ママは手を抜いたらダメ?

ママは家事も育児も完璧に、何もかもをしっかりこなさないといけない、と思っていませんか?

確かに、自分が頑張らないと、家はぐちゃぐちゃになるし、子供の世話を見てくれる人だっていないかもしれません。
でも、考えてみてください。



ママが疲れていると悲しむのは誰ですか?


ママが悲しんでると心配してるのは誰ですか?




そう、それは子供です。

一番上の子を産んだあと、産まれて嬉しい、成長が嬉しいはずなのに、やたらと悲しかった時期がありました。

二才くらいのころ、言うことを聞かなくなったこの子に、手をあげたこともありました。
地域の相談員さんに泣きながら話したこともあります。


その相談員さんが言ってくれた言葉が忘れられません。


「子供があなたに『笑ってる?』って聞くのはあなたが大好きだからよ。」


そう、あの頃、この子は私が常に疲れていて、悲しんでいることに気がついていたんです。


今の私ならわかります。
家事をやると疲れるからやらない、でも周りの目が気になる。
だったらやればいいんだけど、子供を見ながら、きちんとなんてできない…。

そういうジレンマに苦しんでいたんだなぁと。

あの頃の私に何か言えるなら、
「手を抜いても大丈夫よ!あなたの笑顔が子供の幸せなんだから!」 と、強く伝えたいです。


自分が幸せじゃない人が、人を幸せにできるわけがありません。
まずはあなたが笑顔でいられること。
これに『罪悪感』を感じる必要はありません。

私もこれに気がつくのに、かなりの時間を費やしました。


自分の幸せを望むなんて、自己中心的じゃないのかなぁ?


それが罪悪感の原因ですね。
でも、ママが疲れていて、家事ができますか?
ママが幸せじゃないのに、笑顔で子育てができますか?


自分を幸せにしてあげましょう!

 そして、子供を、家族みんなをハッピーに・・・

元気になったら戻ってきて・・・

今は、とても落ち込んでいて何をする気力もないかもしれません。
まずは、ゆっくり自分のことを労って休みましょう。


少し元気になって、
さぁ、頑張ろう
また、やるぞ
っていう気持ちになったら、ぜひ『生活おハナマル』に戻ってきてください。

お待ちしてます!



『生活おハナマル』には、生活にまつわるお話、子供に関わるいろんなお話がたくさんあります。
ここで気分転換をして、あなたの【自分らしさ】を取り戻してください。


おハナマルは、子育てを頑張るママを応援してます!





少し元気になったら読んでみて
自然派入浴剤で安心入浴
大丈夫?子供の長風呂
紅茶苦手な私がつい買ってしまった紅茶店
布団が干せない!どうする?ダニ対策
育休中暇過ぎる!ネットで暇つぶし


ブログも始めました
おハナマルのつぶやき日記