起業に必要なタスクがわかります。

起業に必要なタスクランキング

このランキングは考える順番を示しています。目標設定とか自己啓発は抜きに、純粋にビジネスとして必要なタスクのみです。

  1. 第1位

    売る商品を決める

    はじめに商品を決めましょう。 悩む必要はありません。売れそうなものを1つ思いついたら次に進みましょう! 次のようなことを考えるとヒントになります。 ・自分の強みは? ・既に売れている商品か? ・売れている量は多いか? 具体例はこちら (工事中)

  2. 第2位

    誰に売るか決める

    商品を決めたら、次はターゲットです。 次のようなことを考えるとヒントになります。 ・そのターゲットはどのような悩み(課題)をもつ? ・悩みが解決したらターゲットの状態はどうなる? 具体例はこちら (工事中)

  3. 第3位

    売る場所を決める

    商品とターゲットが決まったら、どこで売るか決めましょう。路上販売するのか、店舗を借りるのか、インターネット上のamazonなのかは、ターゲットがどこでその商品を買っているかで決めてよいです。 ターゲットの行動パターンを分析しましょう。 具体例はこちら (工事中)

  4. 第4位

    商品を作る(仕入れ)

    商品とターゲットが決まったら、実際の商品を作りましょう。 ターゲットの悩みに答える商品にしましょう。 競合分析もしたほうが良いでしょう。ライバルが同じような商品を売っていたら、ビジネスとしては厳しいです。 具体例はこちら (工事中)

  5. 第5位

    集客する

    商品ができたら、次は集客です。 どのような媒体で、どのようなメッセージを打ち出すかを決めましょう。 次のようなことを考えるとヒントになります。「売る場所を決める」で考えた内容が役に立つでしょう。 ・ターゲットのいる場所 ・ターゲットの関心 具体例はこちら (工事中)

  6. 第6位

    商品を売る

    いよいよ販売です。このタスクで大事なのは売り上げ予想を作ることです。販売自体は簡単にできます。 具体例はこちら (工事中)

  7. 第7位

    結果を分析する

    販売結果(売上)が売り上げ予想に対してどうだったかを分析します。 具体例はこちら (工事中)