遊べる【ウオーキングシューズ】ミズノ ウエーブガゼル 防水もOK【ゴアテックス】☂

前置

掲載文は一販売員(個人)の感想・推察と引用です。
ミズノ製品の機能・性能を保証するものではありません。
あらかじめご了承ください。靴屋

【注意】 防水スプレーやクリームなどを使用する場合は、使用前の注意事項をよく読み、出来れば購入された店舗の説明を受けてください。説明が無い場合は見えにくい箇所でテストして問題がないか確認してからの使用をおすすめします。靴屋


タフなのに軽くてしなやか。遊べるアウトドアウォーキングシューズ ウエーブガゼル

今回の紹介はこの秋発売されたばかりの新製品!


[ミズノ ウエーブガゼル]



遊べるウォーキングシューズとして機能だけではなく軽さ・運動性に配慮してあります。

靴のスタイルもスニーカーをイメージして街中でも違和感の無いデザインに仕上がっています。

「アウトドア」・「街中」・「ウォーキング」と何にでも使える汎用性の広いウォーキングシューズです。

機能は後ほど紹介しますが、靴屋のおススメ・ポイントは多彩な機能+[ゴアテックス]がこの価格で搭載されている事です。

ウエーブアドベンチャーも13000円で[ゴアテックス]が搭載されてましたが、昨今の消費事情から鑑みる
に、今後コスト的には難しいと思っていました。

が、さすが「ミズノ」さん!

確かに値段は上がりましたが、15000円で高機能+[ゴアテックス]搭載!!

靴屋おススメのウォーキングシューズです。

MIZUNO ウエーブガゼル

WAVE GAZELLE
B1GA1702□□(14.ネイビー 09ブラック)
サイズ:25.0㎝~28.0㎝
甲材:合成繊維:人工皮革
底材:合成底
質量:約360g (26.0cm片方)
    抗菌防臭Meshインソール(SEK基準で評価)
原産国:ベトナム製

MIZUNO ウエーブガゼル 機能・1 ミズノウエーブ

ミズノウェーブ
********************
波型のプレートを衝撃吸収材で挟み込むようにつくられたミズノ独自のテクノロジーです。

ただのスポンジ底と違い、着地をした時のぐらつきを防ぐ構造になっています。

歩行時は体重の1.5倍もの力が足にかかると言われています。

歩行時の衝撃を和らげる「クッション性」と足のぐらつきを抑える「安定性」という本来相対する機能を両立させたのが、波型のプレート「ミズノウェーブ」です。

人間のかかとの骨は半球体なので、スポンジ状の吸収材に足をついた場合、左右どちらかに傾きます完全に垂直に落とすのはまず、不可能です。

この傾きが重心をずらし、ぐらつきを生みます。

このぐらつきを無意識に修正しょうとして、足首・膝・腰が働くので結果的に負担になってしまいます。

ミズノウェーブは特殊なプレートを使用することによりクッション性と安定性を両立させた底材を開発しているとおもいます。

ウエーブガゼルは外見上ミズノウェーブが視認しづらいのですが、ちゃんと踵部分に搭載されています。

おそらく、クッション性重視の基本形プレート[PARALLEL WAVE]が使用してあると思うのですが・・・間違っていたらごめんなさい。

MIZUNO ウエーブガゼル 機能・2 スムーズライド

着地したときにかかと部分にかかる前後方向のぶれを抑制することで得られる、着地から蹴りだしまでのスムーズなライド感<乗り心地>を指し、またそのためのミズノウエーブを含む、ソール全体の設計機能のことを言います。 

説明がむずかしいのですが、ぐらつきと言うよりは、「歩行時にはっせいする体重移動にともなう遠心力の抑制」がイメージとしては適正と思います。

「この底材でスムーズライド?」と製品を初めて見たときに靴屋は思いました。アウトドア用の靴は総じて底材が硬く、ゴツゴツと、箱を履いている様な感じがするのが大半です。試しに履いて100歩ほど歩いてみました。おどろく事に確かに「スムーズ」!LD40Ⅳとは底材の厚さが違うので、若干の履き心地の違いは有りますが、自然な足運びの点から言えば、LD40Ⅳと同様に、とても自然で歩きやすい。ウエーブアドベンチャーGTが、アウトドア重視の設計で硬めだったので、このガゼルはとても柔らかく感じます。

MIZUNO ウエーブガゼル 機能・3 ゴアテックス・ファブリクス(防水)

