[防水仕様]☂ミズノLD40Ⅳα[ゴアテックス]☂

前置

掲載文は一販売員(個人)の感想・推察と引用です。
ミズノ製品の機能・性能を保証するものではありません。
あらかじめご了承ください。靴屋

【注意】 防水スプレーやクリームなどを使用する場合は、使用前の注意事項をよく読み、出来れば購入された店舗の説明を受けてください。説明が無い場合は見えにくい箇所でテストして問題がないか確認してからの使用をおすすめします。靴屋

LD40Ⅳα ゴアテックス 防水タイプのススメ

ミズノLD40Ⅳα
**********************
今回はミズノウォーキングシューズの中でも一番の売れ筋 LD40Ⅳの防水バージョンLD40αの紹介をしょうと思います。

ちなみに、今回4代目になるLD40シリーズですが、LD40の40は40キロ歩いてもの意味合いらしいですよ。

定番のデザインですが、歩行機能はピカイチです。
***********************
機能性はLD40ⅳと変わりません。

LD40ⅳに防水機能が追加されたと、思っていただいてよいのですが、ミズノウォーキングシューズLD40ユーザーの方を接客した祭に、よく言われるのが、ゴアテックスの無いノーマルのLD40に比べ、「圧迫感が少しある。」と言うことです。

これはゴアテックスシートが薄い靴下の役目をはたすので、サイズが若干小さくなります。

きつくなるほどではないのですが、履きなれたLD40は伸びてサイズが大きくなっているので、余計にきつく感じてしまうようです。

いずれ同じ様に伸びるので、サイズを上げる必要はありません。

靴屋LD40Ⅳ売上ランキング

あくまでうちの靴屋の紳士用の売上ランキングです。参考程度にしてください。

  1. 第1位

    LD40Ⅳα SW BL(黒)

    LD40Ⅳのゴアテックス搭載版の4Eが売上1位でした。 LD40Ⅲの時も、ゴアテックスの4Eが強かった。

  2. 第2位

    LD40Ⅳα BL(黒)

    次点はLD40Ⅳのゴアテックス搭載版の3E

  3. 第3位

    LD40Ⅳ SW BL(黒)

    ノーマルのLD40Ⅳの4Eが売上3位でした。 やはり、幅広のタイプを好まれる方が多い。

おそらく・・・・

**********************
機能性・幅広・防水と日本のお客様が求めているものが、LD40ⅣαSW(ゴアテックス)には詰まっていると思われます。 

若干、値段的に難色を示す方もいらっしゃいますが、機能の数と質で納得されます。 靴屋

MIZUNO LD40α ゴアテックス 3E

まずは、標準タイプ LD40Ⅳ ゴアテックスの3E
タイプの紹介です。
LD40Ⅳα
B1GC1715□□ 09(BL) 58(DBR)
サイズ:09(BL)24.0~27.5cm 58(DBR)24.5~27.0cm
甲材:天然皮革
底材:合成底
質量:約340g(26cm片方)
アーチサポートインソール+抗菌防臭Mesh
ヒールラバー交換可能
ベトナム製

MIZUNO LD40Ⅳα SW ゴアテックス 4E

こちらが、当店人気No.1のLD40Ⅳのゴアテックス搭載
+幅広4Eタイプです。
LD40Ⅳα SW (ゴアテックス)
B1GC1716□□ 09(BL) 59(DBR)
サイズ:09(BL)24.0~28.0cm 59(DBR)24.5~27.0cm
甲材:天然皮革
底材:合成底
質量:約340g(26cm片方)
アーチサポートインソール+抗菌防臭Mesh
ヒールラバー交換可能
ベトナム製

LD40Ⅳα 機能・1ゴアテックス・ファブリクス(防水)

