独立系MVNOの巨人

IIJmio

IIJmio(あいあいじーみお)
株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)が運営するMVNO。
docomo系SIMM

 IIJmio(あいあいじーみお)

基本となるデータSIMのみの「データ通信プラン」は3種類。
オプションとなる音声通話プラン【mio(ミオ)フォン】はそれぞれプラス700円。(音声通話プランのみの使用は不可)

料金プラン

この比較表は当サイト管理人の基準で比較したものです。

通信 通話 合計
ミニマムスタートプラン 900円 700円 1,600円
ライトスタートプラン 1,520円 700円 2,220円
ファミリーシェアプラン 2,560円 700円 3,260円

プラン詳細

この比較表は当サイト管理人の基準で比較したものです。

ミニマム ライト ファミリー
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円
データ容量 3GB 5GB 10GB
通話料金 20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒
高速通信 下り最大 300Mbps 上り最大 50Mbps 下り最大 300Mbps 上り最大 50Mbps 下り最大 300Mbps 上り最大 50Mbps
低速通信 最大200Kbps 最大200Kbps 最大200Kbps
追加クーポン 200円/100MB 200円/100MB 200円/100MB
SIMカード枚数 1枚 1枚 最大10枚
SMS 140円 140円 140円
※料金は全て税抜
※音声プランのみの利用は不可。
※SMSオプションはデータ通信プランのみ選択可。音声SIMの場合は音声通話利用料に含まれている。

違約金


違約金は(12ヶ月ー利用開始月を0ヶ月とした利用月数)×1,000円。

MNP転出手数料


3,000円

プランの特徴

MVNOの老舗らしく「ザ・王道」と言ったところ。他社と比較してもちょうど中間に位置する。
スマホのプラン=複雑との認識が固定化する現在において、シンプルなプランは大いに評価するに値する。

10GB


ひとつ特記すべきとすれば、10ギガまで分け合えるファミリーシェアプラン。最大10枚のSIM発行が可能。(契約時に申し込みが可能なのは3枚まで)

スマホやタブレットの複数台持ちや、家族でのシェアなど、うまく使えばかなりお得。

その他


有料だが留守番電話・キャッチホンサービスなどひと通りのオプション有り。

余ったデータ通信量は翌月に繰り越し可能。

3日あたり366MBを超えると通信制限がかかる場合がある。

使用状況の確認や低速モード(200kbps)へ切り替え可能なアプリ有り。

ハンドルクーポン(高速通信)を使い切った後や、高速通信をOFFにした場合は、低速通信モードに切り替わる。

プラン変更可能。

設備環境

言わずと知れたMVNOを代表する企業。

mioフォン

特徴は何と言っても良好な通信設備。借りているdocomoの通信設備と自社の通信設備を組み合わせ、業界随一の安定した通信環境を誇る。

しかし最近は昼の時間帯など、トラッフィクの増える時間は通信が遅くなるなど、100万人を超えるユーザーにうまく対処できていない。

ある平均的なレベルのサービスや安心・満足は与えられても、もはや圧倒的なサービスを提供するのは難しい局面に入ったのかもしれない。

私も数年間IIJmioを使用しているが、もはや多くのことは期待しなくなった。多少の妥協と諦めをもって付き合うことが求められる。

もちろんIIJがMVNOの優れたいち企業であることに変わりはなく、迷ったら選択してみるのは悪くないと思う。

サポート

全国のビックカメラ内のBIC SIMカウンター、イオンにあるSIMカウンターで新規・MNP共にSIMの即日発行が可能。新規は勿論MNPにも対応している。

また、上記の店が家の近くにない場合もSIMが自宅等に到着後、任意のタイミングでMNPが出来る「おうちでナンバーポータビリティ」にも対応したことで、MNPで携帯が使えなくなる期間は皆無となった。