適度な運動・良い睡眠・綺麗な背骨




第三のからだの通信網
近年は東洋医学ブームでもあります。
以前のべた全体をつつむような、
通信神経網のほかに
第三の通信網というべき経路という
針灸で用いられる
通信網が現れてきました。
この経路というのは、
基本的にからだの左右中心も含めて
26本ありますが、
そのほかにも
奇経と呼ばれる通信網もあります。

見逃せない背骨健康法
神経系通信網と
経路系通信網とが
一致する部分も多いですが、
異なった回路を示すところもあり
明らかでない点も多いのです。
ここでも背骨は、
両者の間に立っています。
東洋医学のいわゆるツボが、
背骨の両側に
多く存在する事実からみても、
両者の関係を結び付ける意味でも、
背骨健康法の意義は
大きいといわざるを得ません。




正しい姿勢は、背骨の中で神経の流れを良くします



大脳にも良い影響
正しい姿勢を保つということは、
特別の病気が無いかぎり
年齢にかかわらず可能なのです。
そしてこれは、
単に肉体の健康にばかり
関わるものではありません。
からだの各部の筋肉に適当な刺激を与え、
この刺激が大脳にかえって
大脳そのものまで刺激し、
精神活動を活発にします。

大きな病院ゆえの不便さ
あまりの細分化のために、
部分的な医学が先行し
全体医学がなおざりにされている事です。
私も大腸がんで入院経験がありますが、
その手術以外のこととなると
まったくの機能を果たさないのが
病院の仕組みです。
例えば内科、外科、循環器科、眼科、耳鼻科、
それぞれがバラバラで
ある部分が痛いとかかゆいとか・・
一緒に受診したくても、それが叶わないのです。
その点背骨健康法は、
からだ全体を見渡せるので
ある意味の全体医学的な考え方であり、
大変新しい医学分野なのです。


背骨ハイウェイは、流れが大切
本来、自然なからだにとって
必要な条件は、
『運動』『食事』『健全な精神活動』です。
それが現代の社会のメカニズムや
公害などのためにゆがめられ、
本来人間が動物として持っていた
自然なコントロールの力が失われていることに、
病気の原因があります。
この体調を整える目的に、
一番近いのが背骨健康法なのです。
脳は体内に生じるいかなる病的変化にも
敏速に反応し、その対策を考え、
変化の生じた部分に何秒分の一秒単位の速さで、
指令を送って病的変化を無害化します。
しかし、
これも背骨ハイウェイが
完全整備されていての話です。
脳の指令の通り道が、
砂利道、泥道のような不完全整備の状態では
いろいろと身体の問題を起こすのは当然です。
常日頃から姿勢は正しくして、
背骨ハイウェイの役目に感謝しましょう♫


椎骨の役目
椎骨と椎骨の間は、
関節を形成していて
特に上体の運動に役立っています。

この椎骨が、
関節運動をもっている点に、
背骨健康法のポイントがあります。



背骨が曲がる原因

原因は数多くありますが、
最大の要因は、
股関節亜脱臼にあると言えます。
このことはちょうど家の土台と
同じ事が言えます。
家の土台が傾けば、
その上に建っている家は柱ごと倒れます。
この原理がヒトのからだにも言えます。
人間の股関節は、
完全に脱臼でもしていないかぎり
歩行困難ということはありません。
駆けても飛んでも、何の支障も起きません。
しかし、不幸は知らぬ間にやってきます。



椎骨のポイント
この椎骨が、
関節運動をもっている点に、
背骨健康法のポイントが
あるという理由!
手足の関節ほど
運動量は多くありませんが、
関節である以上、当然動きが生じ
さらにはこの関節の位置異常、
つまり、
脱臼とか亜脱臼の現象が起きます。
脱臼・亜脱臼が起きると
神経の出入り口である椎間孔は狭くなり、
神経の圧迫現象が起きます。
そのため背骨の中の
通信回路としての機能は
ダウンする結果になります。





背骨は神経の通り道
背骨には神経の通信網が、
ぎっしりと詰まっています。

そもそも、人間のからだには
広く分布している神経の種類を
二つに分けることができます。

それは、
中枢神経と末梢神経です。
さらに末梢神経はその活動種類によって、
動物性神経と植物性神経にわけられます。




末梢神経

動物神経は、
主として脳脊髄神経系で
痛、温冷、圧などの知覚と
自分の意志によって動かせる、
随意筋を活動域にしています。

これに対して
植物神経は自律神経系で、
内臓、腺、血管など
私達の意志とは無関係に
反応する器官を支配しています。

これら、自分の意志と無関係の
不随意神経作用は、
人間の生活現象に
直接関係しています。

話しは少しややこしくなりますが、
中枢および末梢器官の間に、
どうやら別の電気のスイッチ的存在の
神経細胞があるようです。

それが背骨の中の通信網のハイウェイで
大渋滞を起こしたり、
血流の悪さを招いたりしているようです。
それが、肩こりとか頭痛・心筋梗塞、
内臓各部分の疾患を招いています。