アサヒメディカルウォーク WK M002のご案内です。

前置

掲載文は一販売員(個人)の感想・推察と引用です。
アサヒメディカルウォークの機能・性能を保証するものではありません。

「SHM」機能は医療器具ではありません。

あらかじめご了承ください。靴屋


スポンサードリンク


アサヒメディカルウォーク「WKM002」の紹介です。

メディカルウォーク WK M002 4E
KV300□□ (42シルバー/41ブラック)
サイズ:24.0~28.0cm
アッパー:ポリエステル/人工皮革(パーカシオ)
ソール:PUダイレクト/ラバー
ヒール外寸:約3.5cm

日本製


第18回福岡デザインアワード優秀賞受賞対象商品

国産のメッシュ素材と靴底のクッション性が魅力の最新作

各種機能

[SHM]

1. ひざ関節を守る理想的な歩行をサポート
踵の着地時にスクリュー部のフィンが体重圧でたわみ、踏み込むと つま先をやや外側に回旋。

ひざに備わった回旋運動を補助し、正しい歩行を促します。

2. ひざへの衝撃を分散吸収しやすい構造
踵から着地する際、踵から伝わる衝撃はひざの負担になります「SHM機能」はゴムの弾力で衝撃を吸収。

さらに、スクリュー構造が体重圧を分散し、効率的に負担を軽減します。

3. ひざを安定させるももの内側の筋肉を有効活用
歩行時のひざを安定させ保護する役目を担うのは、ももの内側の筋肉(内側広筋)。
スクリューホームムーブメントを促すSHM機能は、ももの内側の筋肉を効率よく活動させ、正しい歩行へ導きます。

ラスト(靴の木型)
「フットグラファー」*により全国で採取した足型のデータを基に作られた4Eサイズの[フットグラファー・ラスト]を使用。

*フットグラファーとは
(アサヒコーポレーション独自の足型計測機)

ロック式ファスナー
握りやすい持ち手で開閉しやすく、着脱がスムーズ。

ファスナータブ(引き手)を前に倒せばファスナーをロックできて安全です。

また、フィット感を損なわずに歩けます。

リアフィットラスト
かかとの上部をしっかり絞り込み、下部は荷重で膨らむかかとをしっかり支持することで、足抜けしにくい形状です。

かかとの収まりが良い状態を作り出す。あくまでサイズ合わせがベストの状態での話しになります。

ミッドソール
衝撃吸収や屈曲性に優れたソフト成型。

シャンク(かかとの下辺りに内蔵されている。靴のゆがみを防ぐ)軽量・高反発・高強度の新素材「KaRVO」を使用。

足のアーチを支え、靴底の歪みを抑える役割を果たします。

ツインフレックス
靴底に刻まれた溝が屈曲の方向づけをすることで、日本人に多い外側に流れる歩行軌道を正しい方向へアシストします。

甲部分に使用してあるメッシュ材も特別性。

「糸・編みから開発された画期的な機能素材」





[スーパーダブルラッセル] 帝人(株)とセーレン(株)共同開発

帝人(株)の高強力繊維「パズモ」を使用し、福井市にあるセーレン(株)生産工場の特殊編機で編まれた特殊なメッシュ材。

おもて面はジャガード織りでファッション性を、裏面は細かく編んで足当たりを良くし、その表裏を接結糸でつないだ4ミリ厚の3層一体成型なので、長時間はいても変わらずソフトで軽く通気性に優れている。

ウォーキングシューズに求められる破れや摩耗にも強い特徴を兼ね備えた素材です。

「パズモ」 
一般のポリエステルと比べ分子構造から強化した新素材。
レギュラーポリエステルの1.5倍の強度。

靴屋が履いてみました。

類似した作りの10周年記念モデルWK M001があるので履き比べてみました。

記念モデルWK M001はリスフランサポート&リアフィットラストが使用してあるので、安定感はWK M001の方が良い気がする。

柔らかさの点から言うと、WK M002の方が柔らかい。

甲部分の材質の違いもあるとは思うが、運動靴に近い感覚で気楽に履けるのはWK M002

履き心地はかなり柔らかい。従来の2944やMFになれている方だと逆に頼りないかもしれないが、スポーツとしてのウォーキングをするには適度な柔らかさだと思う。

この柔らかさと屈曲性であれば「スッ・スッ・スッ」といったリズミカルな動きにも十分対応できる。

メッシュ材も良く見るとかなり細かく編み込まれているので、耐久性・柔軟性ともに十分 さすが「日本製!」

通気性は十分ですが、防水対策がされていないので雨の日にはそれなりの対策が必要。
(防水スプレーなど)