GORE-TEX(ゴアテックス)の特徴である「防水透湿」とは、水を通さずに水蒸気を通過させる機能のことです。ゴアテックス・ファブリクスは内部に微細な孔(あな)を無数に持つゴアテックス・メンブレンという膜を備えています。それぞれの孔は、水滴よりはるかに小さい為、水が通ることはできません。一方、水蒸気が通るには十分な大きさなので、雨などの水は通さず、汗の水蒸気は外に逃がすという、防水・透湿 機能を発揮します。
ゴアテックスを使用してある靴は、このゴアテックス・ファブリクスを、足を包み込むように靴の中に組み込んでいます。雨の日に使用しても足を濡らすことなく、汗の水蒸気(ムレ)が靴の中に残りにくいため、足はいつでもドライで快適です。

靴の外殻は補強の為の合成皮革が一部使用してありますが、大半は 通気の良いメッシュ素材が使用してあるので、靴の中の環境は良い。 加えて水がほぼ、入らないゴアテックス付き!

防水スプレーで二重のガードを・・(防汚)

通気の良いメッシュ素材を使用して有ります。このままだと雨の時は 靴の中が濡れますが、「ウエーブガゼル」はゴアテックスが内蔵されて いるので、表面は濡れますが、靴の中には浸水しません。 雨の中出かけるときは、防水スプレーを使用していただければ、表面 メッシュ材が濡れるのをある程度防げますし、汚れも(泥はね)付き にくい。

MIZUNO ウエーブガゼル 機能・4 底材・再帰反射

クロス意匠仕様
前後・左右方向のグリップが利くように意匠が掘り込まれています安全性は問題ないようですが、今回X10のヒールパーツは使用されていないので、修理は出来ません。

X10ラバー使用
通常のラバーに比べ耐摩耗性が80%UPしている。らしい 何と比べてUPなのか疑問は残るが、EVA(最近の軽い靴・スニーカーに使用している底材)に比べると断然強い!

再帰反射
かかと部分に埋め込まれた反射鏡。
夜間にウォーキングをするときの視認性を高めて
います。

つま先のガードも[OK]!アウトドアでガンガン使っていただいても大丈夫なタフで歩きやすい[底材]が使ってあります。

ウエーブガゼル 特徴 柔らかいメッシュ材とノーソーイング

くるぶしや足首と触れる履き口部分には、メッシュを使用して柔らかさを重視。

口周りの素材はしっかりとしたものが使用してあるので、柔らかいけれど、足首周りをしっかりとホールドしてくれる。

No-sewing仕様により、アッパー内側の凹凸が少なく、足あたりを軽減。

確かに足を通すと縫い目などの当たりはほぼ無い。

履きやすい!

MIZUNO ウエーブアドベンチャーGT

ウエーブガゼルとアドベンチャーGT

[ガゼル]と[アドベンチャー]
********************
Mizuno ウォーキングシューズの中ではアドベンチャーGTの後継モデルと言えそうですので、「アドベンチャー」と「ガゼル」を比べてみました。履き試しをしてまず、感じるのは靴の硬さと軽さの相違。 ウェーブアドベンチャーは「トレッキングシューズ」よりなので、作りが硬めで耐久性のある箱のイメージ。 ウエーブガゼルは「運動靴」よりなので、クッション性がよく、柔らかい。中敷の作りにもそれは見て取れる。
全体的なクッション性と柔らかさを出す為の均等に配置されたドットのある「ガゼル」に対して、アーチのサポートを重視した構造の「アドベンチャー」中足骨のサポートがあるのが「アドベンチャーGT」 人間の足の骨格を意識し、作りこんでいるのは「アドベンチャーGT」だけど、若干の「硬さ」と中敷の盛り上がりに伴う「違和感」を最初に感じると思う。慣れれば大丈夫ですけど・・・ 「ガゼル」は最初からそれらが無く、柔らかく履けるのは確かです。辛口で言わせて頂ければ、「サポート機能」を無くして、「クッション性」を上げた状態です。

個人的な「好み」のレベルの相違になりますが、アウトドア・トレッキング重視の方は「アドベンチャーGT」がおススメです。街中・普段履き・ハイキングの様な軽快なイメージで使用する方は断然「ウエーブガゼル」がよろしいかと思います。

✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣


遊び道具のように、アクティブに使いこなそう。
街も、野も、山も、コイツとならすべてが遊びの
フィールドに。
防水・透湿性に優れたゴアテックス® ファブリクス
や、オフロードも対応する波形プレート「ミズノ
ウエーブ」を搭載。
しかも軽く、街歩きも、ハイキングも、一足で存分
に楽しめる。
アクティブに使いこなせる、遊べる
ウォーキングシューズだ。

