自宅で人間ドックを!

18種類の病気を、自宅でチェック!
















・自宅でできる人間ドック「おうちでドック」メディアにも多数取り上げられています!
「おうちでドック」は、自宅で数滴の血液と尿を検査して、がんや生活習慣病を調べることができる郵送型検査キットです。

ココが優れもの!
・日本初(※)、自宅でできる「血液」「尿」検査で「がん」「生活習慣病」のリスクがわかり、結果は医師から個別に解説が聞ける検査キットサービスです。
※血液と尿がキット~検査結果迄ワンパッケージ化されている点、医師から結果が個別に電話で聞ける点

 病気の早期発見に役立つ「血液検査」と「尿検査」が郵送だけで可能となる。
この検査では、がん、糖尿病、動脈硬化など18種類の疾病が発見できるとが、ひとつの検査キットで血液検査と尿検査のキットおよび医師の詳細説明が一つのパッケージとなったものが日本初となる。

ココが優れもの!
2週間以内で返送されてくる検査結果について、検査後のフォローは病院での人間ドックと遜色がない。
検査結果表は検査項目の羅列ではなく、疾病リスクを評価、女性医師が電話で個別に無料で結果説明をする。
 仮にこのキットを利用してがん陽性反応が出た場合、病院でがん確定診断が必要となるため、セカンドオピニオン相談を無料で受診できる。
 ある統計では、がん検診を「2年以内に受診した」者の割合は52.6%と、検診受診率が低い。
受けない理由は「受ける時間がない(30.6%)」「費用が負担(15.9%)」などであった。
 さらに、がんの5年生存率に目を移すと、ステージⅠで発見・対策ができれば、生存率は9割を超える。
また、受診者と未受診者とで年間医療費を比較すると、40万円も差異が発生するといわれる。

ココが優れもの!
 使い方は簡単。自宅で少量の血液と尿を採取しポストに投函するだけ。血液検査は約10分、尿検査は3分程度の時間しか必要としない。
使い方はイラストつきの説明書があるので誰でもわかりやすい。

●血液検査~所要時間 約10分
※まずは準備。石鹸を使い手をよく洗います。手が温まり血流がよくなり血液を採取しやすくなるため、
お湯を使い30秒程度かけて洗いましょう。
③血液をろ過して、蓋を密閉します。あとは、検査後のゴミも一緒に封筒に入れて送るだけです。
がん用、生活習慣病用で、2度の検査を行います。

尿検査所要時間~約3分 
※尿検査では朝起きて最初の尿が必要です。起床後すぐに実施してください
①尿を尿カップに採取します。
最初の尿はカップにいれず中間尿をカップに入れます。
②真空採尿管を刺して尿を吸い上げます。真空再尿管のためまったく手を汚すことがありません。
③尿の採取完了!あとは封筒に入れて送るだけです。

2週間後、検査結果が自宅に届く。この手順に失敗しても、キットは無料で再送されてくるので心配無用だ。

お申し込みはこちら!
↓     ↓     ↓