【FXのお役立ち情報をご紹介しています!】

FXを始める前のこと

私は、20年くらい前に、社会人になって最初に入社した会社を辞めて、株と競馬で食っていくことにしました。営業職が性に合わなかったこともあり、東証2部上場の会社ではありましたが、思い切って辞めました。実は、株と競馬で生きてゆくというのは自分に対する言い訳で、本当は仕事が嫌になって辞めたんです。逃げ出しました。仕事が嫌で嫌で気が変になりそうでした。

当時、私はパソコンを買ったころだったのでインターネットの可能性について、とても期待していました。ネットサーフィンをしていると、いろいろなお金儲けの方法が紹介されていて、何とかなりそうだと思いました。競馬のネット投票、株式のパソコンを使ったデイトレード、動物占いなどが有名になった、サイトを作って稼ぐ方法などがあって、それらを始めました。

競馬は、電話投票の会員になれました。競馬場に行かなくても馬券が買えるなんて夢のようでしたが、競馬で稼ぐ力がなかったため、ただただ夢馬券を買ってハズレて意気消沈する週末を過ごしました。赤字です。

株は、ナスダックとパソコンを直結して取引する”DDT”?とか何とかいう講習会(無料)に行ってみたりして勉強しました。酒田五法、グランビルの法則、サイコロジカル。デイトレーダーになるために大和証券の口座を開設し、始めた株取引でした。最初はバイアンドホールド手法で、成長が見込める成長株を買って上がるのを待つ戦法でした、が、その後、今思えばデイトレードというより、株のスキャルピングにも挑戦しました。朝の9時、取引開始時間に急騰している株を慌てて大急ぎで買い、すぐに売り抜ける手法で、少し儲かったような記憶がありますが、なにせ慌ただしく、精神的にきつくて続きませんでした。

一番稼げたのは、サイトやブログを作ってのアフィリエイトでした。しかし、稼げたといっても最高で月10万もいかなかったので、食べてゆくには少なすぎて話になりません。

仕方なく、当時自分が大好きだった車の運転を仕事にすることにし今に至ります。