システムトレードで成功するためのポイント

よし!
システムトレードの良い所も悪い所もわかったぞ。
始めるタイミングと損切りをしっかり、ある程度は
やり続ければいいんだな。
いつ始めようかな?

始めるなら今でしょ!

それ古くね?

開始する準備は今でもできるでしょ。
証券会社に取引口座作るのなんて無料でできるし、
ここだ!ってタイミングが現れてから口座作ってたんじゃ
遅いのよ!
あっちは早いくせに!

ガ~~ン

システムトレード成功へのポイント

システムトレードを取り入れれば、誰でも
簡単にFXなどの取引ができため、初心者から
経験豊富な人まで多くの投資家が利用しています。

利用することで大成功をおさめている人がいる
一方で、失敗を繰り返す投資家も大変多く
存在します。

成功ポイントを簡単にあげると、5つの要素が
存在します。

1、取引のタイミングのはかりかた
市場の動きを見極めて、適切なタイミングで
取引をするのが基本です。

2、利益の確定と損切りのタイミング
大きな利益を逃すだけでなく、資産が激減する
リスクが高まります。

3、資金の多さ
レバレッジが利用できるとはいえ、ある程度の
資金力がなければ始まりません。攻めと守りを
繰り返しつつ、一定量を用意できる資金力を
用意できれば安心です。

4、ある程度の期間は運用を続ける
負けばかりが続いていると弱気になりがちですが、
それでも最低限の取引を続ける期間を明確に
決めておくようにしましょう。
こうすることで、曖昧な判断を避けることができ、
自分のスタイルを確立することができます。

5、ドローダウンをどこまで許すかを決める
ドローダウンは資産の下落率を指す言葉です。
この割合がどこまで落ち込んだ時に損切りを
するのかをはっきり決めることで、資産を
大幅に失ってしまうリスクを回避しやすくなります。

失敗を繰り返さないためにも、成功のポイントを
理解して、改めてシステムトレードを
活用したいところです。

難しい条件ではありません

これらは特別な手段ではなく、FXでも
株式でも、投資を行う上では基本的な
ポイントです。

これを身につけなければ、高機能な
システムトレードを使ったとしても
失敗を繰り返してしまいます。

難しい事は言っていません、もっと簡単にすると

1、取引のタイミングのはかりかた
上昇トレンドなのに売りしかできないシステムは
使うな。

2、利益の確定と損切りのタイミング
市場に怪しい雰囲気があったりしたら手動決済
してしまえ。

3、資金の多さ
運用資金に合った配分で運用しなさい。
資金の集中ご法度。

4、ある程度の期間は運用を続ける
勝つ時もあるし負ける時もあるので、気長に
様子を見守ってみましょう。

5、ドローダウンをどこまで許すかを決める
損失を大きくしないように、損切ラインを決めておく。

システムトレードでは取引ルールを決める
ことができますが、あまりにも厳格に設定し
過大評価しすぎると、市場の動きにうまく
対応できなくなったり、失敗の理由が判明
しづらくなります。

その取引ルールに統計的な根拠がなければ、
効率の悪い取引を繰り返すだけで終わる
恐れがあります。