ずっと無料の白色確定申告用ソフトはこれ一択!

クラウド型の会計ソフトを導入すべき理由

「会計ソフト」って聞くとこんな手順を踏むと思っている人も多いと思いんじゃないでしょうか。

1. 家電量販店に行く
2. 会計ソフトのパッケージを買う
3. パソコンに入れる(インストールする)

…しかし、ぼくがいま言ってる「会計ソフト」ってのはそういう類のものではありません!

そもそもぼくは、省ける手間を徹底的に省いた方がいいと思ってます。

そんなぼくに言わせれば、確定申告のときに一番簡単なのは「クラウド型」の会計ソフトを使うことですよ。
これが一番、めんどくさくない。


1. 公式サイトにアクセスする
2. 会員登録をする

たったこれだけ。インターネットにつながるなら、どこかに出かけるまでもなく、今この瞬間に白色申告のための準備ができます。

準備だけじゃない。インターネットにつながっていれば実際の帳簿記入もできちゃいます。パソコン1台あれば日々の会計業務も確定申告も一瞬です。

おすすめの確定申告フリーソフト:やよいの白色申告オンライン

で、ぼくは「やよいの白色申告 オンライン」ってのを使ってます。白色申告するならこれで十分。

法人向けの会計ソフト「弥生会計」などを提供している会社がやってるサービスですね。会社に勤めておられる方なら「弥生会計」をご存知の方も多いのではないでしょうか。ちなみに、ぼくの以前勤めていた会社では「弥生会計」でした。

その「弥生会計」の中小事業者向けのサービスがこの「やよいの白色申告オンライン」ってやつです。あの「弥生会計」の会社のソフトなら安心!ってのは正直あります。安心と信頼の「弥生」ブランド。

実際に使っているので、ちょっと管理画面とかを見ながらどんな感じなのか見てくださいね。

実際にソフトを使ってみたよー

ソフトを使ってみると「シンプルさ」と「わかりやすさ」に驚かされます。

「やよいの白色申告オンライン」を開いたときに最初に出てくる画面を見てみましょう。まず最初に「収支状況がわかる」って作りになってる。



「MFクラウド」や「freee」など、ほかの確定申告用のソフトも試してみましたが、断トツで「やよい」が使いやすい。

必要最低限の機能をきっちりとつけておきながら、それ以外の部分を徹底的にそぎ落としている印象。

そして取引のための帳簿づけも簡単です。

1. 収入なの?支出なの?
2. それはいつの話?
3. どうして発生した収入/支出なの?
4. その金額はいくら?

最低限これだけ書いていればOKです。実際にはこんな感じになる。



入力するときに費用の用途を「科目」ごとに分別しないといけないんだけど、それだって具体例を交えつつ説明をつけてくれているから、簿記の知識がなくても十分使えます。



あとは確定申告のときにちょいちょいっと入力すればおしまい。めっちゃ楽ちんです。

そして「やよいの白色申告 オンライン」をずっと無料で使えるってんだから、ありがたい限り。

なんで無料なの?怪しくない?

当然の疑問ですよね。なんでタダなの?って話。

それは「見込み客を獲得できているから」です。

もう少し詳しく言うと「やよい」にとって利益商品は、青色申告用の有料ソフトなんですよ。白色申告のソフトはそのための呼び水。だから無料なんです。

ご存知の方も多いかとは思いますが、青色申告は白色申告よりもさらに複雑な帳簿をつけることが要求されます。その代わりに税金がちょっと安くなる。

しかし、青色申告になると、簿記の知識がないと会計ソフトなしではやっていけません。だから「有料の青色申告用のソフト」を売りにしてるんですよね。

「白色を無料で使ってもらって、どこかで青色に切り替えてもらおう」って考えてるみたい。実際「税金やすくなるし、青色申告しませんか?」って案内がときどき来るからね。

しかしまあそんな思惑はほっとけばいいんですよ。ありがたく無料で使わせてもらいましょうw

公式サイトからIDとパスワードを設定するだけで登録可能です。