MIZUNO【ウォーキング】とBoa【フィッティング】の融合!快適な履き心地LD40Boa

前置

掲載文は一販売員(個人)の感想・推察と引用です。
ミズノ製品の機能・性能を保証するものではありません。
あらかじめご了承ください。靴屋

【注意】 防水スプレーやクリームなどを使用する場合は、使用前の注意事項をよく読み、出来れば購入された店舗の説明を受けてください。説明が無い場合は見えにくい箇所でテストして問題がないか確認してからの使用をおすすめします。靴屋

ミズノ LD40Boa (Boaクロージャーシステム)のススメ

今回、ご紹介するのはMizunoウォーキングシューズ
[LD40 Boa]です。
クロージャーシステム搭載の (LD40 Boa)ですが、一番の特徴は、[Boa クロージャーシステム]

靴紐の代わりにワイヤーを使い、靴に取り付けた特殊なダイヤル機構でワイヤーを締めたり、緩めたりして、フィット感の調整が出来る靴です。

日本で、よく見かけるのは、ゴルフシューズが一番多いと思います。

海外では登山靴やマウンテンバイクなどのハードなスポーツ用の靴やスノーボード用のスキー靴にクロージャーシステムが使用してあります。

ですので、偽のクロージャーシステムで無いかぎり、耐久性にはまず問題ありません。

仮に何かのはずみで破損した場合でも「Boaのクロージャー」であれば修理の受付もしているので、購入した店舗・販売店に相談してください。(100%修理可能ではありません)

mizuno LD40Boa (紳士用)

LD40Boa
B1GC1526□□(09BL)
サイズ:24~28.0cm
甲材:天然皮革
底材:合成底
質量:320g(26cm片方)
アーチサポート・インソール+
抗菌防臭Mesh
ヒールラバー交換可能
ベトナム製

Boa クロージャーシステム Boa テクノロジー社 企業理念

ミズノの製品とは離れた事柄になりますが、LD40Boaの商品知識を得る為、いろいろと調べ物をしている中で、感心した事が1点ありました。
[Boaクロージャーシステム]を提供しているBoaテクノロジー社の企業理念!

個人的にこのようなメーカーさんの存在が嬉しいのでご存知の方も多いとは思いますが紹介したいと思います。

☯ ☯ ☯ ☯ ☯ ☯ ☯ ☯ ☯ ☯



我々は、道具と人類を結びつける架け橋となり準備を整え、試みを繰り返すことでゆるぎない確信を作り出しています。

パフォーマンスを向上させるための設計を作り出すことに最善を尽くし実際に使用する人たちに適用できるよう解決の意図を導いています。

繰り返し行われた試験をはじめもたらされた経験の実践によってさらに進化した世界最高のギアがここに
あります。

☯ ☯ ☯ ☯ ☯ ☯ ☯ ☯ ☯ ☯ 



私たちはあなたが日々道具を使い、評価していることを理解しています。だからこそ、Boaシステムはあらゆる面で厳密な耐久基準に基づいて設計・製造しているのです。個々のシステムは精密に設計されており、最先端のインジェクション成形施設で製造されています。最もエクストリームな気象条件下でも、Boaは軽量性を損なわず、適正にフィットしつづけ、自然環境に対応することを目指しています。
人生があなたをどこに連れて行くとしても、私たちはあなたを失望させません。事実、私たちはそれを保証します 。
Boaテクノロジー社 公式サイトより引用

☯ ☯ ☯ ☯ ☯ ☯ ☯ ☯ ☯ ☯ ☯ 



乱暴な言い方をすれば、ワイヤーとダイヤル機構だけの事です。けれど、「だけ」の機構にこれだけの想いを乗せることが出来るのはすごい!と思います。  靴屋

古い人間なので、このような全うな理念が製品より感じられるメーカーさんが好きなので、余計と思いつつ記載しました。飛ばしていただいても大丈夫です。LD40Boaの機能は別に記載しています。

MIZUNO LD40Boa 特徴・1

特徴 1 履き心地
足とシューズの一体感が非常に高い!紐の靴の場合締めたつもりでも素材が布なので緩んだり、結び方によっては解けたりがありますが、クロージャーにはそれが無く、ミリ単位のダイヤル調整が出来、緩むことが無い!

