VOD(Video On Demand)のお役立ちサイトです!

おすすめのVOD(Video On Demand)徹底比較‐料金は?キャンペーンは?新作情報など耳寄り情報!

VODとは?


VODとはVideo On Demand(ビデオ・オン・デマンド)の略で、
「オン・デマンド」は、
「需要に応じて、または必要になった時だけ、行うこと」という意味の英語になり、

つまり、
「好きなときに、好きな場所で、手軽に映像コンテンツが楽しめるサービス」のことを指します。


これまでは、映画を中心とした映像コンテンツを見る場合、レンタルショップに行き、DVDをレンタルしてきて、DVDプレーヤーを使い視聴するというのが一般的なスタイルでしたが、

ここ最近では、インターネット回線の高速化スマートフォンの普及Wi-Fi等の整備により、ネット環境が大幅に進歩し、

2011年にはhulu、2015年にはNetfilixなどがVODのサービスを提供開始したのをきっかけに日本国内でも急激に普及し始めました。

映像コンテンツも、映画・ドラマ・テレビ番組・アニメ・スポーツなど、様々な種類を視聴することができます。

インターネットが使える環境下であれば、いつでもどこでも利用することができ、自分で好きなタイミングを選べるのが最大の特徴です。

レンタルと違って借りに行ったり返しに行ったりする手間が省けるのも良いですよね~



VODの特徴とは?


では、その気になるVOD
いったいどんな特徴があるのでしょうか?

大きく分けると以下の4つの特徴が挙げられます。


1.好きなときに自由に視聴が可能


TV放送と違い、時間表という概念がありません。

自分の生活スタイルに合わせ、いつでもどこでも好きなときに自由に映像コンテンツを見ることができます。

また、PC、スマホ、タブレットなど、1つのアカウントで様々なデバイスで視聴する「マルチデバイス対応」のものがほとんどのため、場所に応じたデバイスに切り替えて視聴することもできます。

しかも、途中までは自宅のPCで、残りを移動中にスマホで視聴、なんていう使い方も可能なんです!

これは便利ですよねー!



【再生方式は2種類】

動画の再生方式は2種類あります。
その場で映像データのダウンロードと並行しながら映像を再生する
「ストリーミング再生」と、

あらかじめ端末に映像データをすべて落としてから、映像を再生する
「ダウンロード再生」です。


◆ストリーミング再生
(メリット)
ダウンロード再生と違い、ダウンロード完了を待たずに映像を再生できるため、再生までの待ち時間が短い。

(デメリット)
早送り、巻き戻しなどを行った際は、その都度データをダウンロードし直さなければいけない。

◆ダウンロード再生
(メリット)
あらかじめ自宅でWi-Fiなどを利用しデータを落としておけるので、外出時でもデータ通信量を気にせず利用が可能。

(デメリット)
ダウンロードがすべて完了してから再生なので、待ち時間が長い。




2.料金は月額利用(定額見放題)とPPVの2種類


料金の支払い方法は、定額で決まった範囲のコンテンツが見放題になる
「月額利用」と、
1コンテンツごと都度購入し料金を支払う
「PPV(ペイパービュー)」 の2種類があります。

「月額利用」の場合、
月額500~1,000円と手頃な価格帯が多いため加入しやすく、ほとんどで「無料お試し期間」を実施しており、事前に使い勝手の比較もしやすいです。

また決まった範囲の中で、何作品、何時間、何回見ても料金は定額のため、気軽に視聴ができコンテンツ選択の幅が広がります。

しかも「無料お試し期間」中であればいつでもキャンセル(解約)もOK!
解約手続きもかんたんですのでご安心を!



「PPV(ペイパービュー)」の特徴としては、
限定配信作品が見れたり、月額利用ではまだ解放されていない、最新作をいち早く見ることができます。




3.レンタルみたいな延滞、返却の手間がない


VODの仕組みで一番画期的だと思うのは、これまで一般的だったレンタルショップと違って、
「借りる」「返す」という手間がなく、
また返却期間がないため延滞する心配もなくなります。

あと「見たい作品がすでに借りられていて~」、なんていうことも当然ありません。




4.圧倒的な作品数


レンタルショップのようにDVDなどを陳列する棚や保管スペースを持つ必要がなく、映像コンテンツをデータで配信するため、先ずその種類がとても豊富で、レンタルショップではなかなか置いていなかった珍しい作品や、VODサイト限定オリジナルコンテンツなどとても充実しています。

映画以外にも、最新ドラマの放送直後の見逃し配信や、原作をアニメコミック(電子書籍)で楽しむことも出来ます。

好きな役者さんや、監督さん、または原作が好きなど、あなたの好みに合わせて、色んな角度から作品を深堀り出来る点は本当におすすめです。





まとめ

いかがでしたでしょうか?

