長距離を歩くためのシューズ。LD50Ⅴ

前置

掲載文は一販売員(個人)の感想・推察と引用です。
ミズノ製品の機能・性能を保証するものではありません。
あらかじめご了承ください。靴屋

【注意】 防水スプレーやクリームなどを使用する場合は、使用前の注意事項をよく読み、出来れば購入された店舗の説明を受けてください。説明が無い場合は見えにくい箇所でテストして問題がないか確認してからの使用をおすすめします。靴屋

MIZUNO LD50Ⅴのススメ

今回のおススメは、長距離を歩く方のための
シューズ。ゴアテックス・ファブリクス搭載
[LD50Ⅴ]
ん?ミズノLDシリーズは基本的に長距離で
は?と、思われる方も多いかと思います。
実は今回、革材を使用して発売されたLD50
ですが、もともと、ウエーブアドベンチャー
やOD100GTX7などのトレッキング仕様の
カテゴリーに属していました。ので、
見た目は革靴に変わりましたが、トレッキン
グの機能は息づいています。LD40Ⅳに比べ
硬さはでますが、登山靴の様な重厚さと
安定感のある異色の「ウォーキングシューズ」
です。

MIZUNO LD50Ⅴ

LD50 Ⅴ
B1GC162409(BL)
定価:21000円+税
サイズ:22.0~27.5cm(男女兼用)
甲材:天然皮革
底材:合成底
質量:400g(26cm片方)
アーチサポートインソール+抗菌防臭Mesh
ヒールラバー交換可能
ベトナム製

こちらが一世代前 LD50Ⅳ

ヒールのユニット・パーツが6本のネジで固定して
あり、ヒール・ユニット・パーツを取り寄せれば、
ドライバーで交換が出来るというこちらも異色の
トレッキングシューズでした。
この世代までは、トレッキングの色が濃く、
見た目はOD100GTX7とかに近かった。

お客様でも「ドライバー一本あればヒールの交換が出来る」というふれこみだったのですが、実際は「売場で替えてください」が大半でした。確かに宣伝文句からすると簡単そうなのですが、土台・クッションパーツ・底面のⅩ10のプレートの3つにまたがり、ネジ穴が開いているので、1つネジを締めるたびにそれぞれのパーツがずれていないか?確認をしながらでないと最後のネジ穴がずれてしまう事がありました。結構たいへんでした。

ミズノLD50Ⅴ 機能・1 ゴアテックス・ファブリクス

GORE-TEX(ゴアテックス)の特徴である「防水透湿」とは、水を通さずに水蒸気を通過させる機能のことです。ゴアテックス・ファブリクスは内部に微細な孔(あな)を無数に持つゴアテックス・メンブレンという膜を備えています。それぞれの孔は、水滴よりはるかに小さい為、水が通ることはできません。一方、水蒸気が通るには十分な大きさなので、雨などの水は通さず、汗の水蒸気は外に逃がすという、防水・透湿 機能を発揮します。
ゴアテックスを使用してある靴は、このゴアテックス・ファブリクスを、足を包み込むように靴の中に組み込んでいます。雨の日に使用しても足を濡らすことなく、汗の水蒸気(ムレ)が靴の中に残りにくいため、足はいつでもドライで快適です。
注意点 その1
ゴアテックス・ファブリクスそのものは、一般的な使用において劣化することがほとんどないため、防水耐久性と透湿性は変化しません。ただし、ソールやアッパーなど、靴そのものの劣化やコンディション次第では、その性能が十分に発揮されない場合があります。
注意点 その2
内蔵されているゴアテックス・ファブリクスに穴が開いた場合は防水耐久性は維持できなくなります。靴に入った小石や砂利など、鋭利なものはゴアテックス・ファブリクスを傷つける可能性があるため、しっかりと振り落として(取り除く)ください。

ゴアテックスは製造メーカーが「製品に使用したいから」と、言っても簡単に使用はできません。ゴアテックスを使用する場合はGORE-TEX社が定めたゴアテックス以外の使用パーツにも基準が設けられていて、基準をクリアしても、製品として実際の使用を想定したいくつものテストが義務付けられています。 ゴアテックスの「黒に黄色の文字」のタグを見かけた方は多くいらっしゃると思いますが、靴に限らず、ウエアでも同様の基準とテストがあり、あのタグが付いている事 自体が製品の価値と信頼を証明する一つの基準となっています。

