高齢化社会を迎えて予防医学で注目の回想法

回想法とは


昭和の桟橋で本を読む少女

映画「三丁目の夕日」が注目されたり、昭和30年代が注目されるのには訳があります。
昔の楽しいことを思い出すのは痴呆症の予防に効果が有ると言われています。

回想法という痴呆症の予防の技法が有ります。

参照) ウィキペディアの回想法

ウィキペディアによると、
  回想法は、カウンセリングと違って、生きてきた軌跡の中でも、明るく輝いていた時代の内容を話題とする
  とくに10歳~15歳の記憶(ADL記憶)を維持することが回想法の目的

昭和30年代は正しく団塊の世代にとっての少年期、その時期の楽しかった思い出を思い出させる事、そして話してもらう事。
「三丁目の夕日」を見た人はこころも温まり、当時の思い出を話題にし、昔の記憶に少し興奮したのではないでしょうか。

ALWAYS 三丁目の夕日が回想法を意図したのかどうかはともかく、回想法は高齢化社会を迎えての切り札のひとつと言えるのではないでしょうか。


回想法に興味を持った人には、


写真でみせる回想法―付・生活写真集 回想の泉


昭和30年代を中心にした懐かしい、誰もが話題に入っていける心温まる写真集を手がかりに、回想に導いていく実践方法が紹介されています。

昭和スターかるたは回想法の手段となる

「昭和スターかるた」の 昭和歌謡を彩る45人のスター は 団塊の世代を対象の中心にしてはいても、
 活躍期間に幅を持っているため幅広い世代に話題を提供できます。

 回想法は糸口を与えるだけで、あとは自分の記憶を紡いでゆきます。
 あなたにも「昭和スターかるた」で思い出す出会いがきっとあると思います。

 グループで行うかるた、他の人が話す思い出も記憶を思い出すきっかけになります。
 「昭和スターかるた」は、カウンセラーの助けを借りるまでも無く、遊びながら病気の予防になる一石二鳥のグッズです。

 プロマイドのかるたの「昭和スターかるた」と「ひばりかるた」