デジカメのように使えるiPhone

デジタルカメラとスマホは違いがあって当然

スマホ


写真が綺麗に撮れれば撮れるほど嬉しいですよねと言うカメラ事情


今どきのiPhoneのイメージセンサーの画素数は 800万画素まであがってきています iPhone 「Focus Pixels」という技術でピントを素早く合わせたり 「手ブレ補正」&「光学式手ブレ補正」で写真がブレるのを最小にしてくれる機能などが付くなど こうなるとデジタルカメラよりも iPhoneのカメラの方がより多く 使われているはずです


iPhoneで写真を撮ることが多いのは スマホが使いやすさと身近な高機能カメラに進化しているからです iPhoneの普及率を見れば納得できます


日頃 ガーデニングをしていて 写真に収めたい画像に出会ったときに 持っているのは”携帯電話”です デジタルカメラは 近年 多機能化が進み 用語や操作方法など覚えたり理解すべきことが非常に多く 設定から行わなくてはいけなくて 気軽に使えるiPhoneには負けています


携帯なので いつでも気軽にカメラを起動できること インカメラで自撮りが楽なこと アプリを使えば撮った写真を簡単に編集してSNSなどでシェアできること Instagram-インスタグラム-の流行はそんなことから始まっているのです



デジカメ


今使っているデジタルカメラは 数年前に購入したものですが メーカー側では製造が終了していて 同じ機能を持つデジタルカメラは ネットで探しても見つかりません

MyFinePix Studio(ビューアーソフト)
有効画素数 1200 万画素
撮像素子 CCD
画面サイズ 3.5 インチ
ズーム倍率 (光学) 5
ファインダータイプ 光学式ファインダー
WiFI 無し
手ブレ補正機能 光学式(CCD シフト方式)
顔キレイナビ(顔検出機能) あり

などの他にも まだ使いやすい機能があります 


デジタルカメラはレンズや被写体との距離 絞りの数値によってボケ具合が変化します つまり設定することでデジタルカメラはボケ具合を自在に調節できるのですが は被写体に接近してピントを合わせれば背景がボケてくれるので 設定の必要はありません 


このように iPhoneが進化したおかげで デジタルカメラは使われる頻度が減ってきているのです
でも やはり キレイな画像が欲しいときにはiPhoneでは力不足です

センサーサイズが小さい(約1/3型)ので画質が落ちる 
動体の撮影が苦手
ズームが出来ない 


大事にしているものの記録には 手間がかかってもデジタルカメラを使わなくてはいけません
高感度撮影が可能で 高倍率のズームで ブレに強いことを重視する画像は デジタルカメラで なくてはできません 家電量販店に付属品を買いに行っても 揃えられなくなるのは時間の問題のようです 実際に カメラ売り場では デジタルカメラはiPhoneの普及に押され気味で スペースがかなり縮小していました

これからも「箱庭gallery - 薔薇の庭」の様子は写真で記録しますので 少しでも高画質で残したいものです


Ownd's Cats@ガーデン*もも


いちご

写真素材 PIXTA



デジタルカメラの買い替え

このランキングは当サイト管理人が欲しい順で表示しています

  1. 第1位

    富士フィルムデジタルカメラ-光学式手ブレ補正で、高倍率ズーム時のブレを防ぐ

    被写体が動いても、ピントを合わせ続けられる「ロックオンAF」を搭載、最大画像サイズ(18M)&メカニカルシャッターで、秒間10コマの高速連写


    DSC-WX500-R ソニー デジタルカメラ「Cyber-shot WX500」(レッド) [DSCWX500R]【返品種別A】

  2. 第2位

    ニコン(Nikon) デジタルカメラ-手ブレ補正効果5.0段のデュアル検知光学VR「高性能手ブレ補正(静止画時)」

    コンパクトな「1440mm相当の超望遠、世界最小・最軽量の光学60倍ズーム」、静止画切り出しも可能な「4K UHD/30p動画撮影」


    ニコン(Nikon) デジタルカメラ COOLPIX B700 (クールピクスB700) レッド

  3. 第3位

    DSC-RX10M4 ソニー デジタルカメラ「Cyber-shot RX10M4」 [DSCRX10M4]

    決定的瞬間を切り取る、AF・AE追随 最高約24コマ/秒の高速連写、24-600mm大口径高倍率ズームレンズと進化した画像処理エンジン


    DSC-RX10M4 ソニー デジタルカメラ「Cyber-shot RX10M4」 [DSCRX10M4]【返品種別A】