底材の屈曲性も今までの安定性重視の良質だけど硬いタイプの靴から運動性の良い柔らかい靴になっている。

底材の屈曲性に関しては、「10周年モデル」のWK M001より曲がりが良い。

底材の材質より「底の張替えの出来る構造」「リスフランサポート」などの構造体のあるなしの違いだと思う。

靴屋が見るかぎり、安定性と強度は若干落ちている様に思いますが、ウォーキング目的の方にはWKM002が運動性が良いのでおススメしやすい。

注意というか一言付け加えたいのが、靴の中の構造が簡素化されていることと、革材の代わりにメッシュ材を使用しているので、足と靴をフィットさせる力が他に比べ弱く感じたこと。

WKM002は中の空間が他に比べ大きいので、足幅のある方には良いが、足幅の細めの人は長さをあわせると幅に遊びが出やすい。

どちらか迷ったときは長さを優先させてください。

幅の遊びは紐で調整出来ますが、爪があたると歩けません。

スポンサードリンク





メタリック加工レザーのお手入れ方法


WKM002は、色としても特別なシルバーが発売されています。

スムース革の表面にメタリック加工(金属粉+ラッカーコーティング)を施した革をメタリックレザーと呼ぶのですが、WK M002は人工皮革になります。

靴クリームに含まれる栄養剤等は意味が無いかもしれませんが、補色やキズのぼかしは出来ると思うので、記載しておきます。

本革を使用したメタリックレザーは、柔らかい布で靴全体のホコリを落とし、デリケートタイプのクリーナーで強くこすらずに汚れを取った後、同じくデリケートタイプのクリームで磨きます。

基本コーティングなので擦ったり、引っ掛けたりで剥がれた場合は修正できません。

防水スプレーなどを使用して汚れないようにする事、こまめな手入れがおすすめです。

スポンサードリンク

磨きのプロが創り上げた靴クリーム(メタリック6色)COLUMBUS コロンブスBoot Black SILVER LINE(日本製)靴 シューズ



M.モウブレイ「デリケートクリーム」定番革用クリーム M.Mowbray Mモウブレイ シューケア靴クリーム ソフトなスムースレザー用 栄養と潤いを補給 革を柔らかく 靴クリーム 革製品に使える モウブレイ モウブレー mmowbray mモウブレイ モゥブレイ エムモウブレイ

靴屋の感想

履き心地を試したかぎりでは、運動性が良くなっている。

今までが悪い訳ではなく、運動の質の違いと思ってください。

ウォーキングシューズを探しているかたの使用目的・使用するシーンを色々と聞くと適合するのは「運動靴」であって「登山靴」ではない。

しかも、年配の方が多いので足の状態をみても、「軽さ」と「柔らかさ」がある程度必要な方が多い。

日本製のメディカルウォークは作りが良すぎる。

しっかりと作ってあるので、どうしても硬さと重さの点でお勧めが限られる所はあった。

WK M002は少し重いが柔軟性・屈曲性がよく、スポーツメーカーのウォーキングシューズと比べても運動性の面では、ほぼ問題ないと思う。

[SHM]機能について一言

[SHM]の機能に足を慣らす期間が必要。

[SHM]の機能自体はとても優れたものだと思いますが、サポートとは言え足に多少の負荷がかかるのは間違いありません。

先々、足に良い結果をもたらす負荷であっても、過度にいきなりは足に良くない。

機能自体が足に合っているかも含めて、2,3日は30分ぐらいのウォーキングにセーブして、運動性を見極めた方が良いと思います。

スポンサードリンク

アサヒメディカルウォーク


スポンサードリンク



稚拙な文章にお付き合いいただきありがとうございます。掲載した文章はあくまで、紳士靴の販売に携わってきた一個人の感想と推察になります。知識不足による憶測も含まれていると思います。医学的な根拠に基づくものではありませんし、アサヒメディカルウォークの機能・性能を保証するものでもありません。あらかじめご了承下さい。一参考程度になれば幸いです 御来訪 ありがとうございました。 靴屋

おすすめポイントサイト

☆ ★ ☆ お小遣いサイト モッピー ☆ ★ ☆ 

累計600万人が利用しているポイントサイト!

★タダでお小遣いが貯められるコンテンツが充実★
貯めたポイントはAmazonギフトやiTunesギフト、
Webmoney、現金等に交換できちゃう♪

なんと、モッピーを通じて
\月間50万円以上/ 獲得している方も♪


詳しくはこちらから↓


モッピー!お金がたまるポイントサイト