文系受験生のための化学基礎講座 酸と塩基

酸はHプラスをほりだすってこと

酸と塩基の定義

とりあえずこの事が一番大事!
ある物質が水素イオンを他に対してほりだせば、それは酸 水素イオンを受け取る事ができるならそれは塩基
HCl → H+ +  Cl−


H2SO4 → 2H+ + SO4ー


HNO3 → H+ +  NO3ー


CH3COOH → CH3COOー  +  H+


とりあえずこれらと反応する相手を塩基としておこう。

水の中に限って言えば、水酸化物イオンをだすことができる物質は結局は水素イオンを受け取れるので塩基となる。
これは酸と塩基の水溶液中の定義となっている。


そして
H+を1つ出せるなら 「1価」の酸
   2つ出せるなら  「2価」の酸

H+を1つ受け取れるなら 「1価」の塩基
   2つ受け取れるなら 「2価」の塩基

という。

価数というのは、その役割で何人分の仕事をできるかという意味

1価の酸 は  一人で1人前
2価の酸 は     2人前

ってことを意味する。

だから、酸と塩基の戦い「中和」は
酸の兵隊さんH+ と 塩基の兵隊さんOH-が1:1で果たし合いを
することで

つまり
2価の酸が1人いたら、2人分のH+を出してくるので
1価の塩基がこれを果し合い、引き分け(中和)るためには2人必要ってことになる。



今日はここまで