背中ニキビを治す方法

背中ニキビを治す入浴と洗顔方法

なぜ背中にニキビができるのか?その原因



背中ニキビもひどいものになると痛くて、掻き毟りたくなります。

体の中でもその中心部(背部、腹部、胸部)は皮脂腺が多く、ニキビができやすいといわれています。





ニキビは、過剰な皮脂と、毛穴周辺の過剰な角片、皮膚表面のアクネ菌などの細菌が原因で生じる毛穴周辺の炎症です。
皮脂の分泌量は、男性ホルモンの働きと密接に関係しています。

思春期になって男性ホルモンの分泌量が多くなると、皮脂腺から分泌される皮脂が多くなります。

また、女性では、生理前などホルモンのバランスがくずれたときに皮脂の量が多くなり、

十分に排出しきれなくなります。毛穴のまわりは、内側にたまった皮脂や皮脂の分解物の刺激で角化が促進され、

角層が厚くなるので、ますます排出されにくくなります。そして、排出しきれなかった皮脂と角片が混じりあって、毛穴が詰まります。

そして過剰な皮脂をエサにしてアクネ菌が増殖し、炎症をおこします。



背中にニキビのおもな原因



背中ニキビの原因は
・寝汗
・洗濯洗剤、柔軟剤
・日焼け
・食生活
・乾燥肌
・ストレス
・シャンプー
など原因はさまざまです。

背中のニキビの治し方



背中のニキビの治し方は、
◎ 常に清潔にする
◎ 風呂上りなど保湿をしっかりする
上記2点が基本です。

お風呂の際に背中をキレイに洗っている人は多いのですが、
そのあとのケアをしていない人が多いようなので、しっかりケアすることをおススメします。
特にお風呂ではシャンプーが背中に流れていかないようにして
体を髪より後に洗うようにしてください。

背中ニキビを予防する洗顔方法


皮脂腺が多くニキビができやすい背中は他の部位よりも丁寧に洗うようにしてください。洗う際には、顔と同様に、洗浄剤をよく泡立てて、ゴシゴシとこすらないようやさしく洗います。手が届きにくいようなら、おうちの人に背中を洗ってもらうようにしてもいいですね。
背中のあたる下着は清潔に保ち、油っこい食べ物や甘い物は控える、規則正しい生活をする、といったことにも気をつけてみてください。また、手で掻いているとのことですが、ニキビを傷つけてしまいますので、つらいでしょうがやはり掻かないように注意してください。


ベタつくTゾーンから洗う
→1番 脂っぽい場所から洗うのが◎


マッサージしながら洗う
→泡でやさしくなでるように 指でマッサージ


ぬるま湯でやさしく洗う
→最低でも20回は すすごう