株とFXって何が違うの?

博士~。 今の政治家って自分の貯金増やすのに精一杯で
全然日本のために頑張らないじゃん。
自分の老後に備えてお小遣い増やしたいんだけど、
株とかFX教えてよ。

おいおい。彼らだって国民より自分が大事なんだから
見て見ぬ振りをするんじゃ。
税金を使って豪遊したいなら政治家になればいいじゃろ。
しかし、お小遣いを増やしたいというのは賛成じゃ。

株もFXもよく「主婦が○億円脱税した」ってニュース
流れるじゃん。
プロじゃなくてもそんなに儲かるの?

基本、どちらも安く買って高くなったら売るということを
すればいいだけじゃから、使うお金が大きければ簡単に
何億って儲かるんじゃ。
パチンコのように1日勝っても20万、負けても20万とか、
競馬みたいに大金を賭ければ倍率が下がるということも
ないしな。

株もFXも安く買って、高く売れば儲けれるのか。
そんなの簡単じゃん!
この前のテストの時、消しゴム無くした友達に100円で
買った消しゴムの半分、500円で売ったぜ。

(・・・案外、政治家になれるかもしれんな)
よいか、株式は企業が発行する株券の売買をするのに対して、
FXは国の通貨を売買するんじゃ。
誰でも安く買って高く売る事ができればいいのじゃが、実際それができてるのはごく一部の投資家だけなんじゃよ。 未来は予測できんからの~。

株とFXのいい所教えてよ~。

株を買うということは企業の経営に参加することになるんじゃ。
だから企業が利益を出せば配当が貰えるし、株主優待と
言って自社製品やサービス券を株主にプレゼントする
企業もあるんじゃ。

じゃぁFXは?

FXの場合、経営に参加というのは無いが、金利が高い国の通貨を買えば、その分スワップポイントという利息みたいなものが
貰えるんじゃ。
日本と比べると外国には金利の高い国がいっぱいあるから、
円を売って金利の高い国の通貨を買っていれば銀行に
預けるより1000倍以上利息が貰えるんじゃよ。

政治家に立候補できるまで何年もかかるし、人を騙す
テクニックは政治家から習うとして、とりあえず
投資から始めてみようかな。

この前儲けた半分の200円よこしなさい。
ポケットに入ってた消しゴムあげるから。

株とFXでは投資対象が違う




株とFXの違いは投資をする対象が違います
企業に投資し、 FX通貨に投資をします
FXは正式名称「Foreing Exchange」、日本語では
外国為替証拠金取引
といいます。


どちらも、「安く買って高く売る」「高く売って
安く買う」という取引の差額で収益を得ます。

上記以外にも、株式では配当、FXではスワップ
ポイントという、保有しているだけで発生する
利益もあり、長期保有する方はこちらを重視して
売買しています。

株とFXでは投資対象数が違う

株式の場合、東京や大阪の証券市場に登録されている
4000社以上の中から投資対象となる企業を選び、
株式を購入して価格の変動を期待します。

FXの場合、国と国との通貨の組み合わせになるので
投資対象となる組み合わせは約50種類程です。
選択した通貨の価格差の変動により利益を狙います。


株式は、4000社の中から投資対象を見つけないと
いけませんが、心配性の人はローリスク・ローリターンで
赤字や倒産の危険が少ない優良企業が投資対象となりますし、
ハイリスク・ハイリターンで、資金を増やしたいという
人はバイオ関連を中・長期保有してもいいでしょう。
慣れてくると、自然と監視対象が絞られてきます。

FXは投資対象が約50種類と、株式と比べて少ないです。
メジャーな通貨の組み合わせに限定するなら、組み合わせは
半分程度になり、身近な日本円との組み合わせで取引を
したいというなら、更に少なく6、7種類になります。
ここで言うメジャーな通貨とは、アメリカドル、
オーストラリアドル、ニュージーランドドル、ユーロ、
ポンドあたりでしょうか。これらは活発に取引されています。
トルコリラ、ランドもスワップポイント狙いの方に人気です。

その中でも好みの通貨、2~3種類をメインで取引する
ことになると思うので、値動きを把握しやすいのは
株式より断然FXの方です。


株式投資とFX投資の魅力


株式投資だと、一年で100倍になる場合もあります。
例えば癌の特効薬なんかが発売されたとすれば、
100倍どころの話ではなくなるでしょう。

FXの場合、預けたお金の25倍まで通貨を購入
できます(レバレッジ)ので、うまく利用すれば
株式に負けない運用結果が出せます。

10万円を預けると250万円まで購入できるので
1ドル100円だった場合、2万ドルは買えます。
100円→101円になったので決済すると
1ドルにつき1円増えたのですから、2万ドルでは
2万円の利益が出ます。
1日内でも1円程度の変動は発生しますから、
10万円の資金が短時間で20%も増加できます。

「10万円が12万円」これを読んで、「オレなら
パチンコで15万に増やせるぜ」などと考えた方、
投資には向いてません。
100万円なら20万円の利益、1000万円なら
200万円、1億円なら2000万円の利益が出ます。
10万円を12万円にするのと同じ事を1億円で
したとすれば1億2000万円になります。
運用資金の大きさに関係なく、資産運用できるのも
FXの魅力です。

株は100株、1000株など決まった単位毎しか
購入できないので、500円の株が1000株単位
だったとすれば、50万円持っていないと欲しい株を
購入できません。
FXだとどの証券会社も1000通貨から購入可能です。
アメリカドル/円だと、1ドル100円の場合、
4万円程度入金すれば1000ドルが購入可能です。
証券会社によっては1通貨から取引可能と
なっている場合もあり、勉強も兼ねて少額から
始められるのはFXです。

取引時間も違います。
時間については別ページにて解説します。

まとめ

株式投資でもFX投資でも投資先の価値が
上下しますから、これらの価格の上下を
利用して利益
を狙います。

投資対象が企業4000社と通貨のペア50種類と
違いがありますが、上がりそう、下がりそうという
価格の変動を見極め投資するのはどちらも一緒です。

市場が開いている時間に違いがあるり、当然
監視できる時間帯に取引した方が有利です。

投資するのに必要な最低資金はFXの方が
低いので、株に比べて敷居が低いと言えます。



銀行に預けていても利息は無いも同様です。
値上がりする土地というのも難しいでしょう。
アパートなどは時間と共に資産価値は低くなります。

投資信託といった資産運用のプロに任せる方法も
ありますが、元本を保証するものではありませんし、
成功報酬を引かれるので勿体ないです。

少ない投資金額からでも始められて、自分の力で
資産運用でき、1年で10倍100倍の資産倍増も
狙えるのが株やFXの魅力です。

「株式投資」と「FX投資」比較表

この比較表は当サイト管理人の基準で比較したものです。

FX投資 株式投資
対象 各国通貨 上場企業
対象数 約50通貨ペア 4000以上
取引時間 月曜朝~土曜朝まで通し 平日9~15時
購入可能金額 25倍 1倍(信用取引で3倍)
新規注文 買いと売り 買い(売りをするには信用取引の申し込みが必要)
運用資金 少額から可(証券会社によっては1通貨から取引可能) 多めに必要(証券会社によっては単位株以下で購入可能だが、資金量が少ないと投資対象が限定される)
値動き以外の損益 通貨ペアの金利差でスワップポイントが発生 年1,2回の配当や株主優待