確定申告が必要な(義務がある)のはどんな人?



基本的にサラリーマンやOLは確定申告の必要がありません。会社で経理部門の人がかわりに計算して、納税してくれています。

しかし、副業をやっているサラリーマンやOL、あるいはぼくみたいな個人事業主など「給料」以外の儲けがある人は多くの場合、確定申告をしなければなりません。

じゃあそれはどんな場合?ってのを以下では書いていこうと思っています。

サラリーマン、OL(給与所得者)の場合



多くのサラリーマンやOLは、確定申告の必要がありません。

確定申告が必要な人の代表的な例としては「副業をしていて、その収入が20万円をこえる場合」が挙げられます。この項では副業

- 1か所から給料をもらっていて、それ以外の所得(副業の収入など)が年間20万円を超える人
- 2か所以上から給料をもらっていて、主でない給料が年間20万円を超える人

必要な例は他にもありますが、「副業」って意味で言えば上記の2つだけおさえておけば大丈夫でしょう。詳しくは国税庁のホームページを参照。

給与所得者で確定申告が必要な人|国税庁



ちなみに、副業による収入が所得が20万円を超えない場合、確定申告の必要はありませんが、住民税の申告は別途必要です。これを怠ると会社にバレますw

副業収入でバレる!?税金や保険料について


個人事業主、学生など(給与所得者以外)の場合



「お給料」をもらわずに、他の方法でお金を稼いでいる人がここに該当します。

まず間違いなく言えるのは、年間の所得(儲け)が38万円未満の人は確定申告をする必要がありません。

以下、もう少し説明。そもそも確定申告で何を申告するかというと「所得」です。

式1:(収入)−(必要経費)=(所得)

です。たとえば売上が800万円で、必要経費が300万円だった場合、所得は500万円ということになります。

で、所得にそのまま課税されるかというとそうではありません。条件を満たせば税金を免除してくれるシステムがあるんですよ。

学生なら「勤労学生控除」があったり、扶養家族がいたら「扶養控除」があったり…など。


こういうのを所得控除って言います。詳しくは国税庁の「所得控除」ってページを参照のこと。とにかく、所得から所得控除を差し引いて、課税所得額が決定されます。


式2:(所得)−(所得控除)=(課税所得)

この課税所得が1円以上あれば、確定申告が必要になってきます。

ところで、所得控除には誰にでも適用される「基礎控除」というのがあり、その所得控除額は38万円です。


だから、年間の所得が38万円未満の人は確定申告がいらない…といわれているのですね。上の式2に当てはめてみると、課税所得が0円になるのがわかります。

なお、確定申告には、確定申告書Bを使いましょう。

【参考】この項に関連して参考になりそうなページ(外部リンク)

- 確定申告が必要な方|国税庁
- 所得控除|国税庁
- 課税所得とは?同じ年収でも税金に差が出る理由|MFクラウド公式ブログ

その他

申告が必要なのは、他にも「配当所得があった人」「年金受給者」などが該当しますが、あまりにも当サイトの想定する読者から離れているので今回は割愛しますw

【参考】この項に関連して参考になりそうなページ(外部リンク)

- 確定申告が必要な方|国税庁

参考:還付を受けられる場合

医療費をめっちゃ払った…など、確定申告をすることで税金が戻ってくる人がいます。

今年住宅ローンを組んだよ、災害や盗難などで家が被害にあったよ、…などの場合には、確定申告をすることでトクをします。義務ではないけれどやっとくとトクになる…ということ。

【参考】この項に関連して参考になりそうなページ(外部リンク)

- 還付申告は確定申告期間でなくても受付可能!~過去の還付も受けよう|freee
- 還付申告|国税庁
- 確定申告を要しない場合の意義|国税庁

さらに読み進める人のために



当サイト「白色申告いちねんせい!」は、主に以下の人たちのために作られています。

- 白色申告をする個人事業主(フリーランス、主婦、学生)
- はじめて確定申告をする人(確定申告がよくわからない人)
- 副業をしている人(サラリーマンなど)

よければ参考にして知識を補いつつ、確定申告のお役にたててくださいね♪

トップページ