3ステップ方式なら45日で集客コンサルタント業務へ進出

パソコン教室の受講生が見込めず、この先が不安です。プログラミングの専門知識もないのですが、普通の人にできる打開策はないでしょうか。

これから伸びるWebマーケティングを応用した集客コンサルタントなら、記事が書けるだけで無限のマーケットを獲得できます。Webで収益を上げるコツと、記事のコツだけつかめるよう努力してください。営業資料はあるので、45日で新サービスを打ち出せます。

45日でBtoBコンサルタント営業が可能になる営業セット

基本は10枚。総ページ30枚。官公庁・各種団体の「組織活性化」、企業・専門店の「販売促進」、個人の「自己実現」という3つのテーマに対応した情報編集力とビジネス編集力コンサルタントになれる営業セットです。基本スキルは、記事を書くことだけ。記事は誰にでも書くことができます。ワンコイン(500円)で学べる記事執筆基礎講座も用意しています。こちら
営業セットのご購入はこちら
ランサーズストア

衰退するパソコン教室が年収1000万円のコンサルタントオフィスに変わる3つのステップ

集客方法を変えれば、お客様は集まる!
現在、Webマーケティングは1つのセオリーで成り立っています。それは、広告だけでは売れない商品を「コンテンツ」によって売れる商品に変えるマーケティング戦略です。コンテンツマーケティングであり、インサイドセールスのようにWebサイトそのものが新規取引先の拡大につながるしくみがどんどん進化しているのです。

〇この集客方法にはちょっとしたコツがあって、キーワードは「切り口」です。

たとえば、パソコン教室の場合、若い人は高校で学び大学ですでにレポート提出などによって実践的な操作ノウハウを持っています。当然、一般的なパソコン教室に通う必要はありません。プログラミングなど高度な技術を教えるためには、講師の確保が必要です。しかし、東京や大阪など大都市圏にはスキルの高いプログラミング講座が多く存在していて、町のパソコン教室が単独で立ち向かっても勝機はありません。
パソコン教室は、待っていては受講生は減るばかりです。お年寄りを囲い込むにも、限界があります。また、パソコン教室は、待っていては受講生は減るばかりです。お年寄りを囲い込むにも、限界があります。また、主婦の再就職予備軍にも、限界があります。以前、子ども向けパソコン教室も存在しましたが、ほとんど消滅しました。今は、子ども向けプログラミング教室です。

①特別なスキルを持たなくても年収1000万円なら2年程度で達成できる方法とは・・・
つまり、市場が変わっているのです。操作を教えるニーズは消滅したと言ってよいでしょう。
最初のテーマに戻り、切り口について紹介しましょう。たとえば、主婦の再就職組を対象とした受講生を募集するとします。
従来なら「再就職に有利」「ワード&エクセル講座」で募集していたはずです。広告もしくは店頭POPで。

切り口とは、この訴求の方法です。
まず、再就職を希望する人たちは、なぜパソコンを習おうとするのでしょうか。エクセルが使えれば、事務職や入力業務など、接客や営業職ではない仕事を求めているのです。
つづきはこちらのページで・・・・

コンテンツマーケティングの初心者向け講座がすぐに開設できる

パソコン教室の新戦略~初心者向けWebコンテンツ関連講座