ミズノLD50Ⅴ 機能・2 ミズノウエーブ

ミズノウエーブ
*********************
波型のプレートを衝撃吸収材で挟み込むように
つくられたミズノ独自のテクノロジーです。
ただのスポンジ底と違い、着地をした時のぐらつき
を防ぐ構造になっています。
人間のかかとの骨は半球体なので、スポンジ状の
吸収材に足をついた場合、左右どちらかに傾きます。
完全に垂直に落とすのはまず、不可能です。
この傾きが重心をずらし、ぐらつきを生みます。
このぐらつきを無意識に修正しょうとして、
足首・膝・腰が働くので結果的に負担になって
しまいます。
ミズノウェーブは特殊なプレートを使用することに
よりクッション性と安定性を両立させた底材を開発
していると、個人的に思います。

ミズノLD50Ⅴ 機能・3 スムーズライド

「スムーズライド」
**********************
着地したときにかかと部分にかかる前後方向のぶれ
を抑制することで得られる、着地から蹴りだしまでの
スムーズなライド感<乗り心地>を指し、
またそのためのミズノウエーブを含む、ソール全体の
設計機能のことを言います。 
**********************
説明がむずかしいのですが、ぐらつきと言うよりは、
「歩行時に発生する体重移動にともなう遠心力の抑制」
がイメージとしては適正と思います。
歩くときの足運びが自然で、極端に言えば、
引っ掛かりが無い!
他メーカーの特殊素材を使用したものは歩行が、
不自然で特殊素材の力を意識してしまう。

ミズノLD50Ⅴ 機能・4 X10ヒールラバーと再帰反射

X10ラバー
底材のかかと部分、蹄鉄に見えるゴム材
通常のラバーに比べ耐摩耗性が80%UPして
いる。らしい 何と比べてUPなのか疑問は残る
が、EVA(最近の軽い靴・スニーカーに使用して
いる底材)に比べると断然強い!LD40ⅢのX10
は一年ぐらい普通に履いた靴を見せてもらうと
もともと5ミリぐらいのX10がまだ残っていた。
(使用状態・状況は個人差があるので参考程度
にして下さい。)

X10のヒール化粧板は交換可能です。
先代のヒール・ユニットパーツは使用されて
いません。
ミズノに出してパーツの張替えになります。
ヒールラバー交換
4600円+税(送料等は別)
納期はミズノ到着後3週間後になります。
(靴の痛み具合により、内容・期間・価格が
異なる場合があります。)

再帰反射
かかと部分に埋め込まれた反射鏡。
夜間にウォーキングをするときの視認性を
高めています。



【送料無料】mabu マブ リフレクターショートアンブレラ(アッシュ、ノワール) 再帰反射糸使用 雨傘 折りたたみ傘 男女兼用

ミズノ LD50Ⅴ 機能・5 オブリークラスト

オブリークラスト
日本人に多いとされる、親指が一番長い足型
にフィットするように設計されたラスト
親指をしっかり動かす事ができます。

個人的に試した感じでは、オブリークを喧伝するほど先の空間は大きくないように思う。口周り、足首周りのホールド感のほうがこの靴の特徴のように思います。(爪先が狭いわけではありません。) 広い足型・肉厚で足幅が広く靴でお悩みのかたはMIZUNO NR320(5KF320)をお試し下さい。この靴はワイズ(幅)がGワイズ(EEEEEE)6Eなので、幅広でお悩みのお客様に喜ばれています。

靴屋が見る LD50Ⅴ

特別に何かが付いたとか、新素材が使用されたとかはありません。この靴自体が特徴と言えるかと思います。LD40ⅣなどのLDシリーズの大半が長距離を設定し、それなりの機能を備えているのですが、LD50はさらにトレッキングとしての機能も息づいています。(トレッキングシューズではありません。)見た目は普通の革靴に見えますが、先代(LD50Ⅳ)まではLD40Ⅳの環境設定よりハードな環境設定をして開発をされていたようなので、「耐久性」「安定性」「ガードとしての安全性」のスペックはLD50Ⅴのほうが良くなっているようです。