GORE-TEX(ゴアテックス)の特徴である「防水透湿」とは、水を通さずに水蒸気を通過させる機能のことです。ゴアテックス・ファブリクスは内部に微細な孔(あな)を無数に持つゴアテックス・メンブレンという膜を備えています。それぞれの孔は、水滴よりはるかに小さい為、水が通ることはできません。一方、水蒸気が通るには十分な大きさなので、雨などの水は通さず、汗の水蒸気は外に逃がすという、防水・透湿 機能を発揮します。
ゴアテックスを使用してある靴は、このゴアテックス・ファブリクスを、足を包み込むように靴の中に組み込んでいます。雨の日に使用しても足を濡らすことなく、汗の水蒸気(ムレ)が靴の中に残りにくいため、足はいつでもドライで快適です。
注意点 その1
ゴアテックス・ファブリクスそのものは、一般的な使用において劣化することがほとんどないため、防水耐久性と透湿性は変化しません。ただし、ソールやアッパーなど、靴そのものの劣化やコンディション次第では、その性能が十分に発揮されない場合があります。
注意点 その2
内蔵されているゴアテックス・ファブリクスに穴が開いた場合は防水耐久性は維持できなくなります。靴に入った小石や砂利など、鋭利なものはゴアテックス・ファブリクスを傷つける可能性があるため、しっかりと振り落として(取り除く)ください。

ゴアテックスは製造メーカーが「製品に使用したいから」と、言っても簡単に使用はできません。ゴアテックスを使用する場合はGORE-TEX社が定めたゴアテックス以外の使用パーツにも基準が設けられていて、基準をクリアしても、製品として実際の使用を想定したいくつものテストが義務付けられています。 ゴアテックスの「黒に黄色の文字」のタグを見かけた方は多くいらっしゃると思いますが、靴に限らず、ウエアでも同様の基準とテストがあり、あのタグが付いている事 自体が製品の価値と信頼を証明する一つの基準となっています。

ゴアテックス 防水以外の意外な効果(靴屋の勝手な推察です。ご了承ください)

冒頭でも言いましたが、同じLD40Ⅳでもゴアテックスを使用してあるほうが、「圧迫感がある」とお客様から言われる事が多い、「圧迫感」というと締め付けてきついというイメージですが、触診した限りでは、「フィット感」が良い・強いといったほうが良いと思います。薄い防水シート一枚なので、サイズが変わるほどではありません。(革の伸びを考えるとベストかも・・・)
これはミズノさんが意図したものかどうか分かりませんが、ゴアテックスを靴下状に内側に入れることで、革靴の製法の一つ「ボロネーゼ製法」と同じような効果が出ているということです。「ボロネーゼ製法」も薄い革袋を内側に作ってから靴を成型していくので基本的に同じような構造になります。特徴としては、馴染んでからのフィット感が良い事があげられます。
「ボロネーゼ製法」を使用している海外の有名ブランドとして、日本で有名なのは[MAGNANNI]マグナーニ (スペイン) が、分かりやすいのですがユーザーの方に聞くとピッタリとした皮袋を履いているようで、どこも痛くなく、軽いと言う方が多い。
(注:このブランドはロングノーズの木型で、革底なのではき始めに靴が合う方と合わない方がハッキリしています。「ボロネーゼ製法」だから何でもはき易くなる訳ではない。)
靴屋の勝手な推察ですので、ミズノさんに確認してませんし、ミズノさんからはこれらの効果的なものは公式に表示していません。ので注意してください。あくまで当靴屋の勝手な推察です。
LD40Ⅳのノーマルとゴアテックスを履き比べられたときにでも思い出していただき、お客様自身で検証していただければ幸いです。

LD40Ⅳは元々履きやすき靴なので、防水+フィット感と思って頂いて良いと思います。 馴染んでからのフィット感はLD40ⅳαの方がノーマルより良い様です。 唯、残念なのはユーザーの方に聞くとノーマルのLD40に比べ、ゴア テックス搭載のLD40 αのほうが若干、蒸れるそうです。薄いとはいえ 靴下一枚プラスではしかたないとも個人的には思うのですが・・・・

LD40Ⅳα 機能・2 ミズノウエーブ

ミズノウエーブ
**********************
波型のプレートを衝撃吸収材で挟み込むようにつくられたミズノ独自のテクノロジーです。

ただのスポンジ底と違い、着地をした時のぐらつきを防ぐ構造になっています。

人間のかかとの骨は半球体なので、スポンジ状の吸収材に足をついた場合、左右どちらかに傾きます。

完全に垂直に落とすのはまず、不可能です。

この傾きが重心をずらし、ぐらつきを生みます。

このぐらつきを無意識に修正しょうとして、足首・膝・腰が働くので結果的に負担になってしまいます。

ミズノウェーブは特殊なプレートを使用することによりクッション性と安定性を両立させた底材を開発
していると、個人的に思います。

別のメーカーさんでは、極端に柔らかいものや、高反発の特殊素材を使われていますが、高反発の素材は一歩一歩、下から突き上げがくる状態なので、物理的にいっても反発の衝撃は何処かが吸収しているはずです。

