20種類のジョブによるコマンドバトル!FFシリーズを手掛けた植松伸夫氏らが参加するファンタジーRPG。

3.グランブルーファンタジー


グランブルーファンタジー」はCygamesが開発し、Mobageが提供するスマートフォン向けソーシャルゲームである。FFシリーズを手掛けた植松伸夫氏のBGMと皆葉英夫氏のアート、グラフィックを中心に構成されている、正統派ファンタジーRPGである。公式の略称は「グラブル」。

バトルはサイドビューのターン制で行われる。勝利するとゲーム世界内の通貨ルピを始め、経験値や武器、アイテムを獲得できる。

・属性
↑ボス戦では弱点属性を突けないと苦戦する事も

主人公の装備、味方キャラクターと敵には固有の属性が設定されている。火、水、風、土と光・闇の6種類があり、強弱関係が設定されている。

・アビリティ
↑写真はクラス2ジョブ「マークスマン」の"アローレイン"

バトル中の好きなタイミングで使用できる特殊能力である。主人公のジョブと味方キャラクターにそれぞれ固有のアビリテイが設定されている。一度使用すると数ターン経過しないと再度発動できない。

・星晶獣の召喚



主人公が行動可能な場合のみ召喚できる。星晶獣毎に発動可能ターン数が決まっており、ターン経過で使用可能となる。装備数はパーティーに設定する5つとサポーターの召喚石と計6つ装備可能。(サポーターの星晶獣は1ターン目から召喚可能。なるべくボス戦やピンチを切り抜ける手段として温存しておこう。)

・奥義



各キャラ毎に戦闘行動に応じて奥義ゲージが加算され、100%になると通常攻撃の代わりに強力な奥義攻撃が発動できる。1ターンで複数キャラクターが奥義を発動すると、追加で全体攻撃「チェインバースト」発動する。

↑4人全員が奥義発動で発生するチェインバーストは稀である。

・ジョブ

主人公の職業。習得ジョブの中から設定できる。ジョブレベルに応じてジョブ固有アビリテイを3つまで習得できる。また、習得したEXアビリテイを1つ自由に設定できる。自動発動の「サポートアビリテイ」もジョブ毎に設定されている。指定条件を満たす事で上位ジョブを習得できる。ジョブクラスはクラス1からクラス4、EXとなっている(基本的にはファイター、ナイト、ソーサラー、プリースト等の基本ジョブの発展形)。

・キャラクター

仲間にしたキャラクターから主人公を含む4人のメインパーティーとサブメンバー1人で構成。メインメンバーが戦闘不能になるとサブメンバーが戦闘に参加する。ゲーム開始前に選択するサポートメンバーは召喚のみでの参加。

・武器

主人公の装備する武器。ジョブによって種類の限られるメイン武器の他、9つまで自由に設定できる。主人公の攻撃属性や奥義はメイン武器に依存する。主人公の攻撃力、HPはメイン・サブ武器の9つの合計で算出されるのでおまかせ装備を使うなどして全て装備するようにした方が良い。

・召喚石

メイン召喚石とその他4つまで自由に設定できる。メイン召喚石に設定された星晶獸は、永続のバフ効果である加護が自動発動する。メイン召喚石は攻撃力、属性等を考慮して選ぶと良い。また、強化用の召喚石があるなら先に強化しておくとバトルが有利になる。

・ガチャ課金

モバゲー共通の仮想通貨であるモバコイン、または星晶石を消費する事でレジェンドガチャを回すことができる。取得できるアイテムは武器または召喚石で、特定の武器の入手によって新しいキャラクターが加入する。レジェンドガチャは1回300コイン(324円相当)である。


グランブルーファンタジーの楽しみ方としては、クエストを進め、ガチャで仲間キャラクターや武器、召喚石を獲得してキャラを強化していくと良い。キャラが育ってくれば普通のバトルで苦戦することはそれほどないと思うので、後はグラブルの世界観やストーリーを楽しみながらプレイしていけば良い。あまり焦って強化、クリアしていくのはもったいない名作である。







グラブル(楽天でグランブルーファンタジーのコミック、アニメ等の購入はこちら)