『ぶたのチェリーのおはなし』と『DAILY SPICE CHAI』

※お知らせ

広告提携が終了するため、12月20日をもって『カレルチャペック紅茶店』へのリンクを消去させていただきます。

なお、記事自体は残すことも検討はしていますので、せっかく私も好きになった『カレルチャペック紅茶店』の紅茶をぜひ好きになっていただき、ネットショップを検索してみてください。


まだ読めますので、先へどうぞ↓
前回は、『カレルの定番 』を試した私。
もとは紅茶が苦手な私でしたが、とても美味しく飲むことができたので、次にも挑戦してみました。



目次
『DAILY SPICE CHAI(デイリー スパイス チャイ)』
『ぶたのチェリーのおはなし』
 ギフトにおすすめ
 イベント情報


デイリー スパイス チャイ

紅茶は苦手と言いながら、チャイはもともと飲める方だったので、
たくさん種類のある中から、この『DAILY SPICE CHAI(デイリー スパイス チャイ)』を選びました。


袋を開けた瞬間から、スパイスの香りが。
あぁ、これからチャイを飲むんだぁ、って気分が高まります。

私の飲み方は、ミルクたっぷり多め。
ミルクをしっかり温めて、蒸し時間もしっかり守って作ります。


もう、飲んだら「ほわ〜」と幸せな感じ


スパイスは、辛すぎずほどよく香るのでとっても飲みやすく、さらに体がポカポカしてきました。


私が買ったのは5パックだったんですが、
紅茶を飲む習慣のなかった私が1週間もかからずに飲みきってしまいました。


カレルチャペック紅茶店 を見てみる


ぶたのチェリーのおはなし

紅茶を淹れたら、絵本を読むのもいいですよ。

カレルチャペック紅茶店のオーナーである山田詩子さんは、絵本作家としても活躍していて、こんな可愛い絵本も出されているんです。


ぶたのチェリーのお菓子が、ティータイムのおともになってくれるし、
ちょっぴり切ない気分にもなり、でもほんわか温かいおはなしで、大人もとても楽しめる作品です。

絵もほのぼのとしたタッチながら、細かく描かれているところもあって、ゆっくりすみずみまで眺める、という楽しみ方もできます。


お気に入りの紅茶を淹れて、絵本を開いて、体も心も温まるゆっくり流れる時を堪能できますよ。





ギフトにおすすめ

パッケージも素敵ですし、癒される絵本もあるし、
ほかにも『名前入れ』のサービスやラッピングもあるので、いろんな場面でのギフトにおすすめです。

紅茶はもちろん、お菓子・ギフトセット・絵本・おとえほんなど、たくさんの商品があるので、選ぶ楽しさもあります。

お誕生日やウエディング、出産祝い、これからの時期ならクリスマスのプレゼントにも、相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら探してみてもいいかもしれません。


カレルチャペック紅茶店 を見てみる


イベント情報

現在、『カレルチャペック紅茶店 吉祥寺店』では、【山田詩子 山田康平展】という展覧会が行われています。展覧会はどなたでも入場できます。
(期間 〜2018/1/16)
(時間 11:00〜20:00)

また、紅茶ブックバッグのお土産付きのトークイベントもあります。

《チケット販売情報》
ブックトーク(各回12名)

参加費:4860円(税込)

日時:
【11/24(金)】
①11:00〜13:00
②14:00〜16:00

【11/25(土)】
③11:00〜13:00
④14:00〜16:00

【12/15(金)】
※⑤11:00〜13:00
※⑥14:00〜16:00


※⑤⑥は山田康平さん(詩子さんの息子さん)もイベントに参加されます。

さらに、小学4年生以上のお子さんと楽しめる『親子でブックトーク』もあります。
こちらは、どちらの時間も、山田康平さんが参加されて、
さらに、紅茶入りブックバッグの他に本のお土産までつきます。

《チケット販売情報》
親子でブックトーク(各回親子6組)

参加費:6480円(税込)

日時:
【12/16(土)】
①10:30〜12:30
②14:00〜16:00

すでにチケットは、発売開始されています。
大阪でイベントが行われた際は、人気が高く即満席だったそうなので、
検討される方は、なるべく早くサイトを覗いてみてください。


カレルチャペック紅茶店 のサイトをチェックする




さらに『カレルチャペック紅紅茶店 吉祥寺店』では、【ありえない濃さのホットミルクティー】が販売されています。(通常の6・10・15倍!)

【濃いミルクティー】というのは、「紅茶成分が濃い」ということ。

美味しい紅茶だからこそ、できる紅茶本来の成分がしっかり抽出されたミルクティー、ぜひ味わってみたいですね。お近くの方は、足を運んでみてくださいね!



これから寒い夜が増えてきますね。
温かい紅茶と、心温まる絵本で、ゆっくりティータイムを楽しみたいですね。







関連記事はこちら
紅茶苦手な私がつい買ってしまった紅茶店


目次に戻る