ただ出品すれば良いわけじゃない! 買い手視点になることが大事!

こんにちは!月10万稼ぐ中古品転売を目指す人たちに向けて ブログを書いております!ダイスケです!

さて、前回はブランド品転売の仕入れについて書かせてもらいました!
仕入れた商品は出品することで利益につなげることができます。
と言うことで今回は出品について書いて行こうと思います!


出品するにあたって気をつけることはいくつかありまして、
そこさえ気をつけてくれれば、問題なく商品は売れていきます!

しかもブランド品という大変需要の高いものを取り扱ってるわけですから、
出品開始5分で売れてしまうなんてことも起きたりします!
そうなればかなりやる気も出ますよね!

さて、僕が出品の時にまず気をつけることは
写真ですね!

写真撮影は商品をお客様に見てもらうために必要ですし、
この写真ひとつで売り上げが変わってきます。
しっかり気合いを入れて綺麗な写真をとって利益につなげていきたいものです。

写真撮影と言っても何もプロ仕様のカメラやスタジオが必要なわけではありません し、ダイソーなどで背景に使う布など購入して、
市販の電気スタンドを使えば十分綺麗な写真は撮れます!

カメラはケータイのカメラで十分ですね!
僕は「ラインカメラ」をメインで使っております。

撮影キッドはダイソーで購入したものを使用しております。
電気スタンドは家にあったものを使っておりますが、
こちらで安く購入することもできます。


【店頭受取対応商品】あす楽 送料無料 読書灯 led ベッドサイド プレゼント 卓上スタンド デスクライト LED 調光機能付き読書灯 LEDデスクライト 子供勉強用 学習机 USBケーブル 照明 LEDスタンド クリップ式 LEDデスクスタンド 2way ライト アウトドア


売れない商品の写真の例として、
・背景が暗い
・ブレている
・商品が影で見えにくい

などがあげられます。

お互い顔が見えないで商品のやり取りをするわけですから、
安心して買ってもらうためにも、商品の良さを伝えるためにも、
写真撮影は気をつけたいものです。

コツとしましては、なるべく影を作らないようにすることですね。
影ができないようにスタンドの光で角度をつけてあげて、
綺麗な写真を撮ります。

こちらの動画は詳しく商品撮影について解説してますので参考にしてみてください。
【国内EC】イメージアップに繋がる商品写真の撮影のコツ [ebiz]

その際に「傷」「穴」「ほつれ」など、
商品価値を下げる部位が中古品なのである場合がありますが、
そういう部位は隠さずしっかり撮影しておきましょう!
なぜかというと、写真でうまく傷を隠して、いざ売れた後に発送します
よね?そしたらお客様はそれを見て思うんですね、

こんな傷写真にはなかった!!

とか、
違う商品送られたんじゃないか?!

とか、
騙された!!
とかね。

実際手にとって見れる店舗での販売とは違い、判断できる基準が少ない
ネットでの販売
は、いろいろな角度から写真を撮影して、
商品の状態を伝える必要があります。

例えばメルカリに出品する場合、写真数が限られており4枚しか
載せる事ができません。
そういう時は、『コラージュ』機能を使う事で、一枚枠に何枚も写真を
掲載する
事ができます!
ラインカメラにはコラージュ機能がついておりますので、
有効に活用してもらえたらと思いますね。

さて、写真の撮り方はある程度伝わったと思いますが、
実はもうひとつ、商品写真をよく見せる方法があります!

それは『フレーム』を使う事です。

フレームを使う事で、同じ商品でも、
ほかの出品者より目立つ事ができます!

するとほかの商品よりも差別化を図る事ができるため、
より購入される可能性があがります。

フレームに関しては無料の素材をネットで探してもいいですし、
カメラアプリにオプションでついているものもありますので、
商品にあったものを使うといいと思いますね、
ブランド品を転売するのであれば、ゴージャスに見えるフレーム を選んだり、
キャラ物やおもちゃなんかは可愛い感じのフレームにすると、
写真自体の価値が高く感じられますね!

そして何より大切なのは紹介文です!
どれだけいい商品を仕入れて、いい写真をとったとしても、
その商品の価値を伝えるのは紹介文だからです。

そして紹介文は、ある意味名刺的な役割も果たします。
お客様は実体しないインターネットという環境にあるあなたの店舗で、
顔も見れない店員から商品を買うわけですから、
紹介文は、その顔の見えない店員の接客トークになるわけですね!


なのでここをめんどくさがって適当に書いてしまうと、
お客様に対して良い印象を抱いてもらえません、
そうなると商品の販売に繋がらなくなってしまいます。
なので説明文は、
お客様がその商品を買いたくなるようにしっかり丁寧に
記入する
ようにしましょう!

そしてこの紹介文で、商品の状態や、購入日、
購入価格、サイズ、発送までの日数や、配送業者の
表記など、お客様が必要としている情報
を伝えてあげましょう!

コツとしては「嘘を書かない事」ですね!

写真の部分でも傷などは隠さず撮れと書きましたが、
それは紹介文にも言える事でして、
傷があるのに美品ですと表記したりすると、
売れたとしてもクレームになり、良い評価はつきませんし。
最悪返品、返金になります。


僕はレディース靴のサイズ表記を間違えてしまい、
返金した事がありますが、着払いや支払い手数料などが
返品の際はかかってしまうので、かなり痛手になりました。
出来上がった紹介文は、問題がないかもう一度読み返してみましょう!!

いかがでしたか?
ここまで書きましたが、やはり大切なのは、

お客様視点にどれだけなれるか
って事だと思いますね。決して楽をしようとせず、
丁寧に迅速に対応する事で、お客様は信用してくれます。

信用のない人からものを買おうなんて誰も思いませんからね!

次回は『梱包と配送』について買いてみようと思います!

最後まで読んで頂きありがとうございました!


オススメ転売教材 2秒で発見!【せどりの翼アルバトロス】15カテゴリーの新品せどりツール! スマホ使用も可能

Zenfone3 Laser ケース ZC551KL アンティークレザー手帳型スマホカバーケース ゼンフォン3レーザー


長財布 メンズ ラウンドファスナー 無地 チェーン付 ロング ウォレット E270120-13


全機種対応 iPhone Galaxy Xperia 携帯ケース お財布 革製 本革 高級 おしゃれ 財布型 レザーポーチフ シース スマホケース 収納ポーチ スマホポーチ 多収納 シンプル 5.5インチ以下の携帯 耐衝撃 かっこいい 上品 送料無料