扱いやすさ重視でスキルをしっかりと磨ける!

こんにちは!
超初心者でも月に10万円転売で稼ぐブログ管理人ダイスケです!

今回はですね、
超初心者が転売するにあたって扱いやすい出品サイトとテクニック
をご紹介しますね!

すでに実践されてる方は多いかと思われますが、
それは『ヤフオク』『メルカリ』です!

そしてこの二つを上手く組み合わせれば、
安く仕入れることも高く売ることも、
安定して稼ぐこともできます。
今回はその辺をお伝えできればと思っております!

ではまずヤフオクですが、


ご存知のとおり「オークション形式」です。
なので、安い価格帯でスタートしても、
購入者様が勝手に商品の値段を上げてくれるので、
その商品の相場が知れるし、1円スタートにすればほぼ全ての商品が売り切れます。
(中には売れ残るものもありますが笑)
なので『在庫処分』に向いているんですね!
そもそも商品の価値は下がっていくものが多いので、
うまくリサーチができないうちは、売り上げを伸ばすのも簡単ではありません。
なのでヤフオクでその「商品の相場」や「ジャンルの相場」を測るのがベストだと思います。
しかもヤフオクは基本オークション形式ですので、
プレミア物やトレンドなら高値で取引が期待できますが、
「売上の安定が難しい」と言うのが弱点ではないかと思います。

なので「高値が狙える商品」「売れ残りの在庫処分」 に使うのがいいと思いますね。

そしてワンポイントアドバイスです!
この「売れ残りの在庫処分」と言うのが、
どの出品者にも当てはまる
としたらどうでしょうか?
例えば他の出品者が、
あなたの扱うジャンルを在庫処分で出品してるのがわかれば、
あなたはその商品を「安く仕入れる」ことができますよね?
そうすると、あなたはそのジャンルの取り扱いに慣れているので、
その商品を相場か、少し高値で売ることが可能ですよね?
そうなると、ある人にとっての在庫処分品が、
あなたにとっては利益の出る商品
に変わります!

なのでヤフオクは仕入れに向いているんですね!
例えば魚や野菜などの市場で行われるのは「競り」ですね、
これは言い換えればオークションなんです。
どれだけ値を上げつつも安く仕入れるか?
これの日本中を巻き込んで様々なジャンルを取り扱っているのがヤフオクなんですね!

そしてメルカリですが、

これは出品向きのサイトであると僕は考えます。
メルカリは出品者の言い値によって商品の金額を決めることができます。
僕もメルカリはよく使うので自分以外の出品者の商品を見ると色々思います。

「この人はこんなに安く売るのか」
「もっと高値をつけれるのに」
「この商品は写真で損をしている」



とか思うわけですね。
そしてメルカリはフリーマーケットサイト(アプリ)なので、
「値下げ交渉」が文化となっております。
そしてこの値下げ交渉が文化になっているって言うのが、
出品向きである理由
なんですね!

例えば家電量販店などで何か商品を買うときに、
『コレが欲しいけどもう少し安くならないかな?』
とか言うと、いくらか安くなるケースが良くあります。

コレは家電量販店に限らず言えることですが、
『いつものお得意さんなんでいくら値引きしときます』
とかってよくあるパターンなんですね。

コレって「値下げ文化」ですよね?
そしてお店側は
値下げを自分からしても利益を得ている
→商品の価値を把握して出品している
ってことになります。

つまり

メルカリでの商品価値を知って利益を見込んでの出品をする事で、
値下げ交渉に応じても利益が出る
ことにつながるんですね!


そして購入者側も、
値下げしてくれて思ったより安く買えたことに喜びます。

コレがウィンウィンの関係となり、次の取引につながるわけですね!


ですのでヤフオクとメルカリというこの二つのサイトを
うまく使えば、「安く仕入れて高く売る」というのが
安定して行いやすくなるんですね!

ヤフオクで安く仕入れたものをメルカリで高く売る

コレで安定的に稼ぐことができれば、あなたの利益もガンガン上がってくると思いますね!

あとは仕入れと出品のアカウントは分けたほうがいいです。
そうすることで仕入れ時に悪い評価をつけられても、
出品者としての評価に影響が出なくなります。
つまりリスクの分散につながるわけですね!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

ダイスケのメルマガにご登録いただきますと、『ヤフオク転売メソッド』を無料プレゼント!
ヤフオク転売メソッドダウンロード

メルマガに書いてあるパスワードをこちらのURLに入力していただければ
ダウンロードできます。
メルマガ限定の情報も随時発信しております!(^ ^)

メルマガ購読・解除
 
[PR]
少ない資金で始められる「古本せどり」
いまだにこのせどりがなくならない理由は、
古本の需要がいまだ衰えていないところにあります。
古本せどりの最強ツール

↓↓↓
プロフィットせどり2