より山道に則した設計で、快適な山歩き。ミズノ WAVE NAVIGATION

前置

掲載文は一販売員(個人)の感想・推察と引用です。
ミズノ製品の機能・性能を保証するものではありません。

あらかじめご了承ください。靴屋

スポンサードリンク


山歩きにおすすめ ミズノ WAVE NAVIGATION

今回紹介するのは「山歩き」におすすめのミズノウォーキングシューズ。

「ウォーキングシューズ」と言うよりは「トレッキングシューズ」と言った方が良いかもしれません。「登山道」を想定して設計してあるようです。

ハードな山道にも対応できる機能性のあるシューズです。

注・まず、無いとは思いますがプロのクライマーなどが登る様な「登山」には専門店でそれ用の「登山靴」をお求めください。紹介したい「ミズノ」は一般の人が登れる登山の環境を想定してあります。

まずは、「険しい山道」・「一般の登山」などにおすすめのハードタイプ

ミズノ 【WAVE NAVIGATION】

登山道での動作解析結果をもとに、靴の底材(ソール)を設計してあります。

山道などのハードな環境でも体にやさしく、快適にウォーキングの出来る優れたクッション性と安定性を追求した靴です。

WAVE NAVIGATION
19KM150□□(56BR/YE 05GRY/OR)
サイズ:24.5~28.5cm
甲材:合成繊維・人工皮革・天然皮革
底材:ゴム底
ベトナム製
ゴアテックス・ファブリクス(防水仕様)
アーチサポートインソール
ワイドラスト

ウエーブナビゲーションの特徴 ソール

一番の特徴といえば「ソール(底材)」の 設計です。

登山道での上り下りの歩行時に足にかかる圧力や歩行の動作を解析してソールに反映させています。

アウトソール(靴底)
不整地での歩行に備え、前後だけでなく左右方向にもグリップが効く意匠(底材の模様・滑り止め)が配置してあります。不安定な路面への、多様な足のつき方、置き方に対応しています。

ミッドソール(ソール中間部分)
波型プレート「ミズノウエーブ」を搭載。

クッション性と、不安定な路面でもグラつかない安定性と適度な剛性を発揮します。

前足部は足の指を使いやすくする為に柔らかめに設計してあります。

底材はビブラムソールを使用

ウエーブナビゲーションの特徴 防水(ゴアテックス)

ゴアテックス・ファブリクス(防水)

GORE-TEX(ゴアテックス)の特徴である「防水透湿」とは、水を通さずに水蒸気を通過させる機能のことです。

ゴアテックス・ファブリクスは内部に微細な孔(あな)を無数に持つゴアテックス・メンブレンという膜を備えています。

それぞれの孔は、水滴よりはるかに小さい為、水が通ることはできません。

一方、水蒸気が通るには十分な大きさなので、雨などの水は通さず、汗の水蒸気は外に逃がすという、防水・透湿 機能を発揮します。

ゴアテックスを使用してある靴は、このゴアテックス・ファブリクスを、足を包み込むように靴の中に組み込んでいます。

雨の日に使用しても足を濡らすことなく、汗の水蒸気(ムレ)が靴の中に残りにくいため、足はいつでもドライで快適です。

注意点 その1
ゴアテックス・ファブリクスそのものは、一般的な使用において劣化することがほとんどないため、防水耐久性と透湿性は変化しません。

ただし、ソールやアッパーなど、靴そのものの劣化やコンディション次第では、その性能が十分に発揮されない場合があります。

注意点 その2
内蔵されているゴアテックス・ファブリクスに穴が開いた場合は防水耐久性は維持できなくなります。

靴に入った小石や砂利など、鋭利なものはゴアテックス・ファブリクスを傷つける可能性があるため、しっかりと振り落として(取り除く)ください。

ウエーブナビゲーションの特徴 TOE GUARD

TOE GUARDを配置し、痛めやすいつま先を保護するとともに、しっかり足指で踏ん張れる履き心地を確保。

つま先部分をガードする構造・パーツの総称です。

安全で快適な履き心地を追求しています。

スポンサードリンク


ミズノ(mizuno) RT35-M 06:ウォームグレー 男女兼用 登山 リュック ミズノ リュック 35L 中型ザック ザック バックパック トレッキング アウトドア リュック A3JA5011【50%OFF】【アウトレット】【あす楽対応】

