【ファミコンのおすすめ作品を紹介します!】

【ロードランナー】1984年7月31日 ハドソン
ジャンル:アクションパズル CERO:A(全年齢対象) 人数:1~2人

【楽天市場】ロードランナー
パズルアクションの殿堂的な作品で、友達と集まってとにかく遊びまくってました(*^^*)目的は金塊を集めること。それを阻止するロボットを誘導しつつ、穴掘って、落として、埋めて…。ステージが作れるエディットモードもあって気軽にあそべてとても楽しい作品です。


【プロ野球ファミリースタジアム】1986年12月10日 ナムコ
ジャンル:野球ゲーム CERO:A(全年齢対象) 人数:1~2人

【楽天市場】ファミスタ 今もなお高い人気を誇る「ファミスタ」シリーズの第一作目。それまでの野球ゲームにはなかった野手を操作したり、選手ごとの個性があったりと革命的な作品です。友達と自作でペナント表をつくって遊んでました(*^^*) 今プレイしても、やっぱり楽しいですね!!



【マドゥーラの翼】1986年12月18日 サン電子
ジャンル:アクションRPG CERO:A(全年齢対象) 人数:1人

【楽天市場】マドゥーラの翼 剣を手に少女ルシアが悪に立ち向かうアクションゲーム。アイテムを入手し、パワーアップしたり、HP・MPといったRPG要素のある作品です。最初のうちは主人公が弱くてむずかしいと感じるのですが、アイテムでパワーアップしていくと結構サクサクと進められます。発売当初は、美脚のルシアに一目惚れして買っちゃいました(*'▽')



【さんまの名探偵】1987年4月2日 ナムコ
ジャンル:アドベンチャー 人数:1人

【楽天市場】さんまの名探偵 吉本興業の実在する芸人が数多く登場するアドベンチャーゲームです。プレイヤーはさんまの助手となって事件を解決していきます。「どつく」「まわす」「のむ たべる」といったユニークなコマンドがあり、ストーリーもしっかりと作られていて最初から最後まで楽しめる作品です。
【涙の倉庫番スペシャル】1986年7月30日 アスキー
ジャンル:パズルゲーム CERO:A(全年齢対象) 人数:1人
プレイヤーは人間を操作し、すべての荷物をゴール地点に運ぶことが目的。1982年にPC-8801版で発売され、以後様々な家庭用ゲーム機などに移植された人気の高い作品です。単純ですが奥が深い!!全150面とスペシャルボリュームで涙がちょちょ切れます(*^^*)


【ファミコンウォーズ】1988年8月12日 任天堂
ジャンル:シミュレーションゲーム 人数:1~2人
兵器を生産し都市を占拠しながら、敵拠点の制圧を目的としたウォー・シミュレーションゲームです。システムは初心者向けに簡略化されていてプレイしやすい作品になっています。発売当時のCM「ファミコンウォーズが出るぞ かあちゃんたちには内緒だぞ♪」のフレーズを口ずさみながら遊んでました!(^^)!