テントはあり?どうする? 運動会の日焼け対策

一生懸命がんばる我が子を見れる運動会。
家族にとっても一大イベントですね。


ここ何年か日射しが強くて競技をしている子供も、
見ている家族も暑くて、日射しが痛くて結構大変
最近、校庭でテントを使う人が出てきてるのも
納得してしまいます。


運動会のテント事情や日焼け対策を
まとめてみました。

1、最近の運動会、テント事情は?

私が小学生だった頃は、まぁまぁ都会の学校で、
校庭が狭くてシートすら敷けない学校でした。


なので、テントが使える最低条件は「校庭の広さ
になります。立ち見が出るくらい狭い校庭や、競技の
度に最前列を入れ替えないと見れないような校庭の
狭い学校は、テントの持ち込みはやめましょう。

学校によっては、テントを禁止していたり
テントゾーンを使える家庭をくじ引きで決めている
学校もあるようです。
各学校によって様々ですので、必ず確認してください。


次に気をつけるべき点は、テントの大きさです。
周りの家族が競技を見れなくなるほど、大きい
テントはやめましょう。それから、校庭を傷つけて
しまう、打ち込む形のテントもよくないですね。
海で使うようなパラソルも高さがでてしまうので
やめた方がいいでしょう。


あとは、場所にも気をつけた方がいいですね。
前列の方でテントを使ってしまうと、後ろの家族たちは、
もちろん競技が見えなくなってしまいます。

テントを置けるほどのスペースがある学校なら、
必ず空いているスペースや、一番後ろ側に設置しま
しょう。


実を言うと、赤ちゃんがいたということもあって
私も学校でテントを使いました。片田舎の学校で
校庭が広いので使うことができました。
使ったのは、キャンプで使うような大きさのものでは
なくて、公園で遊ぶ時に使うくらいのワンタッチ式の
テントでした。
もちろん、使う時は一番後ろで、他の方に迷惑に
ならないように配慮しました。特に苦情や、学校
からの注意もなかったので、問題はなかったよう
です。


皆さんも使う時は、周りの家族に迷惑がかからない
ように、細心の注意を払って使ってくださいね。

2、子供の日焼け対策は?

親がテントで日焼け対策ができたとしても
競技をしている子供たちはどうでしょう?


昔なら、「子供は日焼けしてるくらいがいい」とか
「日に当たった方が丈夫になる」とか言っていました
が、地球規模で環境が変わってきている現在、
紫外線は子供にとってもよくありません


とはいえ、授業の一環で競技、観戦している
子供たちの紫外線対策は「日焼け止め 」くらいしかないのが現状です。運動会当日の朝にはしっかり
日焼け止めを塗っておきましょう。
それ以外では、学校に対策してもらうか、子供に
しっかり帽子をかぶるように言っておくしかなさそうです。


日焼け止めに関するプチ雑学なんですが、
日焼け止めによく「PA+」「SPF」って書いて
ありますよね。あれって、効果のある紫外線の対象が
違うって知ってましたか?

「PA+」の方は、真皮層まで届いてコラーゲンを
破壊する
UVA」という紫外線を防ぎ、
「SPF」の方は、皮膚の表面を荒らして赤くしたり
水ぶくれを作る
UVB」という紫外線を防いでいる
そうです。

日焼け止めを選ぶ時、参考にしてみてくださいね。

※紫外線について、もっと詳しく知りたい方はこちら
→「美肌生活おハナマル

3、帽子、日焼け止め以外の対策は?

テントを使えない学校は、帽子と日焼け止めだけで
耐えないといけないのかぁ…。
そんなことはありません。いくつか対策があるので
見ていってください。


まずは、UV カット加工の衣類です。
帽子は勿論、カーディガンなどの上着もあるので用意
してくださいね。
サングラスもあるといいですね。サングラスをかける
場合は色なしのものか、色が薄いものを選ぶと怖い
雰囲気にならずにすんでいいですよ。


あとは意外かもしれませんが、朝食に柑橘類を
食べない」でください。ソラレンという成分が
紫外線に反応して、肌にダメージを与えてしまいます。

せっかくの我が子の晴れ舞台。
日焼けなんて気にせずに楽しみたいですよね。
対策をやるだけやったら、日焼けなんて忘れて
思いっきり応援しちゃいましょう!



【あす楽】 山善(YAMAZEN) ミスティアイランド ワンタッチラブサンシェードUV(2人用ロング) 日よけテント ワンタッチテント 【送料無料】


〈「UVカット加工」で検索↓〉(UVカット加工のある衣類が検索できます)









おすすめ記事はこちら↓
気をつけて!子供の熱中症
どこに行く?子供との旅行
子供におすすめ!体験型バーベキュー