アウトドアにおすすめ ミズノ WAVE ADVENTURE MD2

ウエーブアドベンチャーMD2
こちらは使用環境の設定を下げて「山道」から「アウトドア」になっています。それに伴い価格もリーズナブルに・・・

WAVE ADVENTURE MD2
(ウエーブアドベンチャーMD2)
19KM35055(ブラウン*オレンジ)
サイズ:22.5~27.5cm
UNISEX(男女兼用サイズ)
甲材:合成繊維・合成皮革
底材:ゴム底
ベトナム製
ゴアテックス・ファブリクス(防水)
ワイドフィット(EEE相当)

WAVE ADVENTURE MD2
(ウエーブアドベンチャーMD2)
19KM35108(チャコール*ピンク)
サイズ:22.5~25cm
(婦人用)

ウエーブナビゲーションと同じ様に、防水(ゴアテックス)・ミズノウエーブ・TOE GUARDは装備されています。

靴屋のおすすめ

私はこちらを使用していますが、個人的には「山道」でも十分対応できると思います。「ナビゲーション」と違うのは底材の「意匠」

「滑り」「足置き」に360度対応できるのは「ビブラムソール」使用のウエーブナビゲーションではあるが、ウエーブアドベンチャーMD2でも「山道」で滑ったりした事は無い。

底材はビブラムソールではなく、【X10ラバー】が使用してあります。「ビブラムソール」という「ブランド」がお好きな方には「ナビゲーション」をおすすめしますが、品質的にはX10のラバーも十分おすすめできる高品質のゴム材です。

耐久性もよく、粘りのある柔らかさがあるので履き心地が良い。

履き比べれば違いは判るのだろうが、一般的な観光登山であればアドベンチャーMD2の機能でも十分だと個人的には思います。

アドベンチャーMD2は他のミズノLDシリーズと比べても「ワイズ」「甲周り」のゆとりがしっかりと取ってある。

「ハイキング」「登山」などで使用する厚めの靴下などを想定していると思われますが、「ワイズ」が広い分足が靴先にむかって滑りやすいので足の「爪」があたらない様に注意!

サイズ選びも重要ですが、靴を履くときに靴紐の調整を十分にしてください。

以前、購入したティンバーランドの軽めのトレッキングシューズは履き心地は良かったけれど山に行く機会の減った半年ほどの放置で、底材が劣化してカステラのようにボロボロになった。ゴム材ではなく「PU(ポリウレタン)」材が使用してあったようだ。私も靴屋なので、PU材の劣化については熟知していたので注意はしたが、表記がなくゴム材の配合を多くしたパーツだったので見分けがつかなかった。使用頻度の少ない方は底材に使用してある材質の確認をおすすめします。【特に海外ブランド】

観光登山など軽快なトレッキングであれば

使用環境がそれほどハードではなく、足首周りのガードまで必要の無い場合はこちらのウエーブアドベンチャーGTがおすすめです。

ウエーブアドベンチャーGTの詳細はこちら


稚拙な文章にお付き合いいただきありがとうございます。掲載した文章はあくまで、紳士靴の販売に携わってきた一個人の感想と推察になります。知識不足による憶測も含まれていると思います。医学的な根拠に基づくものではありませんし、ミズノ製品の機能・性能を保証するものでもありません。あらかじめご了承下さい。一参考程度になれば幸いです。 御来訪 ありがとうございました。 靴屋

スポンサードリンク

タフなのに軽くてしなやか。


遊べるアウトドアウォーキングシューズ




ミズノ ウェーブガゼル 詳細はこちら