メダカの冬対策

メダカの冬対策していますか?

先日パワー不足だった水槽のエアポンプを買いにホームセンターに足を運びました。そしたら、アクアエリアの一部がメダカの冬対策コーナーになっていました。

今はいろいろなグッズがありますね。メダカは外でも越冬できるといわれていますが、水が凍ってしまうような状態ではどうしても落ちてしまいます。春に元気な姿を見れるように、外でメダカを飼育している方におすすめのグッズをご紹介します。

容器は発泡スチロールがおすすめ



冬でメダカを越冬させる場合、容器は外気の影響を受けにくい発泡スチロールがおすすめです。なるべく外の気温の影響が少ないように、肉厚で大きめのものがおすすめです。また、地面から冷えがくるので、我が家の場合は、発泡スチロールの蓋を下にしいて上に置いていました。

今は色合いが石っぽいおしゃれなものも販売されています。発泡スチロールは水温の変化に弱いメダカにはぴったりな素材なのですが、耐用年数はそんなに長くありません。水の減りなどが早い場合はどこかに穴が開いている可能性があります。定期的にチェンジをして上げてください。

また、今飼っているメダカを新しい容器に移す場合は、冬が本格的に始まる前までに。容器を変えるとせっかく容器についているバクテリアがいなくなってしまうので、バクテリアの働きが弱くなる冬はそっとしておいてあげましょう。

楽天で「メダカの発泡スチロール容器」を探す

Amazonで「メダカの発泡スチロール容器」を探す

温室で冷えをシャットアウト



冷たい風にさらされたりすることなく、太陽の熱を保てるビニール温室。自分でゴミ袋と棒などを駆使して自作することもできます。ただ、器用な人ならきれいに作れますが、普通はなかなかきれいに作れなかったり、風で飛ばされそうになったりしてしまうことがあります。

ただ、今はメダカ用のビニール温室は販売されています。これなら簡単にきれいなビニール温室が設置できます。日中の太陽の暖かさをキープしてくれるので、冬の間もメダカの水温が下がらないように頑張ってくれます。

もしもメダカが寒そうか不安な場合は、温室を使ってあげるのがおすすめです。

楽天で「メダカの温室」を検索

Amazonで「メダカの温室」を検索

外飼いメダカは強くなる

最初はメダカを外で発泡スチロールの容器に入れて飼育していましたが、容器をリセットするときに水槽に移してから、自然と家飼いに移ってしまいました。しかし、やっぱり外で飼っていた時の方がメダカが図太く健康な気がします。

寒い冬を超えることが出来るかどうかは不安ですが、温かい春が来たらまた元気な姿を見ることが出来ます。冬支度をしっかりして春を待ちましょう!

■スポンサーリンク