甲の押さえとしては理想的なシステムです。

ダイヤルを回すと、甲部分から履き口にかけてワイヤーレースが均等に足をホールド。

緩める際には、ダイヤルを引くとレースが緩む。
(最適なフィット感を簡単に調節できる)

「健康作りに1~2時間歩く」などの目的で、ウォーキングをしている方や運動目的が強い方には、履き始めと終わりでフィット感の変化が、少ないこの靴の方がおススメかもしれません。

MIZUNO LD40Boa 特徴・2

靴を履くとき
1.ダイヤルのロックを解除(上に引く)して履き口を広げる。
2.足を入れて踵を合わせる。
3.ダイヤルを押してロックをかけ右に廻しワイヤーを締める。
4.右に廻すと締まり、左に廻すと緩むので甲にかかる圧力を調整する。
(カチカチと音がする状態が調整ロックのかかっている状態です)
***********************
靴を脱ぐとき
1.ダイヤルのロックを解除。
2.そのまま足を抜く事もできるが履き口をすこし広げてやると脱ぎやすい。
***********************
脱ぐときはワンタッチで脱げるが、履くときはワイヤーの巻き取りに若干、手間を食う感じです。

LD40Ⅳのファスナータイプと比べてみたところ、総合点としては、LD40Ⅳファスナーの方がスムーズでした。

着脱に関しては、LD40Ⅳに軍配があがりそうです。

試しに右足LD40Ⅳ左足LD40Boaで30歩ほど歩いてみました。

靴がまだ新しい事もありますが、LD40Ⅳはヒモが圧力で伸び、緩みが出たのに対し、LD40Boaは足のポジションをキープしたままでした。

フィッテングしたポイントをキープする力はLD40Boaの方が上です。履いた状態で靴を緩める機能はLD40Ⅳ
のヒモよりダイヤル機能のLD40Boaの方が圧倒的に手軽です。

私も履きためしをしてまず戸惑ったのがロックとダイヤルを回す方向。ロックをかけずにダイヤルを回してしまい、締まらないので焦りました(笑)ロックをかけて今度は緩めようとしたのですが、「あれ?どちらに回せばゆるむんだっけ?」(失笑)・・・慣れればだいじょうぶです。

Boa クロージャーシステム・難点

個人的に難点と思うのは、ダイヤルの「カチカチ」音が大きい!

ワイヤー同様、ロック機構にもかなりの強度が必要なので、素材も硬質のものが使用してあり、ロック機構の歯車が逆転しない様にしてある為と思われます。

ダイヤル機構自体が目立つ!

靴の甲の部分外側よりにダイヤル機構が付いているので前からみると機構自体が目立ってしまう。

旅行などで使用するカジュアル系のスラックスなどであれば違和感も少ないが、ビジネス系の服装には合わせにくい。

MIZUNO LD40Boa 機能・1ミズノウエーブ

ミズノウェーブ
波型のプレートを衝撃吸収材で挟み込むようにつくられたミズノ独自のテクノロジーです。

ただのスポンジ底と違い、着地をした時のぐらつきを防ぐ構造になっています。

人間のかかとの骨は半球体なので、スポンジ状の吸収材に足をついた場合、左右どちらかに傾きます完全に垂直に落とすのはまず、不可能です。

この傾きが重心をずらし、ぐらつきを生みます。このぐらつきを無意識に修正しょうと
して、足首・膝・腰が働くので結果的に負担になってしまいます。

ミズノウェーブは特殊なプレートを使用することによりクッション性と安定性を両立させた底材を開発しているとおもいます。

MIZUNO LD40Boa 機能・2ミズノインタークール

ミズノインタークール
底材の通気孔から靴の中の湿気と熱を逃がし、靴の中の湿気と温度を下げるシステム

「雨のときに水が逆流しないのか?」の質問が多い。

LD40Ⅲも同じシステム搭載していたけれど「水が入った」の声はなかった。

ゴアテックスのない、ノーマルのモデルは本革なので、雨の中長時間歩くと通気孔から入らなくても革が水を通すので中は濡れる場合はあります。

MIZUNO LD40Boa 機能・3 X10ヒールラバーと再帰反射

X10ラバー
底材のかかと部分、蹄鉄に見えるゴム材

通常のラバーに比べ耐摩耗性が80%UPしている。らしい 何と比べてUPなのか疑問は残るが、EVA(最近の軽い靴・スニーカーに使用している底材)に比べると断然強い!

