お風呂のカビ取り「楽にしたい!」

取っても取っても、消えてくれないお風呂のカビ。
もっと簡単にカビを取る方法はないのでしょうか?

いろんな角度から見ていきましょう。


目次
1、基本のカビ取り方法
・塩素系漂白剤
・非塩素系漂白剤
・エコ系洗剤

2、もっと楽なお風呂掃除!
・プロに頼む
・カビを予防する方法

3、<おまけ>カビがつく原因って?

1、基本のカビ取り方法

まずは、基本のカビ取り方法です。
カビの弱点を狙って、効果的に取っていきましょう。


カビの弱点
殺菌効果のある洗剤
・消毒液や50℃以上の熱



◎殺菌効果のある洗剤

(1)塩素系漂白剤


高い除菌力と漂白効果があるのは、やはり塩素です。ただ、酸性の洗剤と混ざると有毒ガスを発生させ、とても危険なので、注意してください。
また、プールのような塩素臭もあります。

深く根を張ったカビや、時間が経ってしまったカビに有効です。


浴室の壁、床、小物類、扉、ゴムパッキンなど、色々なところで使えます。塩素の力を素早く引き出して短時間で効果を得られます。

《注意》 酸性の洗剤とは混ぜてはいけません。乳幼児の手が届かないところで保管しましょう。

「塩素系 お風呂 カビ」
楽天市場で探す
Amazonで探す






(2)非塩素系漂白剤


塩素系には劣りますが、高い除菌力・漂白効果があり臭いもありません。さらに塩素系に比べて安全です。



「ダスキン カビ ぬめり」
「非塩素系 お風呂 カビ」

楽天市場で探す
Amazonで探す






(3)エコ系洗剤


とても安心な素材を使っている製品です。ただ洗浄力は弱いものが多く根強いカビは取れないこともあります。製品によって特徴が違うので、商品説明をよく読んで、自分が求めている性質かどうかを確かめてから購入しましょう。。


商品特徴:
塩素系を含まないので安全
発酵乳酸(体の中でも生成される成分)のちからでカビを落とすので安心


「カビナイト」
楽天市場で探す
Amazonで探す








重曹などを使った、少し上級向けのエコ洗剤かもしれません。

基本的にはとても安全な製品ですが、汚れが取れない時は注意が必要です。
お酢(酸性)を使った場合は、絶対にすぐ塩素系の洗剤を使わないようにしてください有毒ガスが発生してしまいます。
1週間ほど日にちを空けてから、強い洗浄力のものを試しましょう。



◎重曹とお酢の使い方
1、お酢をスプレーする。
2、重曹ペーストを張り付ける。
3、2時間放置。
4、スポンジなどで擦って洗い流す。


※重曹には研磨剤としての効果もあるので、傷つきやすい素材のものは、注意してください。




<洗剤の選び方・まとめ>
カビの頑固さ具合で使い分けたり、安全性で選ぶなど、自分がどこに重点を置きたいのかを考えて、しっかりと求めるものに合わせて選んでいきましょう。



もっと楽にお風呂をキレイに!


◎プロに頼む

一度、【プロに頼んでスッキリきれいにしたもらう】というのも手です。
そうしてしまえば、あとはカビの予防に努めればいいからです。

家事代行の『swipp』でハウスクリーニングを試してみましょう。
大きな『労働時間』から解放されて、家族との楽しい時間を作ることができますよ

※swippの対象エリアは『東京23区』となっています。







◎カビを予防する方法
1、くん煙剤を使う

商品特徴:1、2ヶ月に一回程度でしっかり防カビ

「カビ 燻煙剤 お風呂」
楽天市場で探す
Amazonで探す





2、製品を使わない方法
少し手間はかかりますが、何も製品を使わずにカビを予防する方法もあります。
お風呂からあがるときに行ってください。

1、天井・壁・床の順番に、シャワーをかける
まず、熱めのシャワーで皮脂や石鹸カスを落とし、次に冷たいシャワーで室温を下げます。

2、シャワーで付いた、水気を取る
長い柄のついたスポンジや、タオルなどで水滴を取ってください。

3、1~2時間、換気をする




<まとめ>
家計に余裕がある時はプロに頼って、あとは便利な製品を使って、カビのない快適なお風呂タイムを目指しましょう。



カビがつく原因って?

ところで、なぜカビは繁殖するのでしょうか?
その原因を見てみましょう。


カビのエサがあること
カビは人の垢石鹸カスが大好きです。


水が大好き
湿度が65%~がカビの好きな環境です。


動ける温度帯が広い
カビは5~45℃まで活動できます。特に25~28℃の温度帯が好きです。


お風呂がカビにとって快適なことがよくわかりますね。
子供の世話や他の家事に忙しいママですから、手を抜けるところは抜いて、便利な製品にも頼って、上手にカビ対策をしていきましょう。







お風呂を快適に♪
子供の月齢別!お風呂の便利グッズ
大丈夫?子供の長風呂