節税のために青色確定申告に移行しよう!

確定申告を、白色から青色(65万円控除)へ移行するあなたのために

65万円控除を受けることのできる青色申告。節税にもなり、結果として事業も私生活も楽になります。

このページは「白色申告から青色申告へと移行したい」という人のために設けられています。

さて、確定申告で青色申告(65万円)控除を受ける場合、取りうる手段は以下の3つです。

1. 簿記の勉強をして自分で帳簿をつける
2. クラウドの会計ソフトを使う
3. 税理士に丸投げ

このうち、簿記の勉強は時間と手間がかかるのであまりオススメできません。そんなお金と時間があるなら本業に少しでもリソースを割くべきだとぼくは思います。

というわけで、クラウド会計ソフトを使うか、税理士に丸投げの2択になるわけです。以下、順にみていきましょう。


クラウド会計ソフトを使う

一番オススメなのは「やよいの青色申告 オンライン」を使うことですね。

すでに「やよいの白色申告オンライン」を使っているならそのままグレードアップ可能です。「白色から青色へ簡単にデータが移行できたよ」ってインタビューもありました。



青色申告用のクラウド会計ソフトとしては、freeeやMFクラウドなどもあります。

>参考:freeeとMFクラウド、青色確定申告ソフトはどっちにすべき?

税理士さんにお願いする

もう1つの手として「自分にぴったりな税理士を探してもらう」ってのも大いにアリだと思います。

一口に「確定申告」と言っても、デザイナー、建設業、スポーツインストラクター、プログラマーなど、業態によって帳簿のパターンは様々です。

どうせなら自分の業界に疎い税理士さんよりも、自分の業界に詳しい税理士さんにお願いしたいですよね。

自分で税理士さんを探すのは大変ですが、以下のサイトだと「自分にピッタリな税理士を紹介してもらえる」ってのが大きなポイントです。

>参考:税理士ドットコム

(随時更新予定)

このページは書きかけです。記事を追加次第、随時更新予定。