確定申告のときにありがちなこと

確定申告はめんどくさい

確定申告の記帳が義務化されました。

しかし、ぶっちゃけ確定申告ってめんどくさいですよね。

個人事業主なら特に、経理にかける時間をできる限り少なくして本業に集中したいところ。

もちろん会計の勉強をすればいいんだけど、やっぱり億劫。というわけでアウトソーシングできるものはアウトソーシングしちゃいましょう。

会計ソフトを使うと手間がかからない

毎日の帳簿づけ、どうしておられるでしょうか。手書き?それともExcelでやってますか?

開業したての頃は「よーし!ちゃんと帳簿記入するぞ!」と意気込んでいても、やっぱりどこかのタイミングで「めんどくせえ…」って思うようになるんじゃないでしょうか。ぼくは1か月で既にめんどくさいと思いましたw

しかし毎日の帳簿づけはまだマシなほう。問題は決算書をつくるときです。

1年間の帳簿をぜーんぶ組み合わせて「決算報告書」として確定申告をしなければならないわけです。その決算書をつくるのがめんどくさい。

いちどノートやExcelにまとめていたデータを国税庁の指定している用紙に転記。それも科目ごとにわけて転記しなければならなかったりする。ただでさえ忙しいのに…とイライラするよね。

さらにひどいときは「金額が合わない」なんてこともありえます。

そうなるともう最悪。半年前の取引履歴を確認するために書類の山をひっくり返して、領収書や通帳を確認する…。領収書が出てこなかったらメールやカレンダーを確認して…。

もう本業にも支障が出てきますよね。そしてなにより煩雑。めんどくさい。

1年間のうち経理にかけている時間はどのぐらいあるか、考えたことはあるでしょうか?

経理にかけている時間はコストであり、そのうちの半分でも本業に充てることができれば事業所得はもう少し増えるはず。言い換えれば、経理に無駄な時間をかけるのは本業の機会損失だとぼくは考えている。

はい、そこで、ぼくは会計ソフトを使うことにしたわけです。

会計ソフトに日々の取引を入力すれば、確定申告に必要な書類は会計ソフトが勝手に作ってくれます。決算書をいちいち自作する必要がない。年度末が圧倒的に楽。これはガチ。

ぼくはやよいの白色申告 オンラインってやつを使ってます。

以下、白色申告用の会計ソフトについての記事リンクです。参考にしてください。

>参考:やよいの白色申告オンラインが使いやすい!レビューとか書いてみる