街も、野も、山も、みんな遊びのフィールドだ。
不安定な路面や天候の変化にもしっかり対応。
タウンからレジャーシーンまで思う存分楽しめる。
ミズノ公式サイトより引用

✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣


総合的には「遊べるウォーキングシューズ」のキャッチコピー通り汎用性の広さは「ウエーブガゼル」が上かなと靴屋は思います。唯、これは使用するシーンの頻度が「普段履き」の場合が多いから、靴の作りとしては個人的には「ウェーブアドベンチャー」の方が作りはしっかりしていると思います。
コンセプトの違いなのでなんとも言えませんが、No-sewing仕様で、パーツの縫い合わせも少なく私の様な古い人間から見れば手抜きの様にも感じる。しかし、よくよく観察・考察してみると、この耐久性と機能を持たせて、「柔らかい」という事はある意味すごい!「なんにでも履ける靴は無い」が靴屋の持論ですが、カジュアルシーンに限って言えば、「ウェーブガゼル」はウォーキング・トレッキング・ハイキング・タウンウォークと何にでも使えそうな靴です。
是非、一度お試しください。
靴屋おススメのウォーキングシューズです。

サイズ表示 UNISEX(男女兼用サイズ)

サイズ感はスニーカーサイズです。

LD40シリーズを使用されている方は、半サイズ上が良いかと思います。ユニセックス(男女兼用)のサイズになっているので、通常のLDシリーズとサイズの表示が異なります。

スポーツシューズやスニーカーの表示が一番近いようなので、ミズノやアシックスなどのスポーツメーカーのスニーカーを履いている方はそれを参考にしたほうが良いと思います。

当店で接客した限りでは、一般的な革靴の表示より1cm~1.5cm UPする場合が多い。

申告25cm(革靴)→ガゼル(26.5cm))

運動系のスニーカーをお持ちの方は同サイズで良いと思いますが、履き試しをした限りでは長さが少し短く感じたのでよく爪が当たると自覚されている方は、半サイズ上げたほうが無難!

革靴のサイズから言うと、1.5センチ上が相当サイズになります。

(例 革靴26.0cm ウエーブガゼル 27.5cm)
注:あくまで目安です。

足型には個人差が有るので必ず確認してください。

mizuno [ウエーブガゼル] 婦人用

サイズ表示がUNISEX(男女兼用)となっていますが、22.5~28.0cmまで揃っているのは黒のみです。ネイビーが男性向けで、25.0~28.0cm グレーが女性向けで22.5~25.0cmのサイズレンジになります。

靴屋が履いてみました。

靴屋が履いてみました。
履きためしをしてまず、思ったのが「キャッチコピー」通りの靴だなという事、前回までのコレクションはこのカテゴリーに位置付けされる製品の大半が玄人好みと言うか、本格的に作りこんで入ると言うか、ハードな仕様を前提にそれに耐えるスペックで作られていたので、少しのズレだとは思いますけれど気軽にスニーカー感覚で使用したいユーザーとの温度差が有ったと思う。

実際、履いてみると「スニーカーか?」と言いたくなるくらいに履き心地は軽快!しかし、スポーツスニーカーと履き比べると底材の安定感の違い・ウォーキングシューズらしい足運びのスムーズさの違いが良く判る。
「ウォーキング」・「歩く」という機能に関しては通常のスペック通り信頼して良いと思います。

デザインも特別奇抜でも無いが、古臭くもないので、若年層から年配の方まで問題なく使用して頂ける。
若干、劣るなと思うのが耐久性と「本格使用」という面かな?耐久性の面では、軽さと柔らかさを取れば当然「強さ」は落ちるので、しかたないとは思います。
「本格使用」を希望の方、「毎週、山に行く」という方には耐久性の面も含め「ウエーブアドベンチャー」をおススメします。

スポンサードリンク


偏光 サングラス UVカット 紫外線カット 交換レンズ5枚セット 専用ポーチ付き 釣り トレッキング 登山 アウトドア スポーツ用品 登山用品 アウトドア用品 【RCP】

稚拙な文章にお付き合いいただきありがとうございます。掲載した文章はあくまで、紳士靴の販売に携わってきた一個人の感想と推察になります。知識不足による憶測も含まれていると思います。医学的な根拠に基づくものではありませんし、ミズノ製品の機能・性能を保証するものでもありません。あらかじめご了承下さい。一参考程度になれば幸いです 御来店 ありがとうございました。 靴屋

スポンサードリンク mizuno ウエーブシリウス

WAVE SIRIUS(ウエーブシリウス)[メンズ]
イタリア人デザイナー監修による欧州企画モデル。
ダメージ加工を施した天然皮革を使用するなど、
随所にイタリアの香りが漂うデザイン。