われる勇気」を取り上げていて、私も読んでみよう!と読み始めました。まさか赤面症が治るとは思ってもいませんでした。

信じられないかもしれませんが、赤面症で悩んでいる方がいたら、是非読んでいただきたい1冊です。

「他人は他人」「自分は自分」「ほかの人が自分をどう思おうと、それはほかの人が決めること」

なるほど。これからも何度も読み返し、アドラー心理学を習得したいと思います。


私はいつも「Kindleアプリ」でiOSの読み上げ機能を使っています。これなら何冊でも読めます。KindleもiOSもすごい機能をありがとう!そしてブログで教えていただいた勝間和代さんに感謝!