LD40ⅢのX10は一年ぐらい普通に履いた靴を見せてもらうともともと5ミリぐらいのX10がまだ残っていた。(使用状態・状況は個人差があるので参考程度にして下さい。)

馬の蹄鉄・U字型に見えるラバー部分は修理可能です。パーツ交換で4600円+税になります。

期間は50日~60日 ラバーより上まで磨耗した場合は修理出来ない場合もあります。

再帰反射
かかと部分に埋め込まれた反射鏡。

夜間にウォーキングをするときの視認性を高めています。

MIZUNO LD40Boa 機能・4 アーチサポート・インソール

アーチサポート・インソール
3つのアーチを支える機能。

カップインソール(中敷)も、中足骨、土踏まずのアーチもしっかりと作られ、驚く事に背骨まである。

この中敷は、人間が本来持っている中足骨から土踏まずにかけての「アーチ」を綺麗にサポートするように作られています。

長時間の立ち仕事や、歩行はこのアーチに多大な負担をかけるので、これをサポートする事により、足の疲労を軽減することが出来ます。

人間本来の足のバネ 三点アーチを崩さないようサポートする事が重要です。

MIZUNO LD40Boa 機能・5 天然皮革

天然皮革使用
上質な牛革を使用してあります。
履くほどに足に馴染みますが、長く愛用するにはお手入れが必須です。

LD40Ⅳと比べてみました。

LD40Ⅳとの違いは「足とシューズの一体感」が一番大きいかなと、個人的には思います。

ヒモの靴もホールド感はよいのですが、ヒモを締める段階で、個人の力の入れ方でつま先側と甲の側とで力の入れ方にバラつきが出ます。

クロージャーシステムは均等に締め上げてくれるので、フィット感・ホールド感ともに良くなっています。

ゴルフなど微妙なポジションの固定が要求されるシューズに使用されているのにもうなずけます。

脱ぎ履きしやすいイメージが先行しがちの見た目ですが、LD40Ⅳよりスポーツ(運動)・ウォーキング使用としてのポテンシャルは高いと思います。

底材のシステムはLD40Ⅳと同じものが使用してあるので、クッション性や安定感・自然な歩きのサポートはLD40Ⅳと同様にあります。

それらの機能にプラスしてBoaクロージャーシステムのフィット感があります。


LD40Boa 残念ながら・・・・

残念ながらLD40Boaは1デザイン(男女とも)しか発売されてないのでデザイン・色が選べない事と、バージョン違いもないのでLD40Ⅳの様に、ゴアテックスを使用した防水バージョンがありません。靴に使用してあるのは牛革なので雨のときに使用する場合は、防水スプレーなどの対策が必要です。(濡れた後のお手入れも)

MIZUNO LD40Boa (婦人用)

LD40Boa(婦人用)
B1GD152609
サイズ:21.5~24.5cm
甲材:天然皮革
底材:合成底
質量:270g(23.5cm片方)
アーチサポート・インソール+
抗菌防臭Mesh
ヒールラバー交換可能
ベトナム製

LD40Boa 靴屋の感想

今回、紹介したミズノウォーキングシューズ(LD40Boa)はLD40Ⅲの機能プラス、ミリ単位の高度なフィティング機能を併せ持つウォーキングシューズです。普段履きではなく、運動としてウォーキングをしている方におススメです。脱ぎ履きが簡単にと、思われている方には若干、不向きかも知れません。簡単に脱ぎ履きするのはファスナー(LD40Ⅳ)の方が良いと思いますが、それでもフィティングも重視したいと言う事であれば、LD40Boaを選択してください。終始かわらない安定したポジションをキープしてくれると思います。

玄関用 靴ベラ スタンド付き


ササキ工芸 靴べら ロング 木製 【らくらく 靴べら 台座付き】 旭川 クラフト

稚拙な文章にお付き合いいただきありがとうございます。掲載した文章はあくまで、紳士靴の販売に携わってきた一個人の感想と推察になります。知識不足による憶測も含まれていると思います。医学的な根拠に基づくものではありませんし、ミズノ製品の機能・性能を保証するものでもありません。あらかじめご了承下さい。一参考程度になれば幸いです 御来店 ありがとうございました。 靴屋

スポンサードリンク