認知症は生活習慣病か?


医学データにもとづく認知症を予防する生活習慣


高齢者の認知症(ぼけ)は、生活習慣病の延長として捕らえる見方が多いようです。
生活習慣の改善として思いつくのは、、
  食生活、運動不足、、、

生活習慣のちょっとした改善で認知症リスクが大幅に減るばかりか軽度認知障害の患者が劇的に回復する。
認知症にならないために、どうすればいいのか?
そんな内容の本が発売されていました。

認知症予防のための簡単レッスン20 (文春新書) [ 伊藤隼也 ]

食の話題の中心は、油

特に脳に効く油(オメガ3など)の不足を指摘する本は多く、食生活の改善、必要に応じてサプリメントの摂取が必要としています。

注目の油は、エゴマ油やオリーブオイル、ココナツオイル など多数有ります。

食べる楽しみも、地中海式ダイエット食も注目されています。

糖尿病とアルツハイマー病を予防する地中海式和食レシピ (角川SSCムック Dr.の太鼓判)


料理をしている時間が無い人や、もっと効果的に摂取したい人には、持ち歩き自由の高濃度サプリメントもあります。


【アレルギー対応】ボラージオイル ガンマリノレン酸 サプリメント ボラージ植物種抽出1粒1,000mg入【γリノレン酸/ボラージオイル/ボラージエキス/無添加/高純度/高濃度/必須脂肪酸/オメガ6脂肪酸/アレルギー反応成分不使用/グルテンフリー】

体や頭を使う

運動は、楽しみながら、頭を使いながら。
今、社交ダンスが注目されています。

認知症の予防の社交ダンスは
歌うとか、話すとかも良いようです。