今後このサイトでは、VOD各社それぞれのサービスの特徴や強み、料金、使い勝手などに合わせ、各コンテンツのキャンペーンなど最新情報ふんだんに、そして最速にお伝えしていきたいと思います。


その中でも私が特におすすめしたいVOD(動画配信サービス)はこの5つ!

①フジテレビの動画が豊富!
【FOD(フジテレビ オンデマンド)プレミアム】

FODプレミアムフジテレビが運営するVOD(動画配信サービス)です。
配信されている動画はフジテレビが過去に放送した名作や現在放送中の人気番組が中心です。
その他にも人気の国内・海外映画や話題の海外ドラマも豊富なラインナップをそろえています!
フジテレビのドラマが見放題で配信されているのはVODサービス各社の中でもFODプレミアムだけですし、さらにはFODプレミアムでしか視聴できないオリジナルドラマや人気ドラマのスピンオフ作品も配信されているので、地上波放送を観ているだけでは味わえない楽しみ方も魅力です!

フジテレビの名作ドラマを思いっきり楽しみたい方にFODプレミアムがおすすめです!


②海外ドラマシリーズをはじめ昔懐かしの長編映画や韓国テレビ番組に強い!
【hulu(フールー)】

huluは本社がアメリカにある世界的に有名なVOD(動画配信サービス)です。
日本では日テレと提携しているため、日テレ系で現在放送中の最新のドラマを「見逃し配信」したり、日テレで過去に放送された名作ドラマも豊富に配信しているのが特徴です。
また韓流含め海外ドラマにも強く、コアなファンを中心に絶大な人気を誇っています。ドラマだけではなく映画に関しても、人気の国内・海外映画は一通りそろっています。

海外ドラマファンならhuluがおすすめです!


③動画以外に、電子書籍・雑誌まで楽しめる!
【U-NEXT(ユーネクスト)】


U-NEXTは国内でもトップクラスの12万本を超える配信数を誇る大人気のVOD(動画配信サービス)です。
また大手のサービスには珍しく「成人向け動画」も豊富に配信されています。
FODプレミアムhuluと違い、専属のテレビ局を持たないVODサービスですが、月に1度付与されるポイントを利用して民放各局の人気ドラマの視聴も出来ます。
またそのポイントはなんと映画館でも利用でき、シリーズ最新作を映画館で観る前に、U-NEXTで予習復習する、なんていう新しい楽しみ方もできるのが最大の特徴です!

とにかく色んな角度から映画を思いっきり楽しみたい方はU-NEXTがおすすめです!


④18ジャンル約12万コンテンツがワンコインの月額500円!
【dTV(ディーティービー)】


dTVは12万作品を超える動画配信数もすごいですが、NTTドコモが運営しているため、クレジット払いだけでなく携帯料金の支払いとまとめられる点がポイントです!

月額ワンコインの500円という圧倒的なローコストはお財布にも優しい!コスト重視の方はdTVがおすすめです!


⑤国内の動画配信サービス最大級の19万本の動画を配信!
【VideoMarket(ビデオマーケット)】


dTVと同じく月額500円無料動画見放題有料動画都度購入をして視聴する方式のサービスです。毎月540ポイント付与され翌月に持ち越しも可能(最大180日)!
最大の魅力は、どこよりも早く最新作を視聴できる「デジタル先行配信」
ビデオレンタルショップに並ぶよりも早い時期に動画配信が開始されるため、日本最速でドラマや映画の視聴が可能です!

最新作を誰よりも早く観たい!という方にはおすすめです!



この5社をおさえておけば、あなたもVODマスターになれるかも?!




VOD(Video On Demand)をフル活用して、インターネットライフを思いっきり楽しみましょう!