主婦にこっそり教えたい・・・レタスが長持ちする超簡単な方法とは


レタスは新鮮で瑞々しいほど、美味しいですよね。
でも冷蔵庫で保存していても、日に日に葉や茎が赤くなってしまいます。
葉っぱも しなしなに・・・・

それを食い止め、新鮮さが長持ちする
驚くほど超簡単な方法があるんです。



○それはつま楊枝を茎に差し込むだけ!



○3本 奥までぐりぐりと入れて仕込むだけ!

たったこれだけで5日以上は
葉っぱの新鮮さをキープ出来ちゃいます。

切り取られた茎が葉っぱから栄養素を吸収するので、
葉がしおれてくるのですが、その働きを防止する役目を
つま楊枝がしてくれるのです。


○赤くなっても害はなく食べられる

茎や葉が切り取られた時に 切り口が空気に触れ
ポリフェノール鉄分が酸化して赤くなります。
一見痛んでるように見えますが、食べても害はないそうです!

人が怪我しても自身で自然に治るのと同じ様に、
レタスも色素を変化させて作用しているのです


○さらにおいしくレタスを食べましょう

できるだけ傷つけないよう、包丁の鉄分使用も避け、
葉は一枚一枚はがし、手でちぎって優しく扱いましょう。
食べる前に、水かぬるま湯にさらすとパリッとして 瑞々しく食べられます。

レタスには、鎮静 睡眠誘導リラックス効果があります。
体に優しいお野菜ですね♪
少しでも新鮮においしく頂き 元気に健康になりましょ!


パラダイスニュースをEnykeyがお届けしました♪


QLOOKアクセス解析
QLOOKアクセス解析