一歩一歩にかかる力が小さいので「はずむ感覚」でかたづけられてますが、仮に一歩1グラムの余計な力が加わるとして一万歩 歩いた場合10キロの加重を何処かが吸収している事になります。

私は技術者ではないので詳しい事はわかりませんが、足のことは多少わかります。

各メーカーさんのいろいろな説明のなかで、矛盾を感じることが多かったのですが、このミズノウエーブ
はいちばん理にかなっているとおもいます。

LD40Ⅳα 機能・3 スムーズライド

「スムーズライド」
**********************
着地したときにかかと部分にかかる前後方向のぶれを抑制することで得られる、着地から蹴りだしまでのスムーズなライド感<乗り心地>を指し、またそのためのミズノウエーブを含む、ソール全体の設計機能のことを言います。 

LD40ⅳでは、このスムーズライドをさらに進化させることで、長距離モデルとしての歩きやすさを追求しています。
**********************
説明がむずかしいのですが、ぐらつきと言うよりは、「歩行時に発生する体重移動にともなう遠心力の抑制」がイメージとしては適正と思います。

歩くときの足運びが自然で、極端に言えば、引っ掛かりが無い!

他メーカーの特殊素材を使用したものは歩行が、不自然で特殊素材の力を意識してしまう。

構造は良く判らないのですが、日常使用で足の状態を観察すると、本当に自然!「すごい!」と思える靴です。

LD40Ⅳα 機能・4 内側ファスナー付き

内甲側ファスナー付き

一度、紐のしばりを調整しておけばファスナーの上げ下げで着脱できる。

飛行機内でのむくみ等、足をリラックスさせたい時はファスナーを下げるだけで楽になります。

ロック機能つき ファスナーの頭は上げた後、必ず倒しましょう。パタンと倒せばロックがかかりファス
ナーが開きません。

LD40Ⅳゴアテックスですが、ファスナー部分からの浸水を防ぐ為に、ファスナー部分にノーマルのLD40Ⅳには無い水かきのような物が付いています。 ファスナー部分からの水の浸水を防ぐ為のゴアテックスを裏張りした革材なのですが、靴の使用が雑だと、この革材をファスナーが、噛みます。少しでよいので、靴を丁寧に扱いましょう。

LD40Ⅳα 機能・5 天然皮革とヤハズ仕上げ

天然皮革使用
**********************
上質な牛革を使用してあります。

履くほどに足に馴染みますが、長く愛用するにはお手入れが必須です。

靴の形もLD40Ⅲに比べ足先まわりの余計な空間を見直してあるので、革あまりのシワが少なくなりフォルムもすっきりと見栄えのよい物に仕上がっている。

(ソールの矢筈(ヤハズ)仕上げも含め)

矢筈仕上げ
日本発祥の技法で、弓の弦に矢をかける部分(矢筈)の様に、ソールの先端を三角形に尖った形にする仕上げです。

厚みのあるソールを、軽快でエレガントな印象に見せます。

ゴアテックスが付いていれば、水や汚れが入らないのでは?防水スプレーとかも必要ないでしょ?

ゴアテックス・ファブリクスが搭載されていれば、靴の中に水が入ることはほぼ、ありませんが、それは、靴の内部で水を通さないようにしている膜(ゴアテックス・メンブレン)のことなので、外側の革は保護していません。雨の中歩けば、足は濡れませんが、靴は濡れて水を含みます。汚れも付きます。ですので、雨の中、出かける場合は防水スプレーをふってガードしたほうが良いです。また、濡れた後のお手入れは天然皮革の場合は必須と靴屋は言いたいです。日ごろからお手入れの癖をつけておくと、革靴は長持ちしますし、古くなっても履き潰した感じが少ないので、皆さんお手入れを心がけましょう。

LD40Ⅳα 機能・6 ミズノインタークール

ミズノインタークール
**********************
底材の通気孔から靴の中の湿気と熱を逃がし、靴の中の湿気と温度を下げるシステム「雨のときに水が逆流しないのか?」の質問が多い。

LD40Ⅲも同じシステム搭載していたけれど「水が入った」の声はなかった。

ゴアテックスのない、ノーマルのモデルは本革なので、雨の中長時間歩くと通気孔から入らなくても革が水を通すので中は濡れる場合はあります。

LD40Ⅳα 機能・7 X10ヒールラバーと再帰反射

X10ラバー
底材のかかと部分、半月に見えるゴム材通常のラバーに比べ耐摩耗性が80%UPしている。らしい 何と比べてUPなのか疑問は残るが、EVA(最近の軽い靴・スニーカーに使用している底材)に比べると断然強い!

