手厚いサポートが売りの小売の雄!

イオンモバイル

イオンモバイル(いおんもばいる)
イオン株式会社が運営するMVNO。
docomo系

イオンモバイル(いおんもばいる

基本となるデータSIMのみの「データ通信プラン」は10種類。
オプションとなる音声通話プランはそれぞれプラス500円~1,000円程度(音声通話プランのみの使用は不可)
個人用のプランとシェア用のプランが用意されているのも大きな特徴

シンプルコース料金

この比較表は当サイト管理人の基準で比較したものです。

通信 通話 合計
0.5GB 無し 1,180円 1,180円
1GB 480円 800円 1,280円
2GB 780円 600円 1,380円
4GB 980円 600円 1,580円
6GB 1,480円 500円 1,980円
8GB 1,980円 700円 2,680円
12GB 2,680円 600円 3,280円
20GB 4,980円 1,000円 5,980円
30GB 6,980円 1,000円 7,980円
40GB 9,980円 1,000円 10,800円
50GB 13,800円 1,000円 14,800円

シェアコース料金

この比較表は当サイト管理人の基準で比較したものです。

料金
4GB 1,780円
6GB 2,280円
8GB 2,908円
12GB 3,580円
20GB 6,280円
30GB 8,280円
40GB 11,100円
50GB 15,100円

シェアコース

発行可能なSIMカードは3枚(初期セットは音声1枚・データ2枚)
1枚700円でデータSIMを音声SIMに変更可能

全プラン共通仕様

この比較表は当サイト管理人の基準で比較したものです。

初期費用 3,000円
データ容量 0.5GB~50GB(プラン名に同じ)
通話料金 20円/30秒
高速通信 下り最大300Mbps  上り最大50Mbps
低速通信 最大200kbps
追加クーポン 480円/1GB
SIMカード枚数 シンプルコース1枚・シェアコース最大3枚
SMSオプション 140円
※料金は全て税抜
※途中でのプラン変更可能
※SMSオプションはデータ通信プランのみ選択可。音声SIMの場合は音声通話利用料に含まれている。

違約金


180日以内のMNPは音声SIM1枚に対して5,000円(転出手数料と合わせて8,000円)

MNP転出手数料


MNP転出手数料3,000円

設備・環境

ショッピングモールでお馴染みのイオンが提供するMVNO。

イオンといえば格安SIMの店頭カウンターを設置し、日本通信製SIMを扱うなど、いち早くMVNO市場に参入してきた企業として有名。

多数のMVNOを扱ってきたが、満を持して自らサービスのサプライヤーとして参入した。

全国展開する数多くの実店舗と、家計を握る主婦との良好な関係を活かして、急拡大中のMVNO。

設備はドコモとIIJの強力タッグから借り受けており、通信環境も申し分ない。

プランの特徴

何と言っても豊富なプラン数。プラン数やシェアプランなど、ラインナップや戦略はDMM mobileと非常に近い。

スマホ端末


スマホの端末は総じて高め。「近所のスーパーで実機に触って買える」強みを、価格に反映させた感は否めない。

どこまでを高いと見るかは人それぞれだが、価格だけを見れば競争力は意外に低い。

その他


有料だがキャッチホンや留守番電話などのサービスは一通り完備。

サポート

全国のイオンで対応可能。

ただしご存知のとおり、店によって出来ることがバラバラ、店頭での相次ぐ不手際、ネット上でのシステム障害など、MVNO取り扱いの老舗とは思えないドタバタ劇を展開し、謝罪にまで追い込まれたイオン。

一時期ほどではないにせよ、磐石とは程遠いのも確か。

見切り発車で店頭に行くのではなく、自分の家の近くの店舗が契約に際してはもちろん、アフターサービスも含めて、どの程度対応能力があるのかをしっかり見極めてから、契約することが大切。