DIYでよりシンプルに窓を飾る

直接窓枠に布を張るという方法

開け閉めすることがほとんどない、採光にもそれほどこだわらない。そして二重窓でカーテンやロールスクリーンが取り付けにくいなどの条件の窓に、遮光性と装飾性を持たせたいと思いDIYに挑戦してみた。





用意したものは、両面テープ、はさみ、布のみ。
両面テープはホームセンターやコンビニに行っても売っている。気を付けたいのは万が一失敗したり、剥がしたくなったとき剥がせなくなることがあるのではないかということ。ホームセンターでは‘強力’から‘剥がし易い’までの両面テープの種類が揃っていた。また、剥がした跡も残らないようにできる剥がし剤もある。





また、布が着きにくい場合は、窓枠側は剥がし易いテープを貼り、その上から強力のテープを2重に貼ることも出来るのではないかと思う。

作業はそれほど難しくないので、後は窓に合わせて布を切断。両面テープで貼っていくだけ。好みの布を買って来て着せ替えも出来るのかな。


初めての事なので、今後、自然に剥がれていってしまわないか、跡が残らないか、湿気やカビなどどうなるか少し心配。



やってみての感想は、窓の木枠が強調されてグッド!布の柄も涼しげでよく、当初目指した‘シンプル’にも満足。今回の布だけではなく、直接窓ガラスに貼るガラスフィルムというものもあるので、試してみると面白いかも知れない。