LD40ⅢのX10は一年ぐらい普通に履いた靴を見せてもらうともともと5ミリぐらいのX10がまだ残っていた。

(使用状態・状況は個人差があるので参考程度にして下さい。)

再帰反射
かかと部分に埋め込まれた反射鏡。
夜間にウォーキングをするときの視認性を高めています。

LD40Ⅳα 機能・8 3つのアーチを支えるインソール 

足裏の3つのアーチを包み込む設計で足にピッタリ・フィット!

アーチを支えて、足への負担を分散着地による衝撃を吸収し、重心をスムーズに移動させます。

カップインソール(中敷)も、中足骨、土踏まずのアーチもしっかりと作られ、驚く事に背骨まである。

見た目、普通の中敷と同じに見えるけど、「何が違うの?」と思う方も多いはずこの中敷は、人間が本来持っている中足骨から土踏まずにかけての「アーチ」(車で言えばサスペンションの様なもの)を綺麗にサポートするように作られています。

長時間の立ち仕事や、歩行はこのアーチに多大な負担をかけるので、これをサポートする事により、足の疲労を軽減する事ができます。

あくまでサポートです。人間本来の足のバネ三点アーチを崩さないようサポートする事が重要です。

踵部分には衝撃吸収材が使用されています。

ここは一番点であたる部分(踵)になるので、特殊な吸収材を使用することにより踵から膝・腰へ向かう衝撃を緩和させます。

LD40Ⅳ 機能・番外 ジェンダーエンジニアリング

ジェンダーエンジニアリング
【gender engineering】
男女別の歩き方を分析した設計で
より、歩きやすく
男女の体格・歩き方の違いに着目し、
男性モデルと女性モデルで異なる
ソール設計を採用。
男女それぞれにより適した設計で、
快適な歩き心地を提供します。

すみません。高度な専門性が求められるので、販売員ではうまく説明できません。しかし、ミズノさんはここまで考えてLD40Ⅳを製作していることはお伝えしたいと思います。

LD40Ⅳα ゴアテックス  婦人用

スポンサードリンク

靴屋とお客様の会話から・・・LD40Ⅳα

ミズノのユーザーの方とお話をするなかで、同じLD40シリーズながらやはり、ゴアテックスが搭載されているほうが、フィット感も良いし、防水がしっかりしているので、安心だそうです。
販売員からみても、履き込んだLD40Ⅲを見比べたときゴアテックス搭載の方が靴の型崩れが少ない。革靴の甲革はジャストの所で、伸びが止まることはありません。力のかかるほうへある程度伸び続けます。特にウォーキングシューズに使用してあるような柔らかい革は伸びやすいので、型崩れを起こしやすいのですが、LD40αの場合 内側のゴアテックスが伸びを抑制してくれているようです。
若干の蒸れはありますが、機能的には一番優れていると思いますので
ぜひ一度、お試しください。

主人は革靴で25cmを履いているんだけど、同じサイズで大丈夫ですか?

同じサイズでは小さいと思います。履かれている革靴にもよりますが、大体が1cm足したぐらいが良いようです。とりあえず、革靴が25cmであれば、LD40Ⅳ3Eの26cmをお試しください。室内でフィッティングして頂いて、サイズが合わなければサイズを交換します。 外を歩かれると交換できませんので注意してください。後、箱から出して紐をゆるめずファスナーを下げるだけで、足を入れる男性の方が結構いらっしゃいます。まずはファスナーの付いていない靴と同様に、紐をゆるめて足を入れ紐の絞めと縛りを調整した後で、ファスナーを使用してください。

スポンサードリンク LD50 Ⅴ ゴアテックス(男女兼用)

稚拙な文章にお付き合いいただきありがとうございます。掲載した文章はあくまで、紳士靴の販売に携わってきた一個人の感想と推察になります。知識不足による憶測も含まれていると思います。医学的な根拠に基づくものではありませんし、ミズノ製品の機能・性能を保証するものでもありません。あらかじめご了承下さい。一参考程度になれば幸いです 御来店 ありがとうございました。 靴屋