反面、「靴自体の硬さ」と「重さ」ではLD40Ⅳに劣る面もある。が、重すぎて履きにくいとかではないので、どっしりとした「安定感」と「耐久性」がお好きな方はLD40ⅣよりはLD50Ⅴの方が、相性が良いと思う。実際、LD50Ⅳは「ロングライフ設計モデル」をキャッチコピーにしていたぐらい本当に強い靴でした。ヒール・ユニットの交換が出来るということも要因としてありますが、ヘビーユーザーの方は4回ぐらい交換をしても靴自体の崩れは少なく、本革なのにあまり痛みは目立たなかった。
(履き口の布材は擦れて破れていましたけど・・・)

軽く柔らかい履き心地が良い方はLD40Ⅳαをお選び下さい。


TVで話題!49%OFF【あす楽】【日本正規代理店】ネバーウェット ネオ(NeverWet NEO)325ml /水で浮き出る文字 強力!超はっ水 防水スプレー 撥水スプレー 撥水 スプレー 防水 防汚 防錆 撥油 シミ DIY 日曜大工 防水剤 雨対策 台風対策

ミズノ LD50Ⅴ ALL天然皮革使用ではあるが・・・

天然皮革使用
今回、甲材すべてが天然皮革に変更されたLD50Ⅴですが、LD50Ⅳにくらべて革の質か、染めの過程の違う革材が使用してあるのではないか・・・?と個人的に思っています。ミズノさんに確認していないので、間違いかもしれませんがLD50Ⅳは革質がもう少し硬く、表面の染料も「顔料」の割合がもっと多いものが使用してあったと思う。LD50ⅤはLD40Ⅳに近い(同じ)革材と思われるので、私の記憶にあるLD50Ⅳより革が若干、弱いように感じます。靴屋の推察ですが永く愛用していただくには、お手入れが重要なポイントになります。
(革材の違いに関しては靴屋の推察です。部類で言えばLD50ⅤもⅣも同じ牛革になります。)

靴自体は頑強な部類に入るので、甲革のお手入れをしていただければ、永く愛用していただけると思います。  靴屋

ミズノLD50Ⅴ 靴屋おすすめ

言い方が悪いかもしれませんが、ファッション性より、【機能性・耐久性】重視!の方におすすめします。機能性だけであれば、[LD40Ⅳα]という選択肢もあります。ビジネスで使用できるデザイン性のあるものであれば、[LD40stα]がおすすめです。が、ビジネスで使用できる本革のデザインで、ここまでの機能性と耐久性を併せ持つ「ウォーキングシューズ」はなかなか無いと思います。デザインはスーツに使えるギリギリのところかも知れませんが、仕事で外を歩き回らないといけない方は一度お試しになってみて下さい。安定性・運動性・耐久性・防水性などの機能を含め、おすすめの「ビジネスに使用できるウォーキングシューズ」です。

玄関用 スタンド 靴べら


【送料無料】 レオナルドクツベラ ダークブラウンクツベラ 靴べら 靴ベラ 天然木 スタンド付き ロングタイプ 床置 おしゃれ 紳士靴 婦人靴 ロング靴べら デザイン

稚拙な文章にお付き合いいただきありがとうございます。掲載した文章はあくまで、紳士靴の販売に携わってきた一個人の感想と推察になります。知識不足による憶測も含まれていると思います。医学的な根拠に基づくものではありませんし、ミズノ製品の機能・性能を保証するものでもありません。あらかじめご了承下さい。一参考程度になれば幸いです 御来店 ありがとうございました。 靴屋

スポンサードリンク ミズノ NR320

G=6E 幅広・甲高の人が喜ぶ1足!
NR320
5KF320□□(09BL 59DR)
甲材:天然皮革
底材:合成底
質量:390g(26cm片方)
6Eラスト
アーチサポートインソール
ベトナム製