サラリーマンの副業レベルなら、青色じゃなくて白色申告で十分だった件

サラリーマンの副業レベルで青色申告は必要なのか?

確定申告には、白色申告と青色申告があります。

大雑把に言ってしまうと、白色と青色の違いは以下の2つに分かれます。

  • 白色:帳簿付けや手続きが簡単だけど、税金がちょっと高くなる
  • 青色:帳簿付けや手続きがややこしい代わりに、税金がちょっと安くなる

ぼくは前年度、月に1万円程度の報酬しかなかったので、白色確定申告をしていました。

あと単純に、副業のために青色申告の勉強するのがめんどくさかったってのもありますww

…ともかくそんなわけで「やよいの白色申告オンライン」を白色申告用の無料ソフトとして使っていたんです。

ところで、あのソフトを使っていると「税金が安くなるから青色申告(65万円控除)に切り替えてみませんかー?」ってときどき聞かれます。

そこまで言うならシミュレーションしてやろうじゃねえか!!!と思い立ったので、早速シミュレーションして調べてみました。

※注

1. すべて経費はかかっていないものとして計算しています。
2. 経費や、住んでいる都道府県によっても計算結果は微妙に異なりますが、概算ではほぼ同じと考えてください。
3. このエントリーで記載する「青色申告」はすべて、青色申告(65万円控除)のことを指しています。
4. 弥生会計が提供する「個人事業主のかんたん税金計算」というツールを利用しています。

月1万円(=年間12万円)の場合

会社員や学生が「空いた時間にネットで稼ぐ」といった場合、たとえばGoogleアドセンスやメルカリなどの収益で最初に目指すのは「1か月で1万円稼ぐ!」ぐらいのラインではないでしょうか。

月1万円(=年間12万円)の場合、青色申告でも白色申告でも納める税額が変わらないようです。したがってわざわざめんどくさい青色に変える必要はなさそう。


月3万円(=年間36万円)の場合

副業も軌道に乗ってきて月3万円(=年間36万円)ぐらい稼ぐようになったらどうでしょうか。

国民健康保険が49,000円と、住民税が8,000円上乗せになります。



ほとんどが国民健康保険の保険料であり、合算しても年間で5万円程度のレベルなので、このあたりだと人によるかもしれません。

手間をかけてでも5万円を節約したいなら青色申告、手間をかけたくないなら白色申告…という感じになります。

月5万円(=年間60万円)の場合

月5万円(=年間60万円)を見てみましょう。片手間でこの金額を叩き出せるなら、そのまま本業にしてしまうことも視野に入ってくるかもしれませんね。

ともかく、月5万円(=年間60万円)になると、白色申告にするか青色申告にするかで大きく金額が変わってきます。




国民健康保険が70,000円、住民税が32,000円、所得税が11,000円となってきます。青色申告と白色申告の差額は11万円を超えていることになる。月5万円(=年間60万円)レベルになってきたらそろそろ青色申告(65万円控除)を考えるべきレベル…と言えそうです。

ちなみに、月10万円(=年間120万円)だと、青色と白色の差額が15万円を超えるみたいですね。

>参考:個人事業主のかんたん税金計算

結論

税額計算のツールを使えばわかるんですが、月2万円程度のレベルまでなら白色申告でも税額は変わらないようです。

つまり「サラリーマンの副業」とかで月1-2万円のお小遣い程度のレベルなら別に白色申告でもいいって結論になりました。

月3万円ぐらいのところから、徐々に青色申告(65万円控除)がお得になっていくっぽいですね。

白色申告なら、初年度だけではなく毎年無料で使えるフリーソフトがあります。ぼくも使ってますが、これ使ってればちゃんと白色申告に必要な書類が揃います。

>参考:やよいの白色申告 オンライン

評判やレビューが気になる人は、書いてみたので参考にしてみてくださーい。

>参考:やよいの白色申告オンラインが使いやすい!レビューとか書いてみる

なお、このサイトは「白色確定申告」をする人のためのサイトですが、この記事を読んで「白色から青色確定申告に移行しよう!」と思い立った人のために、専用のページを設けています。

>参考:確定申告を、白色から青色(65万円控除)へ移行するあなたのために